ベルギー領コンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルギー領コンゴ
Colonie du Congo belge(フランス語)
Belgisch-Kongo(オランダ語)
コンゴ自由国 1885 - 1960 コンゴ民主共和国 (1960年-1971年)
カタンガ州
カタンガ共和国
南カサイ州
南カサイ鉱山国
ベルギー領コンゴの国旗 ベルギー領コンゴの国章
(国旗) (国章)
ベルギー領コンゴの位置
公用語 フランス語オランダ語
首都 レオポルドヴィル
ベルギー王国国王
1885年 - 1909年 レオポルド2世
1909年 - 1934年 アルベール1世
1934年 - 1951年 レオポルド3世
1951年 - 1960年 ボードゥアン1世
総督
1908年 - 1912年 ワイス男爵
1912年 - 1916年 フェリクス・フックス
1916年 - 1921年 ウジェーヌ・アンリ
1946年 - 1951年 ウジェーヌ・ユンゲルス
1958年 - 1960年 アンリ・コルネリ
人口
1950 12,184,000人
1960 15,451,000人
変遷
成立 1908年11月15日
独立 1960年6月30日

ベルギー領コンゴはかつて存在したベルギー植民地。現在のコンゴ民主共和国を領域とする。ベルギー国王レオポルド2世が、その私領コンゴ自由国の支配権をベルギー政府に委譲する1908年11月15日からコンゴ民主共和国が独立する1960年6月30日まで存在した。2004年シンコロブエ鉱山ウランが盗掘されて世界に注目された(#マンハッタン計画と秘密協定も参照)。

植民地評議会[編集]

レオポルド2世はコンゴに対する圧政により厳しい国際的非難を浴びコンゴの支配権を放棄した。コンゴはベルギー議会が1907年11月28日に、国王が次の年の9月に調印した条約によりベルギーに併合された。コンゴはボマに駐在する総督と何人かの副総督によって統治されることになった。ブリュッセルには植民地大臣を議長とする植民地評議会がおかれコンゴに対する支配を監督した。植民地評議会は14名の委員で構成され、うち3名は上院によって、8名は下院によって、3名は国王によって任命された。コンゴは15の行政区画に分割され、予算は毎年ベルギー議会によって審議された。

コンゴの教育はカトリック教会プロテスタント等により担われた。初等教育は普及率が高かったが、高等教育は乏しかった。教育内容はキリスト教やヨーロッパの価値観を反映したものであった。いくつかの民族言語をまぜあわせた共通語が展開した教会勢力によって広められ、それが今日のリンガラ語となった。植民地政府はインフラ整備[1]を伴う経済再編成を推進した。

マンハッタン計画と秘密協定[編集]

マンハッタン計画ではユニオン・ミニエール専務のエドガー・サンジエが重責を担った。1940年、彼はウラン鉱石をアメリカへ集中輸送した。

1944年6月13日、フランクリン・ルーズベルト米大統領とウィンストン・チャーチル英首相はケベック協定に基づいてワシントンD.C.Combined Development Trust[2]を設立させる合意文書を作成した。このトラストには合衆国・イギリス・カナダがそれぞれ2人ずつ代表を送った。議長は合衆国代表が務めた。このトラストはユニオン・ミニエールと三つの契約を交わした。9月の契約は、カナダとのラジウム生産競争に負けてユニオン・ミニエールが1935年に閉山していたのを、トラストが必要経費をもつから再開させるというものであり、トラストがユニオン・ミニエールから鉱石を買うときの単価も決められていた。残り二つの契約は、時系列に沿って叙述するために、次のベルギー政府を相手取った交渉を書いてから説明する。

1944年末、ベルギー政府は以後十年間にわたりアメリカ合衆国イギリスだけにベルギー領コンゴのウラン鉱石を売却することを約束した。9月19日に暫定取決めの先行したこの約束は旨みが薄く思われた。九条(a) は商業エネルギー利用の開始から英米に対等な条件でベルギーの参加を認めるとしていた。しかし、他には何も国益を見出せなかった。国民に顔向けできないばかりか、ウランの産出そのものに対する国際世論の風当たりも強かったので、契約内容は特定秘密であった。このような条件をベルギーがなぜ飲んだのかはユニオン・ミニエールの都合以外に理由となるものが特に見当たらない。なお、九条(a) は戦後ドワイト・D・アイゼンハワーにより原子力平和利用が提唱されるきっかけとして十分考えられるところである。

1945年10月、トラスト=ユニオン・ミニエール間で残り二つの契約が結ばれた。一つは鉱石1万トンをポンドあたり1.9ドルで買うこととした。もう一つは1956年に政府間の協定が失効するまでなるべく多く採掘すること、代金がドル建てとポンド建て半々となること、軍事利用されることを決めていた。1946年初頭にベルギーがウラン供給を国有化する法案を提出したので、契約当事者は狼狽した。ベルギー首相は議会を解散させて自動的廃案へもっていった。日本や西ドイツでの逆コースと足並みをそろえるように、ベルギー領コンゴのウラン事業はエドガーの活躍もあって軌道に乗りだした。

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道、港湾、道路、鉱山、農園、工業団地など
  2. ^ Trust という表現は、1948年1月Agency に改められた。

参考文献[編集]

1955年にルルアブールにある公安軍の軍事学校を視察するベルギー王ボードゥアン1世