2040年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2010年代 2020年代 2030年代 - 2040年代 - 2050年代 2060年代 2070年代
: 2040年 2041年 2042年 2043年 2044年 2045年 2046年 2047年 2048年 2049年

2040年代(にせんよんじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)2040年から2049年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた2040年代について記載する。

周年[編集]

予定・予測されるできごと[編集]

  • 国立社会保障・人口研究所のデータによると、日本では高齢者数が2041年から2042年にかけてピークを迎え、以降は人口が急速に減少し始めると予測している。
    • 「死亡低位」の場合は4002.7万人(2042年)、「死亡中位」の場合は3863.2万人(2042年)、「死亡高位」の場合は3725.6万人(2041年)がピークとなる[1]

2040年[編集]

2041年[編集]

  • 1991年施行の借地借家法22条で規定された一般定期借地権の期限満了(50年以上)により、地主に対して更地化(建造物取壊)後の土地返還が開始される。

2042年[編集]

  • アメリカ合衆国国勢調査局の推計では、この年までにアメリカ合衆国の人口に占める白人の割合が過半数を割る。
  • 4月20日鳥島近海で皆既日食が観測される。

2043年[編集]

2044年[編集]

2045年[編集]

  • 技術的特異点が到来する年と予測されている。
  • リニア中央新幹線が全線(東京 - 大阪間)開通予定。
  • 早ければこの頃から世界人口がピーク(81億人強)に達し、以降の世界人口は減少していく可能性がある[2]

2046年[編集]

2047年[編集]

  • 2040年代半ばまでに、高レベル放射性廃棄物の最終処分場の操業を開始する計画になっている。

2048年[編集]

2049年[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 2040年代前半
    • フォースター教授率いる7名のチームが宇宙船「アーノルド・トインビー号」で木星の第五衛星を調査し、第五衛星が地球外文化「X文化」が太陽系外から訪れる際に用いた巨大宇宙船であることを発見する。(小説『木星第五衛星英語版』)[3]
    • 2040年に発生した新種のウイルス・MKウイルスによって男性たちが死滅していく中、全世界の統治権は女性による国際連盟「United Women」 (UW) に委譲され、一部の男性たちが特効薬に望みをかけてコールドスリープに入るが、超AIでも開発には至らず数年が経過する。(漫画『終末のハーレム』)[4]
  • 2040年代後半
    • 「バルカンIV」をはじめとする世界連邦宇宙研究所のOSO(軌道上太陽観測所)衛星群が、太陽の活動の不規則変動を原因とする異常現象を確認し、それを基礎としてベン・モルディク教授らのグループにより、2年後には地球上の生命に破壊的影響をおよぼすほどの太陽嵐が発生するとの予測が立てられる。(小説『果しなき流れの果に』)[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の将来推計人口(平成18年12月推計)
  2. ^ 国際連合経済社会局の人口推計2010年版下位予測による
  3. ^ アーサー・C・クラーク 『明日にとどく』 早川書房1986年、219 - 241頁。ISBN 978-4-15-010660-7
  4. ^ LINK(原作)/宵野コタロー(作画) 『終末のハーレム 第1巻』 集英社2016年、53 - 55頁。ISBN 978-4-08-880819-2
  5. ^ 小松左京 『果しなき流れの果に』 早川書房、1973年、148 - 157頁。ISBN 978-4-15-030001-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、2040年代に関するカテゴリがあります。