アドリアンネ (ブレーキンゲ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドリアンネ・アヴ・スヴェーリエ
Prinsessan Adrienne av Sverige
ベルナドッテ家
Prinsessan Adrienne vapen med Serafimerkors.svg
ブレーキンゲ公爵アドリアンネ王女の紋章

全名 Adrienne Josephine Alice
アドリアンネ・ヨセフィーネ・アリス
称号 ブレーキンゲ公爵
身位 Prinsessa(王女)
敬称 Hennes Kunglig Höghet(殿下、2019年まで)[1]
出生 (2018-03-09) 2018年3月9日(1歳)
 スウェーデンストックホルム
ダンデリード病院スウェーデン語版
父親 クリストファー・オニール
母親 マデレーン
テンプレートを表示
スウェーデン王室
Great coat of arms of Sweden.svg

カール16世グスタフ国王
シルヴィア王妃






ブレーキンゲ公爵アドリアンネ・ヨセフィーネ・アリス王女スウェーデン語: Prinsessan Adrienne Josephine Alice, hertiginna av Blekinge2018年3月9日 - )は、スウェーデン王女[2]ヘルシングランドおよびイェストリークランド公爵マデレーン王女クリストファー・オニールの間に第3子として生まれた。王位継承順位は姉のゴットランド公爵レオノール王女、兄のオンゲルマンランド公爵ニコラス王子に次ぐ第10位。

経歴[編集]

誕生[編集]

アドリアンネ王女は2018年3月9日に、ストックホルムダンデリード病院スウェーデン語版で生まれた。出生時の体重は3,465グラム、身長は50センチである[3]。同日、ストックホルムのシェップスホルメン島スウェーデン語版では王女の誕生を祝して21発の礼砲英語版が捧げられ、ヨーテボリカールスクルーナヘルネサンドスウェーデン語版ボーデンスウェーデン語版などでも同様に礼砲が捧げられた[4]3月12日ストックホルム宮殿晩餐会の広間スウェーデン語版で開催された閣議スウェーデン語版において、国王カール16世グスタフより新しいスウェーデン王女の名前と称号が発表された[2]。なお、アドリアンネに贈られた称号・ブレーキンゲ公爵は、ブレーキンゲの名を冠する初の公爵位である。その後、王宮付属の礼拝堂スウェーデン語版において「テ・デウム」による感謝拝が執り行われた。この礼拝には、王族や議会、政府代表などが参列している[5]

命名[編集]

アドリアンネという名前は、スウェーデン王族としては初めての命名である。ヨセフィーネは、彼女の父方の曾祖母ジョセフィン・シザーリオに由来しており、母親であるマデレーン王女のファースト・ネームとも共通している。アリスはシルヴィア王妃の母、彼女から見て母方の曾祖母であるアリス・ゾマラートスウェーデン語版に由来する[6]

洗礼[編集]

アドリアンネ王女は、2018年6月8日ドロットニングホルム宮殿の付属礼拝堂で洗礼を受けた。この礼拝堂は、姉のレオノール王女や兄のニコラス王子のバプテスマが行われた場所でもある[7]。アドリアンネのバプテスマは、ウプサラ大監督アンシェ・ヤケレン、ストレングネース監督ヨハン・ダルマンスウェーデン語版司祭ミカエル・ビェルクハーゲンスウェーデン語版らが中心となり執り行われた[8]。なお、長丁場の洗礼式に退屈したレオノール王女が途中で遊びだす光景も見られた[9][10]

王族身分の一部喪失[編集]

2019年10月7日、アドリアンネ王女を含めた国王カール16世グスタフの孫5人を、スウェーデン王室の正式な構成員から除名する決定が発表された[11]。王室構成員が増加したことにより、財政面での圧迫を問題視する声が増えたことに対する措置である[1][11]

これにより、アドリアンネ王女を含めた5人は、王子(Prins)、王女(Prinsessa)、それぞれの公爵号(Hertig, Hertiginna)は保持するが、殿下(Hans Kunglig Höghet, Hennes Kunglig Höghet)の敬称を失うこととなった[1][11]。また、王室から外れることで公務が免除されるが[12]、スウェーデン国民の税金から成る王室手当の支給もなくなる[1][11]。なお、「正式な」王室から外れても王室の一員ではあり続けるため、アドリアンネ王女の王位継承権は保持される見込みとなっている[11]

栄典[編集]

称号[編集]

  • ブレーキンゲ公爵アドリアンネ王女殿下(Hennes Kunglig Höghet Adrienne, Prinsessa av Sverige, Hertiginna av Blekinge、2018年 - 2019年)
  • ブレーキンゲ公爵アドリアンネ王女(Prinsessan Adrienne, Hertiginna av Blekinge、2019年 - )[13][1]

叙勲[編集]

系図[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e スウェーデン王室、国王の孫5人を王族から除外”. CNN (2019年10月8日). 2019年11月5日閲覧。
  2. ^ a b H.K.H. Prinsessan Adrienne Josephine Alice, hertiginna av Blekinge - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年3月12日閲覧。
  3. ^ Prinsessfamiljen hemma - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年3月12日閲覧。
  4. ^ “Prinsessan Madeleine har fött en dotter - DN.SE” (スウェーデン語). DN.SE. (2018年3月9日). https://www.dn.se/nyheter/sverige/prinsessan-madeleine-har-fott-barn/ 2018年3月12日閲覧。 
  5. ^ “Prinsessan ska heta Adrienne - DN.SE” (スウェーデン語). DN.SE. (2018年3月12日). https://www.dn.se/nyheter/sverige/i-dag-avslojas-prinsessans-namn/ 2018年3月12日閲覧。 
  6. ^ “Sveriges nya prinsessa ska heta Adrienne” (スウェーデン語). SvD.se. https://www.svd.se/i-dag-avslojas-prinsessans-namn 2018年4月17日閲覧。 
  7. ^ “Prinsessan Adrienne döps i Drottningsholms slottskyrka” (スウェーデン語). SVT Nyheter. (2018年3月27日). https://www.svt.se/nyheter/lokalt/stockholm/dags-for-annu-ett-kungligt-dop 2018年4月17日閲覧。 
  8. ^ Dopet - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年6月8日閲覧。
  9. ^ 儀式も撮影も完全無視!?レオノール王女の問題行動が物議”. NewsWalker. 2018年12月13日閲覧。
  10. ^ 世界が注目!スウェーデンのレオノール王女が妹の洗礼式でやりたい放題【映像】”. Aol.. 2018年12月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e スウェーデン国王、孫5人を王室から除名 「増え過ぎ」の声うけ”. BBC (2019年10月8日). 2019年11月5日閲覧。
  12. ^ スウェーデン王室 国王の孫5人の将来の公務を免除”. NHK (2019年10月8日). 2019年11月5日閲覧。
  13. ^ Riksmarskalkens kommuniké
  14. ^ Krona och Serafimerorden - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年6月8日閲覧。
上位:
ニコラス王子
オンゲルマンランド公爵
スウェーデン王位継承権者
継承順位第 10
下位:
なし
上位:
ニコラス王子
オンゲルマンランド公爵
イギリス王位継承順位
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位: