2048年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2020年代 2030年代 2040年代 2050年代 2060年代
: 2045年 2046年 2047年 2048年 2049年 2050年 2051年

2048年(2048 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる閏年。この項目では、国際的な視点に基づいた2048年について記載する。

他の紀年法[編集]

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

できごと[編集]

予定・予測[編集]

周年[編集]

イベント[編集]

経済[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

誕生[編集]

没年[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 1月 - 3月 - 人類種の生存を目的として、ゴジラを始めとする怪獣が存在する地球からの地球外惑星への移民を目指し、1月に地球連合の恒星間移民船「オラティオ号」が衛星軌道上からはくちょう座ケプラー425へ、3月14日に同「アラトラム号」がくじら座タウ星eへと出航する。(映画『GODZILLA』)[1][2]
  • 2月 - 地球連邦の探査機「ペネトレイター1」が太陽系外縁のリング状人工構造物「ハイゲート」の調査のため発進。ハイゲート到達は2年弱後。(小説『地球連邦の興亡』)[3]
  • 5月22日 - ブラックホール爆弾「バスターマシン3号」、月軌道上より銀河中心部へ向けて発進。(アニメ『トップをねらえ!』)[4]
  • 7月7日 - カルネアデス計画の最終段階が発動。バスターマシン3号が起爆し、宇宙怪獣の群れと共に銀河系中心部が消滅する。(アニメ『トップをねらえ!』)[4][5]
  • 7月 - 「月戦争(ルナティックウォー)」勃発。ムーンベースの中枢コンピューター「MARIKO」が植物型のエイリアンに寄生されて暴走し、その際に生じた巨大爆発によって月は4つの破片に分裂。西側陣営はこれに対応すべく軌道戦闘機「OF-1」部隊を投入する。(ゲーム『イメージファイト』)[6][7]
  • 汎用作業艇「RX-T1」の試験が日本籍の宇宙ステーション「さくら」で実施される。(ゲーム『R-TYPE』シリーズ)[8]
  • 突如飛来した巨大球体の攻撃を受け世界各地の主要都市が壊滅。中南米上空で巨大球体を攻撃した地球連合軍の最新鋭攻撃機「アレスタ」部隊も全機撃墜されるが、巨大球体内に封印されていた意思体が1機のアレスタと融合し、「スーパーアレスタ」となって再び巨大球体に挑む。(ゲーム『スーパーアレスタ』)[9]
  • 世界連邦(太陽系)とケンタウルス座アルファ星およびプロクシマ星の種族の間で「プロクシマ戦争」が勃発。緒戦で用いられた熱核爆弾によるものだけでも3大星座系合わせて数千万人が死亡する。終戦は2068年。(書籍『テラン連邦交通貿易局ハンドブック英語版』シリーズ)[10][11]
  • 第117次大規模調査船団がガリア4宙域において異星生物「バジュラ」の襲撃を受け、壊滅する。(アニメ『マクロスF』)[12][13]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 大樹連司 『GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ』 KADOKAWA2018年、6・9・46・161・165・166頁。ISBN 978-4-04-106345-3
  2. ^ INVESTIGATION REPORT - 『GODZILLA』オフィシャルサイト。2018年4月26日閲覧。
  3. ^ 佐藤大輔 『地球連邦の興亡1 オリオンに我らの旗を』 中央公論新社2015年、110頁。ISBN 978-4-12-206167-5
  4. ^ a b 『トップをねらえ大全!』 バンダイビジュアル2012年、24・138頁。ISBN 978-4-04-899247-3
  5. ^ 『トップをねらえ! 濃縮CD-ROM大図鑑』収録「各話解説」「おまけ年表」 ガイナックス、1996年。ASIN B005YNHX7G
  6. ^ PC Engine版『イメージファイト』取扱説明書 アイレム、1990年、2・8頁。
  7. ^ イメージファイトII』取扱説明書 アイレム、1992年、2・14・16頁。
  8. ^ R-TYPEの世界の歴史 - アイレムソフトウェアエンジニアリング公式サイト(インターネットアーカイブ)、2007年3月15日、2016年3月8日閲覧。
  9. ^ 『スーパーアレスタ』取扱説明書 東宝、1992年、2・3頁。
  10. ^ スチュアート・カウリー チャールズ・ヘリッジ 『宇宙大戦争』 旺文社、1981年、6・7・80頁。NCID BN06788952
  11. ^ スチュアート・カウリー チャールズ・ヘリッジ 『スターライナーズ 23世紀に活躍する宇宙船』 旺文社、1981年、10・28頁。NCID BN06788919
  12. ^ 小太刀右京 『マクロスフロンティア Vol.2 ブレイク・ダウン』 角川書店2008年、276・294頁。ISBN 978-4-04-473802-0
  13. ^ 小太刀右京 『マクロスフロンティア Vol.3 アナタノオト』 角川書店、2009年、16・56 - 72頁。ISBN 978-4-04-473803-7

関連項目[編集]