カイラシュ・サティーアーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カイラシュ・サティーアーティ
Kailash Satyarthi
कैलाश सत्यार्थी ノーベル賞受賞者
Kailash Satyarthi.jpg
生誕 (1954-01-11) 1954年1月11日(63歳)
 インドマディヤ・プラデーシュ州ヴィディシャー
国籍  インド
職業 エンジニア・人権活動家
活動期間 1980年
任期  
受賞 ノーベル平和賞(2014年)
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2014年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:児童と青年に対する抑圧に対する戦いとすべての児童のための教育への権利への貢献を称えて

カイラシュ・サティーアーティ英語: Kailash Satyarthiヒンディー語: कैलाश सत्यार्थी, 1954年1月11日 - )は、インド子どもの権利活動家。男性。2014年ノーベル平和賞受賞[1][2]

別表記[編集]

ヒンディー語の発音をもとにした表記は、カイラーシュ・サティヤールティー(कैलाश सत्यार्थी Kailāśa Satyārthī)。日本ではカイラシュ・サティーアーティのほかに、カイラシュ・サトヤルティ[3]、カイラシュ・サティアルティ[2][4]、カイラシュ・サティヤルティ[5]などの表記が見受けられる。

来歴[編集]

1954年1月11日マディヤ・プラデーシュ州ヴィディシャー生まれ。サムラート・アショク工業大学英語版(SATI)で電気工学を専攻した後、大学院にて高電圧工学を専攻した[6]。その後ボーパールの大学で講師として数年間勤めた[7]

1980年代より奴隷的な労働に従事させられる児童を救出したり、教育を施すと行った活動を開始。その功績が讃えられ、2014年度のノーベル平和賞を受賞した。なお、インド人によるノーベル賞受賞は2009年ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン以来、平和賞受賞は1979年マザー・テレサ以来であった[8]。その後、ノーベル賞のメダルはインド国内の博物館に展示され、自宅にはノーベル賞の賞状とレプリカのメダルを置いていたが、国外に滞在していた2017年2月6日夜に空き巣に忍び込まれ、盗難の被害にあっている[9]。容疑者3人が2月12日までに逮捕され盗み出されたレプリカのメダルや宝石類は警察に回収されたものの、賞状については犯人グループが価値が無いと判断し捨てられてしまっている[10]

家族[編集]

ニューデリーにて妻、娘、息子と共に住んでいる[11]

賞と栄誉[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Nobel Peace Prize 2014 - Press Release”. Nobelprize.org (2014年10月10日). 2014年10月10日閲覧。
  2. ^ a b ノーベル平和賞にマララさんら=ノルウェー 時事通信 2014年10月10日閲覧
  3. ^ マララさんら平和賞 ノーベル賞、最年少 17歳中日新聞(共同通信社クレジット)、2014年10月11日
  4. ^ ノーベル平和賞、マララさんとサティアルティ氏 読売新聞、2014年10月11日
  5. ^ ノーベル賞:平和賞は17歳マララさんら2人 毎日新聞、2014年10月10日
  6. ^ Kailash Satyarthi: A profile”. 2014年10月11日閲覧。
  7. ^ Chonghaile, Clar (2014年10月10日). “Kailash Satyarthi: student engineer who saved 80,000 children from slavery”. The Guardian. http://www.theguardian.com/global-development/2014/oct/11/kailash-satyarthi-nobel-peace-prize-childrens-rights 2014年10月10日閲覧。 
  8. ^ http://www.thehindu.com/news/international/world/malala-kailash-satyarthi-win-nobel-peace-prize/article6488625.ece India, Pakistan crusaders share Nobel Peace Prize
  9. ^ “ノーベル平和賞受賞者宅に空き巣、賞状など盗難”. 読売新聞. (2017年2月8日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20170208-OYT1T50046.html 2017年2月8日閲覧。 
  10. ^ “ノーベル賞状、価値ないから捨てた…空き巣逮捕”. 読売新聞. (2017年2月13日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20170213-OYT1T50046.html 2017年2月13日閲覧。 
  11. ^ Kailash Satyarthi: student engineer who saved 80,000 children from slavery The Guardian Friday 10 October 2014 14.10 BST
  12. ^ https://www.ashoka.org/fellow/kailash-satyarthi
  13. ^ http://omahasuntimes.com/2014/10/nobel-peace-prize-2014-pakistani-malala-yousafzay-indian-kailash-satyarthi-honored-for-fighting-for-access-to-education/ Nobel Peace Prize 2014: Pakistani Malala Yousafzay, Indian Kailash Satyarthi Honored For Fighting For Access To Education
  14. ^ http://www.nclnet.org/trumpeter_awards_winners Trumpeter Awards winners
  15. ^ http://rfkcenter.org/1995-kailash-satyarthi-india-2?view=article&lang=en
  16. ^ http://www.campaignforeducation.org/en/about-us/our-board
  17. ^ http://www.fes.de/themen/menschenrechtspreis/en/overview.php%7Ctitle=Human Rights Award of the Friedrich-Ebert-Stiftung|publisher=fes.de
  18. ^ http://www.wallenberg.umich.edu/recipients.html%7Ctitle=Medal Recipients  Wallenberg Legacy, University of Michigan|publisher=University of Michigan
  19. ^ http://www.architectsofpeace.org/architects-of-peace/kailash-satyarthi%7Ctitle=Kailash Satyarthi  Architect of Peace|publisher=Architects of Peace
  20. ^ http://www.state.gov/j/tip/rls/tiprpt/2007/82801.htm Heroes Acting To End Modern-Day Slavery
  21. ^ http://www.kailashsatyarthi.net/biography/index.php
  22. ^ http://news.oneindia.in/2009/10/20/socialactivist-kailash-satyarthi-to-get-2009-defender-ofde.html

外部リンク[編集]