デニス・ムクウェゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

デニス・ムクウェゲ(Denis Mukwege, 1955年3月1日 - )はコンゴ民主共和国産婦人科医、社会活動家。コンゴ東部、南キヴ州ブカヴパンジー病院を設立し、第二次コンゴ内戦以来続く現地での戦乱により強姦(レイプ)被害にあった3万人の女性を治療し[1]、その精神的ケアにも当たっている。

経歴[編集]

ムクウェゲは当時ベルギー領コンゴだったブカヴでペンテコステ派宣教師の家に生まれ、最初は地域の病院で医師として働き始めた後、フランスのアンジェ大学で産婦人科学を学んだ。コンゴに帰国後は、専門的な医療を受けられずにいた女性達による出産の合併症を診断した。

2012年9月、ムクウェゲは国際連合で演説を行い、コンゴにおける大規模な強姦被害を報告し、コンゴや周辺諸国の各政府がその防止に対して十分な措置を執っていないと批判した。その際、既に出されていた国連での報告書でも指摘されていたルワンダウガンダ両国政府に対する非難も含まれていたともされている[1]

同年10月25日、4人の武装した男達がムクウェゲ不在時の彼の自宅を襲撃し、警備員が射殺されたが、ムクウェゲの暗殺自体には失敗した。なお、その実行犯は逮捕されていない。この襲撃以後、ムクウェゲは家族とスウェーデンベルギーに一時亡命したが、その間にパンジー病院は深刻な荒廃に瀕した。

2013年1月14日、ムクウェゲはブカヴに帰還したが、その際にはパイナップルやタマネギを売った代金を寄付して帰国の飛行機代を集めた患者女性達が歓迎した[1]

これらの活動により、下記で挙げる数々の国際賞を受賞すると共に、2013年以降はノーベル平和賞の有力候補者として見なされるようになった[2]。その他、2015年にはハーバード大学から医学名誉博士号も授与されている。

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 米川、2013
  2. ^ 朝日新聞、2013

参考[編集]