アドリアンネ (ブレーキンゲ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アドリアンネ・アヴ・スヴェーリエ
Prinsessan Adrienne av Sverige
ベルナドッテ家
Prinsessan Adrienne vapen med Serafimerkors.svg
ブレーキンゲ公爵アドリアンネ王女の紋章

全名 Adrienne Josephine Alice
アドリアンネ・ヨセフィーネ・アリス
称号 ブレーキンゲ公爵
身位 Prinsessa(王女)
敬称 Hennes Kunglig Höghet(殿下、2019年まで)[1]
出生 (2018-03-09) 2018年3月9日(4歳)
 スウェーデンストックホルム
ダンデリード病院スウェーデン語版
父親 クリストファー・オニール
母親 マデレーン
テンプレートを表示
スウェーデン王室
Great coat of arms of Sweden.svg

カール16世グスタフ国王
シルヴィア王妃






ブレーキンゲ公爵アドリアンネ・ヨセフィーネ・アリス王女スウェーデン語: Prinsessan Adrienne Josephine Alice, hertiginna av Blekinge2018年3月9日 - )は、スウェーデン王女[2]ヘルシングランドおよびイェストリークランド公爵マデレーン王女クリストファー・オニールの間に第3子として生まれた。王位継承順位は姉のゴットランド公爵レオノール王女、兄のオンゲルマンランド公爵ニコラス王子に次ぐ第10位。

経歴[編集]

誕生[編集]

アドリアンネ王女は2018年3月9日に、ストックホルムダンデリード病院スウェーデン語版で生まれた。出生時の体重は3,465グラム、身長は50センチである[3]。同日、ストックホルムのシェップスホルメン島スウェーデン語版では王女の誕生を祝して21発の礼砲英語版が捧げられ、ヨーテボリカールスクルーナヘルネサンドスウェーデン語版ボーデンスウェーデン語版などでも同様に礼砲が捧げられた[4]3月12日ストックホルム宮殿晩餐会の広間スウェーデン語版で開催された閣議スウェーデン語版において、国王カール16世グスタフより新しいスウェーデン王女の名前と称号が発表された[2]。なお、アドリアンネに贈られた称号・ブレーキンゲ公爵は、ブレーキンゲの名を冠する初の公爵位である。その後、王宮付属の礼拝堂スウェーデン語版において「テ・デウム」による感謝拝が執り行われた。この礼拝には、王族や議会、政府代表などが参列している[5]

命名[編集]

アドリアンネという名前は、スウェーデン王族としては初めての命名である。ヨセフィーネは、彼女の父方の曾祖母ジョセフィン・シザーリオに由来しており、母親であるマデレーン王女のファースト・ネームとも共通している。アリスはシルヴィア王妃の母、彼女から見て母方の曾祖母であるアリス・ゾマラートスウェーデン語版に由来する[6]

洗礼[編集]

アドリアンネ王女は、2018年6月8日ドロットニングホルム宮殿の付属礼拝堂で洗礼を受けた。この礼拝堂は、姉のレオノール王女や兄のニコラス王子のバプテスマが行われた場所でもある[7]。アドリアンネのバプテスマは、ウプサラ大監督アンシェ・ヤケレン、ストレングネース監督ヨハン・ダルマンスウェーデン語版司祭ミカエル・ビェルクハーゲンスウェーデン語版らが中心となり執り行われた[8]。なお、長丁場の洗礼式に退屈したレオノール王女が途中で遊びだす光景も見られた[9][10]

王族身分の一部喪失[編集]

2019年10月7日、アドリアンネ王女を含めた国王カール16世グスタフの孫5人を、スウェーデン王室の正式な構成員から除名する決定が発表された[11]。王室構成員が増加したことにより、財政面での圧迫を問題視する声が増えたことに対する措置である[1][11]

これにより、アドリアンネ王女を含めた5人は、王子(Prins)、王女(Prinsessa)、それぞれの公爵号(Hertig, Hertiginna)は保持するが、殿下(Hans Kunglig Höghet, Hennes Kunglig Höghet)の敬称を失うこととなった[1][11]。また、王室から外れることで公務が免除されるが[12]、スウェーデン国民の税金から成る王室手当の支給もなくなる[1][11]。なお、「正式な」王室から外れても王室の一員ではあり続けるため、アドリアンネ王女の王位継承権は保持される見込みとなっている[11]

栄典[編集]

称号[編集]

  • ブレーキンゲ公爵アドリアンネ王女殿下(Hennes Kunglig Höghet Adrienne, Prinsessa av Sverige, Hertiginna av Blekinge、2018年 - 2019年)
  • ブレーキンゲ公爵アドリアンネ王女(Prinsessan Adrienne, Hertiginna av Blekinge、2019年 - )[13][1]

叙勲[編集]

系図[編集]

アドリアンネ王女の系譜
8. ポール・ホリアン・オニール
4. ポール・シザーリオ・オニール
9. ジョセフィン・シザーリオ
2. クリストファー・オニール
10. オットー・ヴァルター
5. エヴァ・マリア・ヴァルター
11. マリア・ミヒル
1. ブレーキンゲ公爵アドリアンネ王女
12. ヴェステルボッテン公爵グスタフ・アドルフ王子
6. カール16世グスタフ国王
13. ヴェステルボッテン公爵夫人シビラ王女
3. ヘルシングランドおよびイェストリークランド公爵マデレーン王女
14. ヴァルター・ゾマラートスウェーデン語版
7. シルヴィア王妃
15. アリス・ゾマラートスウェーデン語版

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e スウェーデン王室、国王の孫5人を王族から除外”. CNN (2019年10月8日). 2019年11月5日閲覧。
  2. ^ a b H.K.H. Prinsessan Adrienne Josephine Alice, hertiginna av Blekinge - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年3月12日閲覧。
  3. ^ Prinsessfamiljen hemma - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年3月12日閲覧。
  4. ^ “Prinsessan Madeleine har fött en dotter - DN.SE” (スウェーデン語). DN.SE. (2018年3月9日). https://www.dn.se/nyheter/sverige/prinsessan-madeleine-har-fott-barn/ 2018年3月12日閲覧。 
  5. ^ “Prinsessan ska heta Adrienne - DN.SE” (スウェーデン語). DN.SE. (2018年3月12日). https://www.dn.se/nyheter/sverige/i-dag-avslojas-prinsessans-namn/ 2018年3月12日閲覧。 
  6. ^ “Sveriges nya prinsessa ska heta Adrienne” (スウェーデン語). SvD.se. https://www.svd.se/i-dag-avslojas-prinsessans-namn 2018年4月17日閲覧。 
  7. ^ “Prinsessan Adrienne döps i Drottningsholms slottskyrka” (スウェーデン語). SVT Nyheter. (2018年3月27日). https://www.svt.se/nyheter/lokalt/stockholm/dags-for-annu-ett-kungligt-dop 2018年4月17日閲覧。 
  8. ^ Dopet - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年6月8日閲覧。
  9. ^ 儀式も撮影も完全無視!?レオノール王女の問題行動が物議”. NewsWalker. 2018年12月13日閲覧。
  10. ^ 世界が注目!スウェーデンのレオノール王女が妹の洗礼式でやりたい放題【映像】”. Aol.. 2018年12月13日閲覧。
  11. ^ a b c d e スウェーデン国王、孫5人を王室から除名 「増え過ぎ」の声うけ”. BBC (2019年10月8日). 2019年11月5日閲覧。
  12. ^ スウェーデン王室 国王の孫5人の将来の公務を免除”. NHK (2019年10月8日). 2019年11月5日閲覧。
  13. ^ Riksmarskalkens kommuniké
  14. ^ Krona och Serafimerorden - Sveriges Kungahus” (スウェーデン語). www.kungahuset.se. 2018年6月8日閲覧。
上位
ニコラス王子
オンゲルマンランド公爵
スウェーデン王位継承権者
継承順位第10
下位
なし
上位
ニコラス王子
オンゲルマンランド公爵
イギリス王位継承順位
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位