ミロシュ・ゼマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミロシュ・ゼマン
Miloš Zeman
Zeman M 1.JPG

任期 2013年3月8日 – 現職
首相 イジー・ルスノク(2013年7月10日 - 2014年1月29日)
ボフスラフ・ソボトカ(2014年1月29日 - )

 チェコ
第3代首相
任期 1998年7月17日2002年7月12日
元首 ヴァーツラフ・ハヴェル大統領

出生 (1944-09-28) 1944年9月28日(73歳)
Flag of Bohmen und Mahren.svg ベーメン・メーレン保護領 中央ボヘミア州コリーン
政党 チェコ社会民主党→)
市民権党英語版

ミロシュ・ゼマンMiloš Zeman1944年9月28日 - )は、チェコ共和国の政治家。第3代大統領(2013年 - )。首相(1998年 - 2002年)、下院議長(1996年 - 1998年)、チェコ社会民主党(CSSD)党首(1993年 - 2001年)を歴任。2007年、イジー・パロウベク執行部と対立し、CSSDを離党し、2009年に新政党市民権党英語版を設立した。

略歴[編集]

中央ボヘミア州コリーン生まれ。プラハ経済大学卒業。1968年の「プラハの春」の最中、チェコスロバキア共産党に入党するが、ソ連による軍事介入に反対したため、1970年に除名される。1989年、市民フォーラムの指導者の一人としてビロード革命に参加した。その後、社会民主党(CSSD)の党首となり、下院議長や首相を務めた。2003年の大統領選挙に立候補を表明し、社民党内で多数の支持を得たが、ヴラジミール・シュピドラ率いる党執行部に批判的な姿勢のため、党内対立を招き、立候補を辞退した[1]。その後も執行部との対立関係が続き、2007年に離党し、新党「市民権党」を設立した。

2013年の大統領選挙に立候補し、1月11日から12日にかけて行われた投票の結果、得票率24%で1位となり、2位のカレル・シュヴァルツェンベルク外相(得票率23%)とともに1月25・26日投票の決選投票に進み[2]、決選投票では得票率54.8%で当選を決めた[3]

出典[編集]

  1. ^ 最終的に、前法相のヤロスラフ・ブレシュが社民党の候補に指名された。
  2. ^ “チェコ大統領選、元首相と外相の決選投票に”. 読売新聞. (2013年1月13日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130113-OYT1T00496.htm 2013年1月13日閲覧。 
  3. ^ “チェコ大統領にゼマン氏=親欧州に転換へ”. 時事ドットコム. 時事通信. (2013年1月27日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013012700003 2013年1月27日閲覧。 
公職
先代:
ヴァーツラフ・クラウス
チェコの旗 チェコ共和国大統領
第3代:2013年 -
次代:
(現職)
先代:
ヨゼフ・トショフスキー
チェコの旗 チェコ共和国首相
第3代:1998年 - 2002年
次代:
ウラジミール・シュピドラ