リトアニアの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リトアニアの歴史(リトアニアのれきし)では、リトアニア歴史を述べる。また同時にリトアニア人の歴史も記述する。

「リトアニア」という語は、1009年に「Lituae」(ラテン語の属格、主格は「Litua」)と記載されたのが最も古いものである[1][2]13世紀にはリトアニア大公国が建てられ、その後、リトアニアは周辺諸国を征服、15世紀には、リトアニア大公国ヨーロッパで最大の領土をもつ国となった[3]。16世紀にはルブリン合同によりポーランド王国と合同、ポーランド・リトアニア共和国となった。その後、18世紀末のポーランド分割によりリトアニアはロシア帝国の支配下におかれることとなる。第一次世界大戦後の1918年にリトアニアは共和国として独立。しかし第二次世界大戦中にソビエト連邦ナチス・ドイツからの侵攻を受け、リトアニア・ソビエト社会主義共和国としてソ連に編入される。1990年代に入るとリトアニアは独立を回復、2004年には欧州連合にも加盟した。

リトアニア大公国[編集]

リトアニア人は、バルト人バルト語派)の一派で、ドイツ騎士団を初めとする北方十字軍との抗争の中で団結していった。13世紀キリスト教化を目論むドイツ騎士団に一時征服されたが、1236年の戦いで彼らの進出を食い止め、ミンダウガスのもと最初の統一を成し遂げリトアニア大公国を成立させた。ミンダウガスの勢力圏は、1240年代半ばには西はジェマイティヤ、東はミンスク、南は黒ルーシまで達していた[4]。ミンダウガスは1253年、リトアニアの王となった[4]。しかし、ミンダウガスが権力を拡大したことは、親族間の争いを招いてしまった[4]

14世紀ゲディミナス東欧に勢力を伸ばし、現在のベラルーシウクライナまで拡大していった。また、ヴィリニュスを建設し首都とした。

その後ドイツ騎士団との抗争は続き、リトアニア大公国が異教徒の国でありながら伝統的にリトアニア大公国と関係が良かったキリスト教国家で、ポメラニア平定のさいにドイツ騎士団が起こした金銭トラブルでドイツ騎士団と揉めていたポーランド王国へ接近して行った。

ポーランドとの連合[編集]

1386年にリトアニア大公ヨガイラは、ポーランド王国の女王ヤドヴィガと結婚、ローマ・カトリックに改宗すると同時にポーランド王に迎えられた(ポーランド・リトアニア連合)。リトアニア大公国は、初期はポーランド王国と連合国家同君連合)として対等な地位を築いた。1410年、ポーランド・リトアニア連合は一致してドイツ騎士団を破り(ジャルギリスの戦い)、両国は、東欧の大国として君臨した。しかし、リトアニア人貴族は次々と母語リトアニア語ベラルーシ語から自発的にポーランド語に変えてポーランド社会へと同化し、16世紀半ばに開始されたリヴォニア戦争において、[要出典]ルブリン合同が成立すると、リトアニアは自治権公国の消滅)を放棄し、ポーランド「共和国Rzeczpospolita)」(あるいは「ポーランド貴族共和国」)の一地方となったが、この共和国はその勢力の最盛期を迎え、当時のヨーロッパ最強の国家となった。

その後「共和国」の強大化に危機感を抱いた周辺国により「共和国」は弱体化し、リトアニアは18世紀初頭の大北方戦争によって、一時スウェーデンの支配下に置かれたが、スウェーデンの敗北により、再び「共和国」の支配下に戻った。しかし、「共和国」の衰弱は、近隣諸国の介入を招き、ロシア帝国プロイセン王国の影響力が高まり、1772年の第一次ポーランド分割の後、リトアニアもその分割の脅威にさらされる事となった。[要出典]

ロシア帝国時代[編集]

1772年、第一次ポーランド分割により、ポーランド・リトアニアは領土の3分の1を失った[5]。国家の危機に直面した改革派の貴族は、中央集権化ならびに近代化を進めて統治システムを強化しようとした[5]。この改革の一環として国民教育委員会の創設も行われたが、これは世界で最初の教育省(文部省)とも言えるものであった[5]。しかし1793年、第二次ポーランド分割が実行される[6]。これによりリトアニアは、ミンスク県の全域とヴィリニュス県、ノヴォグルドク県ならびにブレスト県の東部地域を失った[6]1795年の第三次ポーランド分割によりポーランド・リトアニアは消滅し、現在のリトアニア領にあたる地域の大部分はロシア帝国に組み込まれた[7]

一時ナポレオン1世率いるフランス帝国軍に占領される。ナポレオンの敗退後、再びロシアに編入され、ロシア同化政策を受ける。

19世紀になると民族主義が高まり、「ポーランド共和国」の復活を目指してポーランド人とともに2回蜂起するが鎮圧される。日露戦争によって引き起こされた1905年ロシア第一革命の際にはリトアニアは自治権を要求した。

第一次世界大戦とロシア革命[編集]

第一次世界大戦が始まると、リトアニア人が住む地域は1915年ドイツ帝国に占領された。この頃、マルティーナス・イーチャスリトアニア語版らを中心に、リトアニア人難民を救済する自助組織リトアニア人戦争被害者支援協会リトアニア語版が設立された[8]

1917年9月18日から22日にかけて[注釈 1]、222人のリトアニア人がヴィリニュスに集結した(ヴィリニュス会議リトアニア語版[12]。そこでアンタナス・スメトナを議長とするリトアニア評議会リトアニア語版(タリーバ)の議員20名が選出された[12]

1917年11月7日ロシア革命が起こりソビエト連邦が成立すると、事態はより複雑化し、リトアニア人住民とドイツ軍、赤軍白軍や、さらにはポーランド・リトアニア共和国の復活を望んだ住民(ポーランド人や、ユゼフ・ピウスツキをはじめとしたポーランド化を望むリトアニア人)が入り乱れ、戦いが繰り広げられた。リトアニア評議会は12月11日、ドイツとの緊密な関係下でのリトアニア人国家建設に関する宣言を採択した[13][注釈 2]。さらに1918年2月16日、完全独立を宣言した[12]。現在、リトアニアの独立記念日はこの2月16日とされている。しかし、リトアニア人はその後も戦いを余儀なくされた。

第一次リトアニア共和国および中部リトアニア共和国[編集]

独立宣言後も諸外国との戦いが続けられたが(リトアニア独立戦争英語版)、1920年リトアニア共和国(第一次)として民族自決による独立が諸外国から承認される。1920年には制憲議会リトアニア語版が招集された[15]

ソビエト連邦に占領され、傀儡政権リトアニア・ソビエト社会主義共和国が建てられていたヴィリニュス地域は1920年7月12日のソビエトとの講和条約によりリトアニアに側に引き渡す合意がなされたが、その後もポーランドとの軍事衝突は起こり、10月7日には合意文書が調印されリトアニア領であるとされたものの、その翌日にはポーランド軍によって侵攻され、そのままポーランドに占領された。その後この地域には緩衝国家中部リトアニア共和国が建国されるも、1922年にポーランドに編入された。そのためリトアニア共和国の首都は憲法上はヴィリニュスと明記しつつも、カウナスが臨時首都とされた。この状況はその後1939年まで続いた。

戦間期リトアニアにおいては、リトアニア・キリスト教民主党リトアニア農民人民連合リトアニア社会民主党の3党が主要政党となった[16]。このうち最大党派はキリスト教民主党で、保守的な農民層を支持母体としていた[16]。農民人民連合もまた農民層を支持層としていたものの、キリスト教的価値観を重んじるキリスト教民主党とは異なり、世俗的な政策を掲げた[16]。社会民主党は都市労働者や知識人から支持されていたが、規模はそれほど大きくはなかった[16]。このほか、ユダヤ人政党やポーランド人政党も存在した[16]

しかしリトアニア共和国では議会制民主主義体制は長くは続かず、1926年12月16日に軍部によるクーデターが勃発[17]。初代大統領アンターナス・スメトナによる権威主義体制が成立した[17]1927年には政府に対する蜂起がタウラゲで起きたが、鎮圧された(タウラゲ蜂起)。1928年、スメトナは憲法を改正して自らの権力を強化した[18]。新憲法により大統領の任期は7年となった[18]。スメトナ体制においてはアウグスティナス・ヴォルデマラスが首相に就いたが、次第に両者は対立するようになっていった[18]1929年、スメトナはヴォルデマラスを解任し、スメトナの義弟であるユオザス・トゥーベリスリトアニア語版を首相に任命した[19]

1938年までリトアニアとポーランドの国交は断絶状態にあったが、1938年3月17日、ポーランド政府はリトアニアに外交関係の樹立を求める最後通牒を突きつけた[20][21][22]。リトアニア政府は19日、これを受諾した[21][注釈 3]

ナチスドイツの干渉によってバルト海港湾都市メーメルを失う。更に同年アドルフ・ヒトラーヨシフ・スターリンの間で結ばれた独ソ不可侵条約の付属秘密議定書で、ナチス・ドイツはリトアニアをはじめバルト三国フィンランドをソビエトのものと認めてしまい、リトアニアの命運は決まった。1939年9月1日にドイツ、スロヴァキア、ソ連の3ヶ国がポーランドを侵略し、リトアニアはこれに乗じてヴィリニュス地方をポーランドから奪い取り占領した。

ソビエト連邦への編入[編集]

ドイツ軍のポーランド侵入によって第二次世界大戦が始まると、1940年にソ連に編入された。その経緯は次のようなものである。

ソ連政府は、自国の国境警備隊兵士が誘拐され、それに関わったとされるリトアニアの政治家の追放、投獄を要求して、リトアニアに対し最後通牒を突きつけた[22]。(この誘拐事件はソビエトの自作自演と考えられている。)これを口実にソビエト連邦軍はリトアニア領内に入ろうとした。

6月14日に開かれた閣議では、スメトナ大統領は主戦論を唱えた[22]が、政権内部はソビエトの要求を受け入れるのが大勢となった。1940年6月15日、ソビエト軍15個師団15万人が無抵抗のリトアニアに進駐し、辞任したスメトナに代わりアンタナス・メルキース首相が大統領に就任した。スメトナはドイツ経由でアメリカに亡命した[22]

ソビエトのリトアニア駐在公使ウラジミール・デカノゾフはリトアニアの政治に介入し、親ソビエト派のユスタス・パレツキス政権を樹立する。政権は詩人歌手などリトアニアの有名人で構成され、首相の選任はリトアニア憲法の手続きによらずに行われた。

7月14日から15日リトアニア共産党の候補しか立候補できない選挙が行われた[25][26]。その選挙結果を受けて21日[注釈 4]、人民議会が開かれた[25]。この日、人民議会はリトアニアの国名を「リトアニア・ソヴィエト社会主義共和国」とすることを決定し、ソヴィエト連邦への加盟を満場一致で宣言した[25]8月3日ソヴィエト連邦最高会議はこれを認め、リトアニアは、ソビエト連邦構成共和国の一つとなった[28][26]

なお、駐カウナス日本領事だった杉原千畝が、ユダヤ人に大量のビザを発給したのは1940年7月のことである。

ヨシフ・スターリン政権下のソビエトは、3500人のリトアニア人をシベリアなどに追放し、数千人が殺された。リトアニア各地で40以上の大量虐殺事件が起きている。一方、独立を目指す地下活動も始まった。

1941年6月22日独ソ戦が始まった。これに乗じてリトアニアは独立を宣言、しかし、ドイツ軍が進駐すると、少しずつ、この政府の権限を奪っていった。この政府は1941年8月7日、解体された。ドイツ軍占領下ではユダヤ人の虐殺も行われた(→リトアニアにおけるホロコースト)。1944年、ソビエト軍は再びリトアニアを占領し、1945年ヤルタ会談ポツダム会談で英米にリトアニアがソビエト連邦に加盟する共和国であることを認めさせた。

1942年から1952年にかけて、スターリン政権下でリトアニア人のシベリア追放政策が再開される。公式統計によると、この時期、12万人以上が追放にあっている。ソビエトに対する抵抗活動も続き、最後のパルチザンが戦闘死したのは1965年になってのことである。スターリンはリトアニア人以外の人々、特にロシア人のリトアニア入植を進め、工業化を図った。

リトアニア独立革命[編集]

1985年ミハイル・ゴルバチョフがソ連共産党第一書記になり、いわゆるペレストロイカが始まると、1988年に民族組織「サユディス」(「運動」の意)が組織され、ラトビアエストニアなどと連携して独立運動を進める。独ソ不可侵条約50周年を迎えた1989年8月23日にはヴィリニュス-リガ-タリンを結んで600kmに渡る「人間の鎖」(バルトの道)が形成され、世界に独立を訴えた。1990年3月、最高会議選挙にサユディスが圧勝すると、非共産党員としてはじめて共和国最高会議議長に就任したヴィータウタス・ランズベルギスは、3月11日、ソビエト連邦構成共和国の中でいち早く独立を宣言。1991年1月、ゴルバチョフ政権は武力を投入して放送局やテレビ塔を占拠、非武装の市民14名が死亡し、700人が負傷した。この模様は日本テレビのドキュメンタリー取材で、議会周辺の模様が日本で後に放送された。(1991年血の日曜日事件

しかし、ソ連8月クーデターが失敗すると、各国が独立を承認、1991年9月6日についにソ連も正式に承認し、実質的独立を達成した。そして、その1991年の末日に、ソビエト連邦は崩潰した

独立以後[編集]

1991年9月17日バルト三国はそろって国際連合に加盟した。独立と自由を勝ち取ったが、市場経済はうまく機能しなかった。特に失業が増えて深刻な社会問題となった。こうした中でサユディスは支持を失い、1992年の総選挙では旧独立派共産党が改称したリトアニア民主労働党が勝利した。ヴィータウタス・ランズベルギスに代わり、アルギルダス・ブラザウスカスが最高会議議長となった。1993年には大統領制が導入され、ブラザウスカスは初代大統領に当選した。

この政権は独立は堅持し、極端な逆戻り政策は行わなかったが、経済もよくならなかった。1996年の総選挙ではランズベルギスが結成した保守政党祖国同盟が勝った。

国営企業の民営化も課題であった。ロシア軍の撤退にも時間がかかり、完了したのは1993年である。度重なる政権交代のため、リトアニア国軍の建設にも手間取った。

1998年アメリカ合衆国亡命してアメリカ政府高官も勤めていたヴァルダス・アダムクスが大統領に当選。ようやく、経済が好転する。

その後、ロシア連邦とは宥和を掲げながら、西欧への接近を進め、2001年WTOに加盟、2004年にはNATOおよびEUに加盟した。

2008年6月、リトアニア議会は、二戦と冷戦での占領と圧制に因んで、ソビエト連邦の標章とナチスドイツの標章の両方を公の場で掲げる事を禁止する法案を可決した。これは、ナチスとソビエトによる圧制、特にソビエトによるリトアニア併合を「占領行為」と見なすためで、禁止の対象には、「鎌と槌」や「赤い星」を模った旗やバッジのほか、ソビエト連邦の国歌の演奏も含まれる。2007年に、同じバルト三国エストニアが「鎌と槌」と「鉤十字」の両方を法律で禁止した時には、ロシア連邦政府は「ナチスとソビエトの同一視は歴史への冒涜だ」と批判した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 村田郁夫はヴィリニュス会議リトアニア語版が開催された日付を8月22日としている[9]が、吉野悦雄はこれは9月18日の誤りであると指摘している[10]。ジグマンタス・キャウパやアンドレス・カセカンプも、ヴィリニュス会議が開かれたのは9月18日から22日としている[11][12]
  2. ^ 吉野悦雄は、1917年11月7日にリトアニアが「他の国家との間に存在する既存のすべての国家的(従属)関係を破棄し」独立国家の成立を宣言した、との見解を示している[14]。しかし、カセカンプらは、「ドイツとの緊密な関係下でのリトアニア人国家建設に関する宣言」がなされたとしている[13]
  3. ^ 伊東孝之は、「ポーランドはリトアニアに最後通牒を突きつけ、事実上これを衛星国とした」と述べている[23]。これに対して吉野悦雄は、「リトアニアが屈服したのは事実であるが、屈服したのは「中部リトアニア」の領有権についてのみであり、国内の内政の主権がポーランドに従属したわけではない。「衛星国」という表現は適切ではない」と反論している[24]
  4. ^ 村田郁夫は人民議会が開かれた日を6月21日としている[27]が、正しくは7月21日である[25][26]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Baranauskas 2009.
  2. ^ Gudavičius 1999, p. 28.
  3. ^ カセカンプ 2014, p. 52.
  4. ^ a b c カセカンプ 2014, p. 40.
  5. ^ a b c カセカンプ 2014, p. 112.
  6. ^ a b カセカンプ 2014, p. 114.
  7. ^ カセカンプ 2014, p. 115.
  8. ^ カセカンプ 2014, p. 159.
  9. ^ 伊東、井内、中井編 1998, p. 276.
  10. ^ 吉野 2000, p. 34.
  11. ^ Kiaupa 2005, p. 237.
  12. ^ a b c d カセカンプ 2014, p. 165.
  13. ^ a b カセカンプ 2014, p. 166.
  14. ^ 吉野 2000, p. 35.
  15. ^ カセカンプ 2014, p. 178.
  16. ^ a b c d e カセカンプ 2014, p. 181.
  17. ^ a b カセカンプ 2014, p. 182.
  18. ^ a b c カセカンプ 2014, p. 185.
  19. ^ カセカンプ 2014, pp. 185–186.
  20. ^ カセカンプ 2014, p. 204.
  21. ^ a b 吉野 2000, p. 37.
  22. ^ a b c d 畑中 1996, p. 55.
  23. ^ 伊東, 1988, p. 152.
  24. ^ 吉野 2000, pp. 37–38.
  25. ^ a b c d カセカンプ 2014, p. 213.
  26. ^ a b c 吉野 2000, p. 46.
  27. ^ 伊東、井内、中井編 1998, p. 342.
  28. ^ カセカンプ 2014, pp. 213–214.

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

日本語書籍[編集]

日本語以外の書籍[編集]

  • Bubnys, Arūnas (2005). The Holocaust in Lithuania between 1941 and 1944. Genocide and Resistance Research Centre of Lithuania. ISBN 9986757665. 
  • Eidintas, Alfonsas (2000). “A 'Jew-Communist' Stereotype in Lithuania, 1940-1941”. Lithuanian Political Science Yearbook (Vilnius: Vilniaus universiteto leidykla & VU Tarptautinių santykių ir politikos mokslų institutas) (1): pp. 1-36. ISSN 1392-9321. 
  • — (2003). Jews, Lithuanians and the Holocaust. Vilnius: Versus Aureus. ISBN 9789955961383. 
  • Gerutis, Albertas ed. (1984). Lithuania 700 Years. New York: Manyland. 
  • Gordon, Harry (2000). The Shadow of Death: The Holocaust in Lithuania. Lexington: University Press of Kentucky. ISBN 9780813190082. 
  • Kamuntavičius, Rūstis (2006). Development of Lithuanian State and Society: Lietuvos valstybės ir visuomenės raida. Kaunas: Vytautas Magnus University. ISBN 9955572345. 
  • Kiaupa, Zigmantas (2009). “The Road of a Thousand Years”. Lituanus (Chicago: Lituanus Foundation) 55 (3): pp. 5-27. ISSN 0024-5089. 
  • Lerer-Cohen, Rose (2002). The Holocaust in Lithuania 1941-1945: A Book of Remembrance. Gefen Booksm. ISBN 9789652292803. 
  • Levin, Dov (1990). “On the Relations between the Baltic Peoples and their Jewish Neighbors before, during and after World War II”. Holocaust and Genocide Studies (Oxford: Oxford University Press) 5 (1): pp. 53-56. ISSN 1476-7937. 
  • — (1993). “Lithuanian Attitudes toward the Jewish Minority in the Aftermath of the Holocaust: The Lithuanian Press, 1991–1992”. Holocaust and Genocide Studies (Oxford: Oxford University Press) 7 (2): pp. 247-262. ISSN 1476-7937. 
  • Levinsonas, Josifas (2006). The Shoah (Holocaust) in Lithuania. The Vilna Gaon Jewish State Museum. ISBN 9785415019021. 
  • Schoenburg, Nancy; Stuart Schoenburg (1991). Lithuanian Jewish Communities. New York: Garland. ISBN 9780824046989. 
  • Senn, Alfred Erich (2007). Lithuania 1940: Revolution from Above. Rodopi. ISBN 9789042022256. 
  • Snyder, Timothy (2003). The Reconstruction of Nations: Poland, Ukraine, Lithuania, Belarus, 1969-1999. New Haven: Yale University Press. ISBN 9780300095692. 

関連項目[編集]