アンドレイ・バビシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレイ・バビシュ
Andrej Babiš
A Babiš Praha 2015.JPG
2015年のバビシュ
生年月日 (1954-09-02) 1954年9月2日(67歳)
出生地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
ブラチスラヴァ
出身校 ブラチスラバ経済大学
所属政党 スロバキア共産党(1980年 - 1989年)
ANO 2011(2012年 - )
サイン Andrej Babiš - signature.png

チェコの旗 第12代首相
在任期間 2017年12月6日 -
大統領 ミロシュ・ゼマン

チェコの旗 副首相
内閣 ソボトカ内閣
在任期間 2014年1月29日 - 2017年5月24日

チェコの旗 財務大臣
内閣 ソボトカ内閣
在任期間 2014年1月29日 - 2017年5月24日

ANO 2011代表
在任期間 2012年5月11日 -
テンプレートを表示

アンドレイ・バビシュ(Andrej Babiš、1954年9月2日 - )は、チェコ政治家実業家2017年から第12代チェコ共和国首相を務める。

経歴[編集]

1954年チェコスロバキアブラチスラヴァ(現在はスロバキアの首都)で生まれる。ブラチスラバ経済大学で国際貿易を学び、卒業後は化学会社のChemapol Bratislavaの貿易部門で働いている。1980年、スロバキア共産党に入党[1]ビロード革命後にはチェコに移り住んでいる。

2012年に新党ANO 2011を設立する。2013年チェコ議会下院選挙の結果を受けて発足したチェコ社会民主党、ANO 2011、キリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党の連立政権では、第1副首相兼財務大臣を務めた。2017年チェコ議会下院選挙ではANO 2011が第1党に躍進し、ミロシュ・ゼマン大統領によって首相に任命され、バビシュ内閣を発足させた[2]

新型コロナウイルス感染症の流行においては対策の不手際、補助金を支給したことによる債務の増加、また自ら経営する企業に配慮したといった批判が噴出した。こうした批判には反論をしたものの、2021年10月の下院選挙でANO 2011は72議席と想定より議席が伸びず、野党勢力が過半数を獲得したため退陣することとなった[3][4]。11月11日、ミロシュ・ゼマン大統領に辞表を提出[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


公職
先代:
ボフスラフ・ソボトカ
チェコ共和国首相
2017年 -
次代:
現職
党職
先代:
ANO 2011代表
2012年 -
次代:
現職