この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

田島ナビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たじま なび
田島 ナビ
生誕 (1900-08-04) 1900年8月4日(117歳)
日本の旗 日本鹿児島県大島郡荒木
住居 日本の旗 日本鹿児島県大島郡喜界町
国籍 日本の旗 日本
著名な実績
  • 日本及びアジア歴代最高齢(2017年9月1日 - )
  • 存命人物のうち世界最高齢(2017年9月15日 - )
  • 存命人物のうち日本最高齢(2015年9月27日 - )
  • 19世紀生まれの最後の人物
配偶者 富二子(とみにし、1991年?死去)
子供 9人

田島 ナビ(たじま ナビ、1900年明治33年〉8月4日[1] - )は、現在117 歳の日本鹿児島県喜界町在住の長寿女性。世界最後の19世紀生まれの人物である。

田島は存命中の人物では世界最高齢であり、死去した人物も含めた歴代の世界長寿記録保持者の中で5番目となっている。また、確かな記録のある人物の中では日本並びにアジアにおける史上最高齢の人物でもある。

人物

鹿児島県大島郡荒木地区で誕生。喜界島に在住し、夫の田島富二子(とみにし)と共にサトウキビ農業に勤めた。夫は1991年(平成3年)に95歳で死去したとされる[2][3]。ただし、夫の田島富二子が死去したのは田島ナビが92歳の時だった(その場合、夫が死去したのは1991年ではなく1992年か1993年となる。)とする報道もあり[4]、また夫の生年が何年だったのかは不明である。また、結婚をした具体的な年についての資料が存在せず、現在に至るまで公表・報道されたことがない。

夫の死後は長男夫妻の元で生活していた[5]。2002年(平成14年)2月に特別養護老人ホーム「喜界園」に入居した[6]。入居後も杖をついて歩くことが出来たが、転倒による骨折が元で車いす生活を送る[5]

9人の子(7男2女)をもうけ、2011年(平成23年)の敬老の日の時点で、孫が28人、ひ孫56人、玄孫が35人いた[7]2015年(平成27年)9月の時点では、玄孫の子にあたる来孫を含む140人以上の子孫がいた[8]2017年(平成29年)9月の時点では、約160人の子孫がいた[6]

1日3回の食事は欠かさず、味噌汁など5品をミキサーにかけたものをとる[9]。元気の良い日はシマ唄に合わせて手踊りをする[10]

同い年の著名人に杉原千畝三遊亭圓生中村汀女英百合子等がいる。また、イギリス女王エリザベス2世の母、エリザベス・ボーズ=ライアンとは生年月日が同一である。

長寿記録

2011年(平成23年)9月地点で鹿児島県内の最高齢者として認定されている[7]。2015年(平成27年)4月1日、存命する世界最高齢の人物であった大川ミサヲの死去により、日本で2番目の長寿となる。同年9月27日に東京都在住の女性(氏名非公表、1900年(明治33年)3月15日生まれ)が死去したため、田島が存命する日本最高齢の人物、世界で4番目の長寿の人物及び日本における最後の19世紀生まれの人物となった[11]

2016年(平成28年)5月12日、スザンナ・マシャット・ジョーンズが死去したことに伴い、115歳282日で世界で3番目の長寿の人物となった。

同年8月4日、116歳の誕生日を迎えた。116歳となったのは、確実な証拠がある中で16人目、また日本では4人目である。

同年9月28日、116歳55日で木村次郎右衛門の年齢を上回り、日本で歴代3番目に長生きした人物となった。

2017年(平成29年)1月27日、116歳176日で猪飼たねの年齢を上回り、日本で歴代2番目に長生きした人物となった。

同年4月15日、エンマ・モラーノが死去したことに伴い、116歳254日で世界で2番目の長寿の人物となった。

同年5月8日、116歳277日でガートルード・ウィーバーの年齢を上回り、歴代の世界長寿記録保持者の上位10傑に入った。

同年8月4日、117歳の誕生日を迎えた。117歳となったのは、確実な証拠がある中で8人目、また日本では2人目である。

同年9月1日、117歳28日で大川ミサヲの年齢を上回り、日本人の史上最高齢記録を更新した。同時に世界で歴代7番目に長生きした人物にもなった。

同年9月15日、ヴァイオレット・ブラウンが死去したことに伴い、117歳42日で世界最高齢の人物、並びに年齢に確証のある最後の19世紀生まれの人物となった。

同年12月20日、117歳138日でエンマ・モラーノの年齢を上回り、世界で歴代6番目に長生きした人物となった。

2018年(平成30年)2月10日、117歳190日で先代の世界最高齢であるヴァイオレット・ブラウンの年齢を上回り、世界歴代5番目の長寿記録保持者となり、21世紀以降並びに3世紀をまたがって生きた人物の中では最も長く生きた人物となった。

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ Validated Living Supercentenarians”. Gerontology Research Group. 2015年4月2日閲覧。
  2. ^ 【動画】国内最高齢・田島ナビさん116歳誕生日(2016年8月4日時点のアーカイブ
  3. ^ “鹿児島)国内最高齢の田島さん116歳 穏やかに暮らす”. 朝日新聞デジタル. (2016年9月20日). オリジナル2017年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170917032300/http://www.asahi.com/articles/ASJ9J5VQ2J9JTLTB00L.html 2017年12月27日閲覧。 
  4. ^ 子孫140人…発酵飲料好み、よく食べ 国内最高齢117歳の田島ナビさん (日本語)
  5. ^ a b “子孫140人…発酵飲料好み、よく食べ 国内最高齢117歳の田島ナビさん”. (2017年9月15日). https://archive.is/TQQYk 2017年9月22日閲覧。 (2017年9月22日時点のアーカイブ
  6. ^ a b “117歳 世界一へ県民栄誉検討 田島ナビさんを知事訪問 鹿児島県喜界町”. (2017年9月19日). https://archive.is/V2O3W 2017年9月21日閲覧。 (2017年10月28日時点のアーカイブ)
  7. ^ a b 広報きかい 平成23年(2011年)10月号 (PDF) の8ページ目。(広報きかいバックナンバー
  8. ^ 「ナビばあちゃんちばりよー」/喜界町の田島さんに県祝い状”. 南海日日新聞 (2015年9月16日). 2015年11月21日閲覧。
  9. ^ 国内最高齢 116歳の田島ナビさん 三度の食事欠かさず 喜界町 /鹿児島”. 毎日新聞 地方版 (2016年9月16日). 2017年5月26日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ 鹿児島)国内最高齢の田島さん116歳 穏やかに暮らす”. 朝日新聞 (2016年9月20日). 2017年9月22日閲覧。
  11. ^ 国内最高齢の女性死去=都内の115歳-厚労省(2015年9月28日時点のアーカイブ) 時事ドットコム 2015年9月28日

関連項目

  • スーパーセンテナリアン
  • ジャンヌ・カルマン - 世界史上最長寿の人物(122歳没)。田島の誕生日である8月4日は、カルマンの亡くなった日でもある。
  • 泉重千代 - 日本及び世界でかつて史上最長寿の人物(120歳没)とされていたが、年齢には異論があり、ギネス世界記録は2012年に泉の記録を取り消している。田島と同じ奄美群島出身であるという関連性もある。
  • 小林やと - 泉重千代に抜かれるまで日本史上最長寿の人物(118歳没)とされていたが、ギネス世界記録はこれまでに正式な記録として一度も認定していない。
  • 木村次郎右衛門 - 男性としては日本及び世界史上最長寿のギネス世界記録を持つ人物(116歳没)。世界最後の19世紀生まれの生き残りの男性であった。
  • 野中正造 - 現在日本及び世界男性最高齢の人物。
記録
先代:
(氏名非公表)
日本の旗 存命人物のうち日本最高齢
2015年9月27日 -
次代:
(記録保持者)
先代:
大川ミサヲ
日本の旗 歴代の日本最高齢
2017年9月1日 -
次代:
(記録保持者)
先代:
ヴァイオレット・ブラウン
存命人物のうち世界最高齢
2017年9月15日 -
次代:
(記録保持者)