アルベルト・フジモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフジモリ第二姓(母方の)はイノモトです。
アルベルト・ケンヤ・フジモリ・イノモト
Alberto Kenya Fujimori Inomoto
Al Fujimori.jpg

任期 1990年7月28日 – 2000年11月22日

出生 (1938-07-28) 1938年7月28日(80歳)
ペルーの旗 ペルーリマ
政党 ペルーの旗 ペルー
変革90(1990年 - 1999年
ペルー2000(2000年
未来同盟2006年
フエルサ20112010年 - 現在)
日本の旗 日本
国民新党2007年
配偶者 スサーナ・ヒグチ(離婚)
片岡都美

アルベルト・ケンヤ・フジモリ・イノモトAlberto Kenya Fujimori Inomoto、現日本名:片岡 謙也(かたおか けんや)旧姓・藤森 1938年7月28日 - )は、ペルー学者政治家、第91代大統領(在職:1990年7月28日 - 2000年11月17日)。娘は2011、2016年のペルーの大統領候補で政治家のケイコ・フジモリ

学位は農業工学修士(ラ・モリーナ国立農科大学)、数学修士(ウィスコンシン大学ミルウォーキー校)。

共和国ペルーにおいてフジモリは論争の多い政治家である。 彼は2017年12月24日からペドロ・パブロ・クチンスキ大統領に健康上の理由から恩赦を受けた後[1]、2018年10月3日にマルティン・ビスカラ大統領政権(外部リンク下、司法命令によって恩赦無効[2][3]を受けるまでの束の間の自由時間を楽しんだ。

フジモリは、1992年の「自作クーデターauto golpe de Estado)」の結果、メディアと一部の大衆、議員から権威主義的な「独裁者」として描かれてきた[4][5]。2004年、NGO組織トランスペアレンシー・インターナショナルは、10年間にフジモリが不当に混乱させた被害額を約6億ドルと推定した。2009年までにこの金額のうち1億6000万ドルのみがペルー国に返還されたとされる[6][7]

2000年11月、在任中の様々なスキャンダルから窮地に陥ったフジモリはブルネイで開かれたAPEC首脳会議に出席した後、日本へ向かった。東京からファックスを使い、閣僚の一人を通じて、メディアに現れることも理由を説明することないまま突然大統領職辞任を表明(「恥ずべき辞任(la dimisión vergonzante)」[8])し[9]、東京に留まり続けた。結果、大統領職は空白となり、ペルーは政治危機に陥った。議会は「永久的な道徳的無能(incapacidad moral permanente)」を宣言、フジモリを罷免した。 だが、二重国籍のため、2005年まで司法告発は回避されることとなった[10]

2005年11月6日、フジモリはチリへ行き、当局によって翌日逮捕された。同年11月11日にペルー政府の要請を受けて、犯罪捜査手続きが開始された。 2007年9月21日、チリの最高裁判所はペルーへ彼を引渡すことを承認した。

2009年4月7日、フジモリは1991年のバリオス・アルトス虐殺事件[11]、1992年の軍によるビジネスマンとジャーナリストの誘拐などを含めた、計画殺人、誘拐、傷害罪で25年の禁錮刑を宣告された[12][13]。フジモリはこの判決を不服として控訴したが、2010年1月に刑は裁可された。それ以前、フジモリは既にペルー情報局顧問ブラディミロ・モンテシノスの妻であるトリニダード・ベケラの家に不法侵入したとして有罪判決を受け、6年間の自由剥奪(privación de libertad)を宣告されていた[14]。2009年7月20日、フジモリは不正な横領、公的資金の供与、イデオロギー的虚偽の犯罪により国家に損害を与えた咎で、さらに禁錮7年半の有罪判決を言い渡された[15]

また2011年国民新党から参院選の比例代表公認候補として出馬し、日本での国会議員の座を目指したが失敗した[16]

フジモリは6つの異なる政治団体のリーダーとなっている。ペルーには多くの人々のフジモリに対する同情があり[17]、2011年の選挙で人民勢力党(Fuerza 2011)は一院制議会(130議席)で第2党にあたる37の議席を得た。2016年の総選挙では、娘のケイコ・フジモリが率いるフジモリストグループの政党「人民勢力党ーFuerza Popular」が73議席(56%)[18]を得た。

2018年10月31日、ケイコは2011年の大統領選に絡んだ南米最大規模ともいわれる巨大マネーロンダリング(資金洗浄)事件(オペレーション・カー・ウォッシュ)に関わったとされ、36ヶ月の予防勾留を命じられた後、女性刑務所(Anexo Mujeres Chorrillos)へと移送された[19]。これによって彼女が2021年の大統領選に立候補することはほぼ不可能と見られている。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1938年、ペルーの首都リマミラフロレス区仕立物屋を営む父・直一と母・ムツエの間に生まれる[20]。両親は日本の熊本県飽託郡河内村(現・熊本市西区河内町)出身[21]であり、1934年にペルーへ移住した移民である。彼が誕生すると両親はリマの日本公使館出生届を提出して日本国籍留保の意志を表したため、フジモリは日本国籍を保有[22]することになった。

なお、フジモリの出生地について疑う意見も出たことがあり、政界向け雑誌「カレタス」の1997年7月号は、フジモリは実際は日本生まれで、ペルーの出生証明書が捏造されたもので、フジモリの母親は移民の際二人の子の母であると記載した、と書いた[23]。これが事実の場合、大統領職をペルー生まれに限定しているペルー憲法に違反していたことになる[24]

後にフジモリはColegio Nuestra Señora de la MercedLa Rectoraで教育を受け、リマのLa gran unidad escolar Alfonso Ugarteを卒業した。その後、1957年にはラ・モリーナ国立農科大学の大学院に進学し、1961年農業工学専攻をクラス1位の成績で卒業した。

学者へ[編集]

アルベルト・フジモリ、ペルーの大統領 1988年

1962年にはラ・モリーナ国立農科大学で数学の講師に就き、1968年助教授1971年教授へと昇進していく。この間、1964年フランスストラスブール大学へ留学、さらにフォード奨学金を得てアメリカ合衆国ウィスコンシン大学ミルウォーキー校大学院に留学する。一般数学と物理学修士号を取得している。その後、母校である国立農業大学の理学部長に就任し、1984年には同大学総長に任命された。ペルー大学評議会の議長を二期務めている。また、ペルー国有テレビの討論番組「オンセルタンド」において、約一年半(1987年-1988年)に渡って司会を務めた[21]

政治活動[編集]

大統領選挙へ出馬[編集]

1990年の大統領選挙に新党「変革90(カンビオ・ノベンタ、“cambio”は「変革」の意)」を結成して出馬したフジモリは、当初ダークホース的存在であったが、対立候補のノーベル賞作家マリオ・バルガス=リョサを破り当選した。国民は前大統領アラン・ガルシア政権に対し失望感を抱いており、それと同時に、有力候補であったバルガスの提唱した政策“新自由主義経済”を疑いの目で見ていたエスタブリッシュメント層を味方につけることにも成功した。

選挙期間中、フジモリにはel chino(エル・チノ、中国人という意味だが、ペルーではかつてのフアン・ベラスコ・アルバラード[25][26][27]もそうだったように親しみと軽い揶揄を込めて使われる)というニックネームがつけられた[28]。また選挙中は「仕事、科学技術、勤勉」というスローガンを掲げていたため、エンジニア(El ingeniero)とも呼ばれた[29]東アジア出身者、あるいはその子で初めてラテンアメリカ諸国の国家元首になったのはガイアナの初代大統領で中国系のアーサー・チュンだが、当時のガイアナ大統領は名誉職的な存在であった。また、フジモリは東アジア系の人材も重用しており、フジモリの熱烈な支持者で中国系のビクター・ジョイウェイ英語版をペルーの首相に起用した[30]。ペルーの大統領では初めて中華人民共和国を訪問[31]するなどアジア外交を展開した他、日系人がペルーの大統領になったことにより日本との外交も積極的に行われるようになり、日本からの融資なども引き入れることに成功した。

大統領職(1990年 - 1992年)[編集]

フジモリは、大統領に就任すると大規模な経済改革を実行した。国際通貨基金 (IMF) による詳細な指導を基に、様々な国有財産の売却、国内法の改正、外国資本の石油天然ガス、鉱物資源への投資を積極的に誘致した。これらの政策によってペルーのマクロ経済は安定を取り戻し、ガルシア政権下で落ち込んでいた外国との貿易額も劇的に改善した。のちに、この改革は「フジショック」と呼ばれた[21]

これらの政策を円滑に進めるため、鉱物・石油資源の開発計画を指導する部局を政府内に設置した。それまでは環境法により一元的に決定されていた化学物質の排出規制、廃棄物の処理手続きなどは、この組織によって開発プロジェクトごとに決定された。同時に国立公園、アンデス山脈地域、アマゾン川流域など保護地区での開発規制を撤廃した。

議会閉鎖と憲法破棄[編集]

1990年、フジモリは大統領選挙で勝利した[32]が、共和国議会での彼の政党「変革90(スペイン語版)」の議席数は3番手に留まった。これはアメリカ革命人民同盟とノーベル賞作家マリオ・バルガス=リョサの設立した民主戦線後に続く勢力ではあったものの、下院180議席中32議席、上院で62議席中14議席を得たにすぎなかった[33]。このため、政府と議会の関係は政権の始まりからの緊張と対立を孕んだものとなった。

行政上の議会の監督、1979年憲法で制定された民主主義の原則、それらはフジモリ大統領の直接的なポピュリストの見地から厄介な存在だった。議会は政府に立法権を付与したにもかかわらず、その後の法令の改正により大統領を苛立たせ、大統領は議会が承認した法律を順守した[34]

フジモリは議会と伝統的政治とを通じた「大衆(ポピュラリティー)の危機」を利用して、これが国家の問題、特に危機管理に対する障害の側面を強調した。 議会閉鎖と権力の絶対的なコントロールを計画し始めた。

憲法秩序の破棄は、最終的に1992年4月5日の夜、「自作クーデター(auto-golpe(self-coup))」として知られるようになった[35][36]。 フジモリは、共和国議会を解散し、司法権の活動を中止するように国家にメッセージを出した。各都市に配置された軍は、主要な民主主義機関の本部と政治的反対派の住宅を取り囲み、メディアに襲撃をかけ、ジャーナリストのグスタボ・ゴリッティ(スペイン語版)らを誘拐した[37]。 自作クーデターは市民の過半数によって支持され、と同時にさらに8年間続いていくフジモリ政府の民主的な正当性に疑問を投げかけるものとなった。

憲法がその修正のための仕組みを提供しているのは事実だが、(...)憲法は現在の任務においてはほぼその役割を終え、我々はペルー再建のために必要な法的手段のみを有することとなるだろう。 (...)

ペルー離陸を可能とするすべての深い変化をつくりだす機関または仕組みとはなにか?間違いなく、議会も司法も現在の変化を代表するものではなく、むしろ変革と進歩を阻止している。共和国大統領として、私はこれらの歪みを直接証明し、この国家再生プロセスを軽減するための例外的態度をとる責任を感じる。

私は以下の重大な措置を講じることを決めた。

1.立法権の新しい組織構造の承認まで、共和国議会を一時的に解散する。これは国民投票により承認される。

2.司法支部、国家治安審議会、憲法保証裁判所、公務員の誠実で効率的な管理の再編。

3.国家資源の不正使用者に対する大幅な制裁強化につながる十分かつ時宜を得た行政監督を達成するための会計監査官事務の再編。

1992年4月5日、アルベルトフジモリフジモリ[38]


1992年11月13日、ハイメ・サリナス・セド少将(外部リンク)はペルー軍兵士と決起し、「自作クーデター」後に崩壊した民主的秩序を再確立しようと試みた。軍の襲撃を受けたフジモリはすぐに日本大使館に駆け込み、彼らを暗殺を試みたとして非難した。 まもなく、少将らは投獄された[39]

その後、フジモリは事実上の政権運営を開始した。この政府は、権威主義的だとして指摘された「緊急国家復興政府」として洗礼を受けた。内外からの圧力(主に米州機構)のため、民主制議会のための迅速な選挙が招集された。1993年の憲法国民投票[40]Referéndum constitucional de Perú de 1993)で52.24%を獲得し[41]勝利した結果、新憲法が公布され、国家機能が変わり、大統領の権限強化がなされ、 検察の力が低下したことに加えて、議会の権限が切断されることとなった。

テロとの戦いと人権侵害[編集]

フジモリ政権初期、マオイスト系テロ組織センデロ・ルミノッソの激しいテロ攻撃とチェ・ゲバラ系のトゥパック・アマル革命運動スペイン語版)が起こった。1992年7月16日、リマ、ミラフローレス地区のタラタ通りで20名もの犠牲を出した自動車爆弾爆発事件[42]は、この時代を代表する流血事件となった。

国家警察(DIRCOTE)と軍隊(FF.AA)とを中心とした新たな「反=反乱作戦」が立案された。ペルー軍の助けを借り、パトロールをDECAS(反破壊的民間防衛委員会)に委ね、テロ組織のリーダーを逮捕した。その結果、ペルー国内でのテロ行為は大幅に減少した。

一方で、国家による抑圧や深刻な人権侵害に関連した暴力行為もあった。 1991年12月、15人もの市民が殺害されるバリオス・アルトス虐殺事件が起こった。 1992年7月にはエンリケ・グスマン・イ・バジェ国立教育大学で9人の学生と教授の殺害事件(ラ・カントゥタ事件)が起こった。これらのアクションは、テロ組織センデロ・ルミノッソの潜伏メンバーとの闘いのために設立された準軍事グループである「コリーナ部隊」によって行なわれた。これはペルー版「汚い戦争(la guerra sucia)」として見られた[43]

ペルーの海軍、軍隊、国家警察の情報サービスは、軍事訓練された通称「ロンデロス(Ronderos)」と呼ばれる民兵自衛組織Rurales de la Sierraと手を結び、テロ組織により強い打撃を与えた。 1992年7月、脱走中だったトゥパック・アマル革命運動のリーダー、ビクトル・ポライ・カンポスの逮捕が達成された。 9月12日、さらなるテロ組織への強烈な一撃が見舞われた。この日、ケティン・ヴィタル大佐(スペイン語版)が率いる国家テロ対策部隊(DINCOTE)の特別グループGEINは、ペルーでマオイスト体制を確立しようとしているセンデロ・ルミノッソの指導者アビマエル・グスマンを他の組織幹部とともに平和裡に捕らえることに成功した[44][45]

その後、センデロ・ルミノッソは撤退し、数年後にはペルー高原の森へとその規模を縮小され[46]、重大な脅威ではなくなった。 このようにしてフジモリは10年にも渡るテロ活動を縮小へと導いた。

これに関して、真実和解委員会(la Comisión de la Verdad y Reconciliación(CVR))は、「一般的な結論」として以下のように述べている。

50、真実和解委員会は1985年から国家警察の諜報活動がテロ組織の組織形態と行動に関するより正確な知識を得るようになり、結果、国家テロ対策部隊(DINCOTE)による組織指導者の逮捕が達成された事、とりわけ、1992年7月にビクトル・ポライ・カンポス、同年9月12日にアビマエル・グスマンの逮捕はテロ組織を戦略的敗北へ導く要因となった事を記録している。

100、(しかし、同時に)1992年に開始された「反=反乱作戦」は反乱者たちの政治行政組織(OPA)から選択的な排除をしている。ぺルー国家情報局顧問ブラディミロ・モンテシノスに関連して、「コリーナ部隊」と名付けられた死の部隊が行動し、殺人、強制失踪、虐殺を行なった。真実和解委員会は、アルベルト・フジモリ大統領とブラディミロ・モンテシノスとペルー国家情報局高官が「コリーナ部隊」によって行なわれた殺人、強制失踪、虐殺に対して刑事責任を負うことを確認する証拠を握っている。

一般的な結論―真実和解委員会[47][48]

再選[編集]

1995年、大統領の再選を許可する新憲法のもと、フジモリは大統領選挙に立候補し、ハビエル・ペレス・デ・クエヤル前国連事務総長を64.42%の得票で破り、再選された(Elecciones generales de Perú de 1995)。

恩赦法[編集]

1995年6月、フジモリ大統領は議会の賛成多数で恩赦法を公布した。この法律は進行中だった調査、「反=反乱作戦」期間中に国家権力によって行なわれた人権侵害などの裁判を終わらせるものだった。また、エクアドル国境紛争に巻き込まれた国家捜査官や1992年に憲法秩序を回復しようと決起したジェイメ・サリナス・セド少将たちも含まれていた。 また、法の施行はペルー情報局員およびコリーナ部隊のメンバーの解放も許可した[49]

この法律(法26479)は補完的な法26492とともに、中米人権裁判所の判決によって数年後に有効力を持たなくなった[50]

憲法の真正解釈法の制定[編集]

1996年、フジモリは1993年憲法で禁止されている3度目の大統領選で立候補する権利を得るために、「憲法の真正解釈法(Interpretación Auténtica de la Constitución)」と呼ばれる法律を制定した。これには憲法を取り巻く政治論争が起こった。

1993年憲法第112条において、大統領は直ちまたは憲法の定める期間が経過した後でのみ再選されることが可能になるとされているが、この真正解釈法に従えば、1990年の大統領選挙は1993年憲法が効力を発揮しておらず、それ以前に制定された1979年の旧憲法下であったため、数えられないものとされた。 この解釈に従って、フジモリは一度のみ大統領候補(1995年)となったにすぎないとし、2000年に2度目の(実質的には3度目となる)立候補が行なわれた。

「真正の解釈、その再選は第112条に帰する。憲法を参照し、その憲法文書の制定後に公布された大統領令より条件づけられる。 したがって、計算上は遡及的にされないと真に解釈し、大統領任期は(1993年)憲法の有効性の前に開始されたとする」法律第26657号[51]

一方、解釈法を批判する人々は、法律起草者が述べたように、1990年のフジモリ大統領の任期が1979年の憲法の有効性の中で開始された以上(1979年憲法では直ちの再選は禁止されていた)、再選は認められないとした。したがって、第2期目は、再選を許可する1993年憲法再選を許可が1990年に開始された大統領令に適用されたと仮定した場合にのみ正当化することができると主張した。

こうした対立状況の下、学生の抗議、労働組合、そして数多くの市民団体の抗議運動が起きた。憲法裁判所はこれを違憲としたが、最終的に最高裁で三選支持とする判決が下り、フジモリの三選が可能となった。

日本大使公邸人質事件[編集]

1996年12月17日にはトゥパク・アマル革命運動による日本大使公邸人質事件が発生した。この事件は1997年4月22日ペルー軍コマンド部隊が公邸に突入して解決したが、フジモリ大統領の独裁的権力に対する批判は次第に高まっていった[52][53]

詳細は日本大使公邸人質事件参照

言論統制[編集]

1992年以来、フジモリ大統領は政府の腐敗隠蔽のため、テレビ局や新聞に介入を開始したとして非難されている。国の主要メディアの取締役のほとんどが賄賂を受け、ほとんど常に政権に有利なように報道された[54]。この政策を担当していたのが、影の存在から政府の強力な人物になるペルー情報局顧問のブラディミロ・モンテシノスだった。

ジャーナリストに対する脅迫が行なわれた。とりわけ、政府が批判に晒されているのが、ジャーナリスト、セザー・ヒルデブラント(スペイン語版)の解雇で、彼の殺害計画が「ベルムーダス計画(Plan Bermudas)」の名で報告された。 1997年5月には、フレクエンシア・ラティーナ(Frecuencia Latina)チャンネルの所有者だったイスラエル市民Baruch Ivcher[55]がペルーの国籍を剥奪された。 さらに、Ivcherは憲法裁判所のメンバーの解雇に対する反対を主張したために、国を離れることを余儀なくされた。自ら発行する小規模の新聞の資金調達も批判された。その新聞は反フジモリ派で、表紙で彼らをからかったりしていた[56]

エクアドルとの戦争と平和[編集]

19世紀初頭に独立した共和国として誕生して以来、1998年に至るまでペルー、エクアドル両国はアマゾン川流域とアンデス山脈の国境線に領土問題を抱えていた。この問題は大コロンビア時代から継承され、3度(1941年、1981年と1995年)深刻な状態に達し、短い戦争を起こした。国境紛争は一世紀半の長きに渡り、ペルー・エクアドルの貿易関係強化を妨げる主要な要因でもあった。

1995年、北東の国境地帯、コルディジェラ・デル・コンドル山脈でエクアドルとの武力衝突があった。その年の3月に、ブラジリアのイタマラチ大統領宮殿で休戦が調印されたものの、その後数年間ペルーとエクアドル関係は緊迫した状況が続いた。 1998年8月ハミル・マワ大統領がペルーを訪れ、最終的な和解のための交渉が開始された。 1998年10月、エクアドルとペルーはリオデジャネイロ議定書の保証人の意見に基づき、フジモリ大統領は国境の定まっていない78キロメートルを画定するEl acto Brasilaに署名した[57][58]

強制避妊政策[編集]

1996年から2000年にかけて、ペルー極貧地域の出生率低下を目的に強制避妊政策を推し進め、30万人以上の女性に不当な不妊手術が行われた[59]。このための資金は主に、米国際開発局 (USAID) や国連人口基金 (UNFPA) から出ていたが、曽野綾子が当時会長を務めていた日本財団も、この計画を支援した[60][61][62]

2000年の総選挙[編集]

1990年代後半、多くの腐敗事件が明るみにだされ、経済不況が戻ったことから、フジモリ大統領の支持率は低下した。にもかかわらず、正当解釈法に見られるようなフジモリの権力を手放さない姿勢は確固たるものとなっていた。1998年9月、フジモリストが多数議席を占めていた国会は、正当解釈法が無効であるという訴えを退けた。

2000年の総選挙(Elecciones generales de Perú de 2000)でフジモリは事実上の第三期目となる大統領選に立候補する。4月初めの投票ではフジモリ大統領候補も他の候補も過半数に届かず、5月に決選投票を行うこととなった。第1回目の投票で開票作業に不正操作があったことを、選挙の監視に来ていたOAS、ペルー国内の、行政外部監視機関(オンブスマン)や対立候補だったポシブレ党(Perú Posible)のリーダーのアレハンドロ・トレド[63]陣営から指摘され、5月28日に予定されていた決選投票を延期し、その間に透明性のある開票方法をとるように要請が出された。フジモリ大統領は開票作業の透明性に問題はないとして、内外の要請を拒否した。予定通り5月末の選挙を強行するとしたので、OASは選挙監視の意味がなくなったとしてペルーを引き上げ、アレハンドロ・トレドも大統領に抗議する形で決選投票をボイコットすると発表した。実質的な大統領信任投票となった決選投票では、フジモリ大統領が過半数を獲得し、三選を果たした[64]

2000年からの政権運営[編集]

賄賂ビデオとモンテシノスの逃亡[編集]

2000年、三期目の任期開始直後の9月14日、フジモリ大統領の側近だったペルー国家情報局顧問ブラディミロ・モンテシノスによる汚職の光景を捉えたビデオ映像(Vladivideo)が野党議員によって公開された[65][66][67]。モンテシノス自身が設置したとされる隠しカメラを通じたビデオ映像には、彼がフジモリ支持を取りつけるために他の野党議員に賄賂を手渡す場面が記録されていた。フジモリ政権の最大最後の危機が訪れた。9月16日、フジモリは国家情報局の廃止と総選挙を発表し、この総選挙でフジモリが候補者として積極的に参加することはないと付け加えた。

フジモリは、多くの市民の怒りを呼んだため、モンテシノスを情報局顧問として正式な地位から退任させた。報酬としてモンテシノスに個人的に1500万ドルの現金を渡した。その後、モンテシノスは政治的亡命を求めてパナマへ向かったが、許可されなかった。 10月23日、一旦ペルーに戻り、 10月29日、再びカリスマ号に乗船し、最終的に極秘のうちにベネズエラに到着した。2001年6月、8か月の逃亡の末、ベネズエラ当局によって身柄を取り押さえられ、ペルーへと引き渡された[68][69]

大統領職の放棄[編集]

つぎにペルーから逃亡を図ったのはフジモリ大統領自身だった[70]。政治的圧力と不安定さの中で、2000年11月13日、ブルネイで開かれたAPEC首脳会議に出席した。 それからクアラルンプールを経由して東京に到着し、その後イベロアメリカ首脳会議のためにパナマへ向かう予定だった。しかし、フジモリは東京に留まり続けた。フジモリはホテルニューオータニに滞在し、「(ペルーの)邪魔になることは望ましいことではない」とAFP通信に語った。

東京から、議会議長にファックスが送られ、正式に大統領職の辞任が発表され、続いて彼の支持者にメッセージが送られた。

私は戻って、私の存在の現状とこの国(ペルー)の移行プロセスへの参加の適切さについて自問し、正式に辞任しなければならないという結論に至った。

このようにして、わたしたちの憲法を熟考している状況が秩序ある移行を可能にする決定的な政治的緩和の段階へと向かう道を開き、とりわけ重要な何かが私たちの経済の強さを保ってゆく。

2000年11月19日 アルベルトフジモリフジモリ[71]

これは事実上の亡命であった。日本政府は、フジモリ元大統領は日本国籍保持者である[22]ため、日本滞在には何の問題もないとした。

罷免と政府関係の資産凍結[編集]

様々な不祥事と稀な事態を前にペルー共和国議会は辞任を拒否した。さらに共和国の大統領の「永久的な道徳的無能[72]incapacidad moral permanente)」を宣言、フジモリ大統領を罷免した上で、今後10年間公的立場に立つことを禁じた。


第1条 -―ペルー政治憲法第113条第2項に従い共和国大統領及び市民のアルベルトフジモリフジモリの永久的な「永久的な道徳的無能」を宣言する。

第2条―共和国大統領の空席が宣言され、ペルー政治憲法第115条による継承の規範が適用される。

2000年11月21日 立法決議[73]


ペルー政治憲法第100条に従って、共和国元大統領に対する告発の重要性を考慮し、アルベルト・フジモリフジモリと彼が犯した明らかな憲法違反に制裁を課すため大憲章(マグナ・カルタ(la Carta Magna del Estado))第100条に定められた共和国議会の権限を行使することは不可欠である。

ドン・アルベルト・フジモリフジモリ共和国元大統領が今後10年間のいずれかの公職に就くことを禁ずる。

2001年2月23日 立法決議[74]


法務省のホセ・ウガズ特別検察官は、元情報局顧問モンテシノスや以前の政府関係者および彼らに関連したビジネス口座の凍結を請求し、認可された。スイスでは1億4000万ドル、ケイマン諸島米国、その他の国で計400万ドル。 ペルー国内で1800万ドルもの金額が凍結された。

しかし、アルベルト・フジモリやその親戚の名前ではこれまでに口座凍結は確認されていない[75]

二重国籍疑惑、そして突然の離日[編集]

2001年9月にはペルーの司法長官がフジモリを殺人罪で起訴し、2003年3月にはICPOを通じ人道犯罪の罪で国際手配の依頼が行われた。日本大使公邸事件の際、投降したゲリラを射殺した容疑である。ペルー政府はその他の権力乱用罪でも日本に身柄引渡しをたびたび求めたが、これに関して日本政府は引き渡しを拒否し続けた。

フジモリは日系人であり、ペルーと日本の二重国籍者である。日本政府はフジモリが日本人夫婦の元に生まれ、出生時に日本国籍を留保していることを理由に彼が現在も日本国籍を保有していることを認めており、フジモリの二重国籍を事実上容認している(1984年以前から日本国籍と外国籍の双方を保持している者は1985年1月1日の改正国籍法施行の日に外国籍を取得したものと見なされるので、成人の場合2年以内(1986年12月31日まで)に国籍の選択をしなければ自動的に日本国籍の選択の宣言をしたとみなされる[注 1][76][77]

一方で、「一国の国家元首が二重国籍者であることを隠していた」という点はペルーで大きな批判の対象になった。ペルーの法律は二重国籍者が大統領になることを禁じており(ただし過去にスペインの植民地であったことからスペインとの二重国籍であれば容認される)、フジモリは大統領選挙運動中に「日本国籍を持っていない」と宣言していたという。フジモリは大統領当時に資金援助のために訪日の際も、日本人ではなくペルー人であるからとして日本語を話すことを拒否し、スペイン語のみで会見していた。

2005年6月、フジモリ元大統領はペルー国営テレビの政見放送を通じて次期大統領選挙への出馬の意向を表明した。現職のアレハンドロ・トレド大統領を始めとする次期大統領候補の不人気もあり、1990年代の景気好転の時期の大統領であったフジモリ元大統領は、特に貧困層の国民から非常に高い支持を受けているとされた。ただ、フジモリ自身がチリで逮捕され本人の出馬が不可能となったこともあり、フジモリ派大統領候補者の得票率は低いものに終わった。しかし同時に行われた国会議員選挙(非拘束名簿式比例代表制)において、娘のケイコ・フジモリが60万票以上の個人票を獲得して全国トップで当選し、支持の根強さも見せた。

チリ政府による拘束[編集]

2005年10月、彼は2006年に行われる大統領選挙に出馬するために日本を離れ、まずチリに向かったが、11月7日チリの警察に逮捕された。2006年1月、ペルー中央選管は大統領選出馬を認めない旨最終決定する。また、同年4月には支援者である女性実業家で、株式会社ホテルプリンセスガーデン社長及び文筆家である片岡都美との結婚を発表した。片岡都美が経営する目黒プリンセスガーデンホテルはフジモリが日本に滞在中宿泊した場所である。フジモリはのちに保釈され、チリの首都サンティアゴにある自宅で暮らした。チリ国内から政治活動を行おうとし、これに対しチリ政府は「利用するな」と苦言を呈した。

なお、公金横領罪容疑については、2005年10月にペルー最高裁が証拠不十分として無罪判決を出した。

日本政界への意欲[編集]

2007年6月18日、日本の国民新党参議院選挙に同党の比例代表公認候補として出馬するよう要請[78]し、6月27日、立候補を表明した[79]。また、フジモリは民主党に立候補を打診し断られていたという[注 2]。6月28日、サイトで立候補表明すると共に、将来のペルー政界復帰も約束した。

その動きについてのペルー国内での反応としては、ペルーのガルシア大統領は同日、「国民がどう思うか。大いに失望した」と日本での立候補を批判。ペルーの有力紙『レプブリカ』は「引き渡し逃れは明らか」と非難し、『コメルシオ』紙も芸者姿のフジモリを載せるなど、ペルーのマスコミは相次いで反発した。中には、「卑怯者」「SAYONARA!」など、日本語の見出しで批判した新聞もあった。

7月5日には国民新党の亀井静香代表代行が麻生太郎外務大臣に対し、選挙運動が可能になるようにフジモリを釈放するようペルー政府に働きかけるよう要請したが、麻生に「(釈放、帰国要請は)独立国家として無理がある」として断られている。この結果、フジモリの選挙運動は候補者不在の中行なわれ、政見放送にも参加できなかった。

選挙の投票の結果、国民新党は当選枠1人との結果となり、フジモリは国民新党4位であったため落選した。

送還と逮捕[編集]

2007年9月21日、チリ最高裁はペルー政府より2006年からなされていた身柄引き渡し要請について認める旨決定。嫌疑は軍による民間人殺害への関与など2件の人権侵害と汚職5件の計7件。引渡し後は、刑事被告人として裁かれる、ということになった。23日、チリを離れ、ペルーの首都リマへ到着し、そのまま国家警察の施設へ収容された。

10月5日、ペルー最高裁は7件の容疑について3つに統合した上で11月26日から審理を開始することを決めた。

12月10日の初公判でペルー検察は禁錮30年を求刑し、フジモリ被告は無罪を主張した。さらに大統領時代の功績にも熱弁を振るったため、裁判長から注意を受けた。2008年4月15日、ペルー最高裁は、令状なしでモンテシノス元国家情報部顧問関係先への家宅捜索を命じた容疑で、禁錮6年と2年間の公民権剥奪と40万ソル(約1500万円)の罰金を命じた有罪判決を下した。

2009年4月7日、1990年代にペルーで起きた軍特殊部隊(コリーナ部隊)による民間人殺害事件の「ラ・カントゥタ事件」「バリオス・アルトス事件」について、一審であるペルーの最高裁特別法廷はフジモリ被告を有罪として禁錮25年の判決を下した。

2010年1月3日、最高裁刑事法廷は、禁錮25年と被害者遺族への賠償金支払いを命じた一審の判断を支持する判決を下した、と発表した。裁判は二審制で、これにより同事件での実刑が確定した[81]

2017年6月頃よりペドロ・パブロ・クチンスキ大統領がフジモリの獄死を回避するため、医師団が健康上問題ないと判断すれば恩赦を実施する意向を表明。12月23日にフジモリは急激な血圧の低下と心拍異常によりリマ市内の病院に入院し、翌12月24日にクチンスキはフジモリを含む8人の恩赦を決定した[82][83][84]。同年11月にはクチンスキの汚職疑惑を受けて罷免決議案が野党フエルサ・ポプラル(フジモリ派)によって議会に上程されたが、フジモリの次男ケンジによって反対票が取りまとめられ、11月21日の採決では決議案は否決、クチンスキの首がつながったという経緯があったため、恩赦に否定的な勢力からは野党議員に対し、罷免反対票とフジモリ恩赦の取引が行われたと非難が巻き起こり、恩赦に反対するデモも発生した[84]

恩赦後、フジモリは病床からビデオメッセージをフェイスブックに投稿し、今後は政界には戻らずクチンスキ政権へ協力することと、自らの大統領時代に強権を行使したことへの謝罪の言葉を口にした[84]。2018年1月4日、リマ市内の病院を退院し、約10年ぶりに自由の身となった[85]。しかし同年10月3日になって最高裁は、フジモリの健康状態は自由にしなければならないほど悪くはないとして恩赦を取り消し、フジモリの身柄を拘束するよう命じた[86]。直後にフジモリは体調不良で入院し、長女で政治家のケイコ・フジモリは不服を訴えた[87]が、そのケイコは同年10月10日、ブラジルに端を発し南米各国(少なくとも11ヶ国を)巻き込んだ「オペレーション・カー・ウォッシュOperation Car Wash)」と呼ばれるマネーロンダリング事件にブラジル企業オデブレヒトを介して関わったとして、身柄を拘束されている[88][89]

評価[編集]

アルベルト・フジモリは第一次アラン・ガルシア政権時代(1985-90)に混迷を深めたペルー経済を立て直し、麻薬組織および左翼ゲリラを中心としたペルー国内の混乱に歯止めをかけた実績が評価されている。しかし、1993年の軍事クーデター以後に顕著となった言論統制を含めた牽強付会で腐敗の多い権威主義的な統治を批判する者も多い。とりわけ憲法の真正解釈法による三選は議論をよび、その亡命による辞任はペルー国内で激しい反発を招いた。

人物[編集]

日本においては、曾野綾子石原慎太郎徳田虎雄須田慎一郎と親交があることで知られる。

日本語が非常に堪能であることも知られているが、時折、スペイン語が混じることがある。

日本語の著作[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同法第16条には、国籍の選択宣言をした日本国民が自己の志望で外国の国籍の必要な公務員になった場合に、その就任が日本の国籍を選択した趣旨に著しく反すると認めるときは、法務大臣は聴聞を経て日本国籍を喪失させることができる旨の規定があるが、フジモリは「みなし選択宣言者」で「実際に選択宣言を届け出た者」とは区別されるため、この第16条は適用されない。)
  2. ^ フジモリ側は、民主党が嘘をついていると反論した[80]

出典[編集]

  1. ^ “ペルーのフジモリ元大統領に恩赦 健康上の理由で” (英語). BBCニュース. (2017年12月25日). https://www.bbc.com/japanese/42476068 2018年12月13日閲覧。 
  2. ^ ペルー最高裁、フジモリ氏の恩赦取り消し 拘束…(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2018年12月13日閲覧。
  3. ^ ペルー最高裁、フジモリ氏の恩赦を取り消し” (日本語). www.afpbb.com. 2018年12月13日閲覧。
  4. ^ País, Ediciones El (1997年5月8日). “"La dictadura de Fujimori se ha consolidado"” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/1997/05/08/portada/863042402_850215.html 2018年12月13日閲覧。 
  5. ^ La dictadura de Fujimori: marionetismo, corrupción y violaciones de los derechos humanos - Nürnberger Menschenrechtszentrum”. www.menschenrechte.org. 2018年12月13日閲覧。
  6. ^ Diariocrítico.com. “La burla final de Fujimori: sale de la clínica pese a su enfermedad 'terminal'” (スペイン語). Diariocrítico.com. 2018年12月13日閲覧。
  7. ^ Proética insta a no olvidar que Fujimori es uno de los ex presidentes más corruptos del mundo” (スペイン語). Proética | Capítulo Peruano de Transparency International (2006年5月17日). 2018年12月13日閲覧。
  8. ^ País, Ediciones El (2000年11月22日). “El Parlamento debate la incapacidad moral de Fujimori y se dispone a elegir a Paniagua” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/2000/11/22/internacional/974847602_850215.html 2018年12月13日閲覧。 
  9. ^ País, Ediciones El (2000年11月20日). “Fujimori anuncia su dimisión desde Japón” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/2000/11/20/internacional/974674802_850215.html 2018年12月13日閲覧。 
  10. ^ PERÚ21, Redacción (2018年10月3日). “Alberto Fujimori: Estos son los 5 casos por los que ya fue condenado ex presidente” (スペイン語). Peru21. 2018年12月13日閲覧。
  11. ^ 「アルトス地区の虐殺」とは1991年11月3日、ペルーの首都リマ近郊のアルトスで起こった軍隊による虐殺事件。アルトス地区は伝統的で人気のある地区。誤ってセンデロ・ルミノソのテロリスト組織に関係していると見られた15人が殺害され(これには8歳の少年もふくまれていた)、4人が負傷した。攻撃はペルー軍のメンバーによって形成されたコリーナ部隊によるものだった。この虐殺は、フジモリ大統領政権が犯した人権侵害の象徴として見られ、2003年に日本への身柄引き渡し要求に際して、ペルー政府が援用した犯罪の一つだった。
  12. ^ フジモリ元大統領に禁固25年、民間人25人殺害で有罪 ペルー最高裁” (日本語). www.afpbb.com. 2018年12月13日閲覧。
  13. ^ BBC Mundo - América Latina - 25 años de cárcel para Fujimori” (スペイン語). www.bbc.com. 2018年12月13日閲覧。
  14. ^ EL ALLANAMIENTO ILEGAL DE ALBERTO FUJIMORI A LA VIVIENDA DE TRINIDAD BECERRA”. HISTORIA DEL PERÚ. 2018年12月13日閲覧。
  15. ^ ペルーのフジモリ元大統領、横領罪などで禁固7年6月” (日本語). www.afpbb.com. 2018年12月13日閲覧。
  16. ^ フジモリ氏、比例区で落選「日本への気持ち変わらない」”. www.asahi.com. 2018年12月13日閲覧。
  17. ^ Redacción (2017年4月5日). “A 25 años del autogolpe en Perú: ¿por qué el fujimorismo sigue siendo tan popular?” (英語). BBC News Mundo. https://www.bbc.com/mundo/noticias-america-latina-39494792 2018年12月14日閲覧。 
  18. ^ Fowks, Jacqueline; Cué, Carlos E. (2016年6月7日). “Fujimori dominará con holgura el nuevo Congreso” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/internacional/2016/06/06/america/1465242963_372423.html 2018年12月13日閲覧。 
  19. ^ Keiko Fujimori | Richard Concepción Carhuancho dictó 36 meses de prisión preventiva contra Keiko Fujimori” (スペイン語). RPP. 2018年12月18日閲覧。
  20. ^ エル・ムンド 1997年7月26日
  21. ^ a b c 外務省,1996.
  22. ^ a b 衆議院,2001.
  23. ^ Valenzuela, Cecilia (1997). “Buscando La Cuna De Fujimori”. Caretas (1475): 27. http://www.caretas.com.pe/1475/fujimori/fujimori.htm. 
  24. ^ Dartnell, Michael York (2006年). “Insurgency Online: Web Activism and Global Conflict”. Toronto: University of Toronto Press. p. 77. ISBN 0802087477 
  25. ^ Orin Starn、 Carlos Iván Kirk、 Carlos Iván Degregori(2009年)『The Peru Reader: History, Culture, Politics』Part V 270頁
  26. ^ Stefano Varese(2004年)『Salt of the Mountain: Campa Asháninka History and Resistance in the Peruvian Jungle』xxix
  27. ^ Stefano Varese, ‎Alberto Chirif(2006年)『Witness to Sovereignty: Essays on the Indian Movement in Latin America』63頁
  28. ^ “左派離反で窮地のペルー政権 存在感増すフジモリ元大統領”. 産経ニュース. (2017年12月27日). https://www.sankei.com/world/news/171227/wor1712270029-n1.html 2018年7月16日閲覧。 
  29. ^ Carlos Tubino: "¿Quién es el ingeniero Fujimori para estar llamando?"” (スペイン語). Diario Correo (2017年12月29日). 2018年12月15日閲覧。
  30. ^ “Peru: Treatment of ethnic Chinese in Lima, particularly attacks against ethnic Chinese or other Asians since the fall of President Fujimori; targetting of Chinese residents due to their ethnicity; protection available from criminal activities, particularly from robberies (Nov. 2000-Dec. 2001)”. refworld. (2001年12月21日). http://www.refworld.org/docid/3df4be93e.html 2018年9月10日閲覧。 
  31. ^ Alex E. Fernández Jilberto、 Barbara Hogenboom 『Latin America Facing China: South-South Relations beyond the Washington Consensus』137頁 CEDLA Latin America Studies
  32. ^ https://elpais.com/diario/1990/04/10/internacional/639698402_850215.html
  33. ^ “Periodo parlamentario 1990-1992 del Congreso de la República del Perú” (スペイン語). Wikipedia, la enciclopedia libre. (2018-12-09). https://es.wikipedia.org/w/index.php?title=Periodo_parlamentario_1990-1992_del_Congreso_de_la_Rep%C3%BAblica_del_Per%C3%BA&oldid=112548444. 
  34. ^ Revista GENTE, 15 de enero de 1992
  35. ^ EC, Redacción (2018年4月5日). “Alberto Fujimori: 26 años del autogolpe del 5 de abril” (スペイン語). El Comercio. 2018年12月14日閲覧。
  36. ^ Morote, Aldo Ruiz (2017年4月5日). ““Tras el 5 de abril, Fujimori empezó a gobernar sin control”” (スペイン語). El Comercio. 2018年12月14日閲覧。
  37. ^ グスタボ・ゴリッティ自身による誘拐当日の回顧記事。 https://elpais.com/diario/1992/04/08/internacional/702684001_850215.html
  38. ^ Es cierto que la propia Constitución prevé los mecanismos para su modificación, pero es igualmente cierto que (...) (ello) vendría a significar que, casi al término del presente mandato, recién contaríamos con los instrumentos legales necesarios para la reconstrucción general del Perú. (...) ¿Cuál es la institución o mecanismo que permitiría realizar todos los cambios profundos que a su vez hagan posible el despegue del Perú? Sin lugar a dudas ni el Parlamento, ni el Poder Judicial son hoy por hoy agentes de cambio, sino más bien freno a la transformación y el progreso. Como Presidente de la República, he constatado directamente todas estas anomalías y me he sentido en la responsabilidad de asumir una actitud de excepción para procurar aligerar el proceso de esta reconstrucción nacional, por lo que he decidido tomar las siguientes trascendentales medidas. 1. Disolver temporalmente el Congreso de la República, hasta la aprobación de una nueva estructura orgánica del Poder Legislativo, la que se aprobará mediante un plebiscito nacional. 2. Reorganizar totalmente el Poder Judicial, el Consejo Nacional de la Magistratura, el Tribunal de Garantías Constitucionales, y el Ministerio Público para una honesta y eficiente administración de justicia. 3. Reestructurar la Contraloría General de la República con el objeto de lograr una fiscalización adecuada y oportuna de la administración pública, que conduzca a sanciones drásticas a los responsables de la malversación de los recursos del Estado. Alberto Fujimori Fujimori, 5 de abril de 1992.
  39. ^ Cruz, Rodrigo (2017年7月22日). “La última batalla de los militares que se rebelaron al autogolpe de Alberto Fujimori” (スペイン語). El Comercio. 2018年12月14日閲覧。
  40. ^ El corto triunfo del 'sí' en el referéndum de Perú supone un revés para Fujimori”. 2018年12月14日閲覧。
  41. ^ Perú: Constitutional Referendum Results / Resultados del Referendum Constitucional”. pdba.georgetown.edu. 2018年12月14日閲覧。
  42. ^ https://elpais.com/diario/1992/07/18/internacional/711410410_850215.html
  43. ^ https://elpais.com/diario/2008/04/20/internacional/1208642405_850215.html
  44. ^ País, Ediciones El (1992年9月14日). “Fujimori desarticula la cúpula de Sendero Luminoso” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/1992/09/14/internacional/716421613_850215.html 2018年12月14日閲覧。 
  45. ^ País, Ediciones El (2000年7月31日). “Fujimori esgrime el terror vivido con Sendero Luminoso para amedrentar a la oposición” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/2000/07/31/internacional/964994404_850215.html 2018年12月14日閲覧。 
  46. ^ País, Ediciones El (2008年10月11日). “14 muertos en un ataque de Sendero Luminoso en la selva peruana” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/2008/10/11/internacional/1223676010_850215.html 2018年12月14日閲覧。 
  47. ^ 50. La CVR constata que a partir de 1985 las fuerzas policiales llegaron a tener un conocimiento más acertado de la organización y formas de acción de los grupos subversivos, hasta que el trabajo de inteligencia operativa de la DINCOTE (antes DIRCOTE) logró las impecables capturas de los principales dirigentes subversivos. Destacan entre ellos las de Víctor Polay Campos, del MRTA, el 9 de junio de 1992, y la de Abimael Guzmán Reinoso, del PCP-SL, el 12 de septiembre del mismo año. Estas capturas constituyeron un factor fundamental para conseguir la derrota estratégica de la subversión y el terrorismo. 100. La CVR ha constatado que, a partir de 1992, la nueva estrategia contrasubversiva puso énfasis en la eliminación selectiva de las organizaciones político-administrativas (OPA) de los grupos subversivos. Vinculado a Vladimiro Montesinos actuó un escua-drón de la muerte denominado «Colina», responsable de asesinatos, desapariciones forzadas, y masacres con crueldad y ensañamiento. La CVR posee indicios razonables para afirmar que el presidente Alberto Fujimori, su asesor Vladimiro Montesinos y altos funcionarios del SIN tienen responsabilidad penal por los asesinatos, desaparicio-nes forzadas y masacres perpetradas por el escuadrón de la muerte denominado «Colina». CVR - Conclusiones generales
  48. ^ Comisión de la Verdad y Reconciliación”. www.cverdad.org.pe. 2018年12月17日閲覧。
  49. ^ Tiempo, Casa Editorial El (1995年6月17日). “PERÚ: FUJIMORI JUSTIFICA LA LEY DE AMNISTÍA” (spanish). El Tiempo. 2018年12月15日閲覧。
  50. ^ “[http://www.verdadyreconciliacionperu.com/admin/files/articulos/1417_digitalizacion.pdf Leyes de Amnistía: Sin ningún efecto por decisión de la Corte]”. 2018年12月15日閲覧。
  51. ^ "Interprétase de modo auténtico, que la reelección a que se refiere el Artículo 112o. de la Constitución, está referida y condicionada a los mandatos presidenciales iniciados con posterioridad a la fecha de promulgación del referido texto constitucional. En consecuencia, interprétase auténticamente, que en el cómputo no se tiene en cuenta retroactivamente, los períodos presidenciales iniciados antes de la vigencia de la Constitución."Ley Nº 26657
  52. ^ Hace 20 años comenzó la crisis de los rehenes en la embajada de Japón en Lima” (英語). elnuevoherald. 2018年12月15日閲覧。
  53. ^ País, Ediciones El (1997年1月7日). “La crisis de los rehenes de Perú entra en una fase de peligrosa rutina” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/1997/01/07/internacional/852591611_850215.html 2018年12月15日閲覧。 
  54. ^ Fujimorismo: cuatro antecedentes del régimen cuando controló los medios”. 2018年12月15日閲覧。
  55. ^ El caso Ivcher derriba la imagen de Fujimori” (スペイン語). www.lanacion.com.ar (1997年9月22日). 2018年12月15日閲覧。
  56. ^ S.A.P, El Mercurio (2000年11月8日). “Gobierno peruano restituye nacionalidad peruana a Baruch Ivcher | Emol.com” (Spanish). Emol. 2018年12月15日閲覧。
  57. ^ Ecuador y Perú firman el Acta Presidencial de Brasilia”. www.elmundo.es. 2018年12月16日閲覧。
  58. ^ País, Ediciones El (1998年10月27日). “Los presidentes de Perú y Ecuador firman la paz en Brasilia y delimitan su frontera” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/1998/10/27/internacional/909442811_850215.html 2018年12月16日閲覧。 
  59. ^ フジモリ大統領の強制避妊策の責任を追及する女性議員
  60. ^ ペルー先住民が強制された不妊手術の実態 ル・モンド・ディプロマティーク2004年5月号
  61. ^ ペルーへの支援実績について(1974年~2000年)
  62. ^ フジモリ氏への宿提供? 私は運命に従っただけ(毎日新聞 2000年12月3日付) 日本財団
  63. ^ 彼はフジモリ大統領罷免後に先住民初の同国大統領となった。
  64. ^ Elecciones generales de 2000” (スペイン語). Politikaperu (2007年2月10日). 2018年12月16日閲覧。
  65. ^ ¿Qué son los ‘Vladivideos’? Si viviste el gobierno de Fujimori, tal vez hayas olvidado esta parte | Aweita.pe” (スペイン語). aweita.larepublica.pe (2015年9月18日). 2018年12月16日閲覧。
  66. ^ Vilcachagua, Pablo (2018年3月21日). “De los ‘vladivideos’ a los ‘Kenjivideos’: La historia se vuelve a repetir [Crónica]” (スペイン語). Peru21. 2018年12月16日閲覧。
  67. ^ País, Ediciones El (2001年4月8日). “La red de extorsión de Montesinos, al descubierto” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/diario/2001/04/08/internacional/986680801_850215.html 2018年12月16日閲覧。 
  68. ^ El hombre que precipitó la caída del 'fujimorismo'”. 2018年12月16日閲覧。
  69. ^ Capturaron Montesinos en Venezuela”. 2018年12月16日閲覧。
  70. ^ Fujimori de huida”. 2018年12月16日閲覧。
  71. ^ "He vuelto, entonces, a interrogarme sobre la conveniencia para el país de mi presencia y participación en este proceso de transición. Y he llegado a la conclusión de que debo renunciar, formalmente, a la Presidencia de la República, situación que contempla nuestra Constitución, para, de este modo, abrir paso a una etapa de definitiva distensión política que permita una transición ordenada y, algo no menos importante, preservar la solidez de nuestra economía." Alberto Fujimori Fujimori, 19 de noviembre de 2000.
  72. ^ 大統領の空席による「道徳的無能」の宣告はペルー憲法上の罷免手続きを指す。 これはペルー共和国の歴史を通じて、特別な形で適用されてきた。歴史上において、これまで3件の例がある。1823年ホセ・デ・ラ・リヴァ・アグエロ大統領、1914年ギジェルモ・ビジングルスト・アングロ大統領、 2000年アルベルト・フジモリ大統領。
  73. ^ "Artículo 1°.- Declárase la permanente incapacidad moral del Presidente de la República, ciudadano Alberto Fujimori Fujimori, según lo establecido en el inciso 2) del artículo 113° de la Constitución Política del Perú. Artículo 2°.- Declárase la vacancia de la Presidencia de la República, debiendo aplicarse las normas de sucesión establecidas por el artículo 115° de la Constitución Política del Perú."Resolución Legislativa,21 de noviembre de 2000.
  74. ^ "De conformidad con el artículo 100° de la Constitución Política, y considerando la gravedad de los hechos denunciados contra el expresidente de la República, don Alberto Fujimori Fujimori y las evidentes infracciones constitucionales en que ha incurrido, se hace imperativo ejercer las atribuciones del Congreso de la República establecidas en el artículo 100° de la Carta Magna del Estado, para imponer sanción ejemplar, ha resuelto: Inhabilitar a don Alberto Fujimori Fujimori, expresidente de la República, para el ejercicio de toda función pública por diez años."Resolución Legislativa,23 de febrero de 2001.
  75. ^ Procuraduría Anticorrupción buscará ahora repatriar cuentas en Suiza | El Comercio Perú”. web.archive.org (2013年6月17日). 2018年12月17日閲覧。
  76. ^ 昭和59年5月25日法律第45号国籍法附則第3条(国籍の選択に関する経過措置)。
  77. ^ 国籍法 (日本)#多重国籍者の国籍選択制度
  78. ^ “フジモリ氏に「参院選出馬を」 国民新党”. asahi.com (朝日新聞). (2007年6月19日). http://www.asahi.com/senkyo2007/news/TKY200706190060.html 2016年10月16日閲覧。 
  79. ^ “フジモリ氏、参院選比例区出馬の声明 国民新党も発表”. asahi.com (朝日新聞). (2007年6月28日). http://www.asahi.com/senkyo2007/news/TKY200706280119.html 2016年10月16日閲覧。 
  80. ^ 週刊新潮』2007年7月12日号
  81. ^ フジモリ被告、禁固25年が確定=市民虐殺で最高裁判決-ペルー
  82. ^ “フジモリ氏に恩赦=12年ぶり自由の身へ-ペルー”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2017年12月25日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122500115&g=int 2017年12月25日閲覧。 
  83. ^ “ペルーのフジモリ元大統領への恩赦、年内発表も 罷免回避へ取引か 野党からの反発必至”. 産経新聞. (2017年12月25日). http://www.sankei.com/world/news/171225/wor1712250013-n1.html 2017年12月25日閲覧。 
  84. ^ a b c “フジモリ元大統領恩赦でデモと衝突続く 催涙ガスも”. BBC News. BBC. (2017年12月26日). http://www.bbc.com/japanese/42482638 2017年12月27日閲覧。 
  85. ^ “フジモリ元大統領が退院ペルー、10年ぶり自由の身”. 日本経済新聞. (2018年1月5日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO25353300V00C18A1FF8000 2018年1月5日閲覧。 
  86. ^ “ペルー最高裁、フジモリ氏の恩赦を取り消し”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年10月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/3192058 2018年10月5日閲覧。 
  87. ^ “フジモリ氏恩赦は「無効」=再収監へ-ペルー裁判所”. 時事ドットコム. 時事通信. (2018年10月4日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100400212&g=int 2018年10月4日閲覧。 
  88. ^ “フジモリ氏長女、資金洗浄の疑いで拘束 ペルー”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年10月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3192830 2018年10月11日閲覧。 
  89. ^ Romero, César (2018年10月17日). “Testigo reveló la operación para lavar aportes de dinero sucio” (スペイン語). https://larepublica.pe/politica/1339380-testigo-revelo-operacion-lavar-aportes-dinero-sucio 2018年12月17日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

人物[編集]

外部リンク[編集]