2018年の朝鮮民主主義人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

2018年の朝鮮民主主義人民共和国 (2018ねんのちょうせんみんしゅしゅぎきょうわこく)では、2018年主体107年)の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に関する出来事について記述する。

概要[編集]

最高指導者等[編集]

できごと[編集]

なおこの節では、大韓民国(韓国)を北朝鮮での呼び方である「南朝鮮」と表記する。また金正恩党委員長は、太字で表記する。

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月5日 - 敬愛する最高指導者、金正恩同志が南朝鮮大統領の特使代表団のメンバーと会見された。[5]

4月[編集]

5月[編集]

同校のサイモン・オハンロン氏も、「病原体が広がるきっかけは、何か1つの出来事だったかもしれませんし、いくつかの出来事の積み重ねだったのかもしれません。あるいは、何らかの人為的な大事件だった可能性もあります。例えば、朝鮮戦争のような」と語った。
また、世界各国の研究者58人から成る研究チームが、この真菌がどこから広がり始めたのかを明らかにした。学術誌「サイエンス」に5月11日付けで掲載された画期的な研究で、カエルツボカビが現れた最も有力な場所と年代を1950年代の朝鮮半島とした。
具体的には、トンネルの土砂を運び出すためのトロッコが解体されたほか線路は撤去されたようだと指摘。「実験場の廃棄が始まっていることを示す決定的な証拠だ」と分析している。
一方、いくつかの建物はそのまま残されているが、これは北朝鮮が発表したように、来週、海外メディアの前で爆破や撤去が行われるのではないかとの見方を示している。

閣僚級会談には、北朝鮮側から祖国平和統一委員会(CPRK)李善権中国語版委員長率いる29人の代表団が派遣される見込み。代表団には鉄道省幹部などが含まれる。

韓国側からは趙明均統一相率いる5人のチームが参加する。
聯合ニュースによると、小型の船が北朝鮮との境界に近い白翎島の北の沖合で発見された。船には朝鮮人民軍の少佐と民間人が乗っており、2人とも亡命を希望したという。 韓国海洋警察はこの件について関連当局が調査を行っているとしたが、詳しい情報は明かさなかった。
また、「ニュース1」は、4カ所ある坑道のうち3カ所が爆破されたと速報した。同通信社は取材を許可された米英中露韓5カ国の一つ。爆破が確認されていない残り1カ所の状態は不明。 同通信社によると、実験場坑道は4カ所あり、東側1番の坑道は2006年10月第1回の核実験放射性物質が漏れ、閉鎖中。0917年に行われた2~6回目の核実験は、いずれも北側の2番坑道が利用され、昨年9月の6回目の核実験で地盤が崩壊した。12年に掘削が完了した西側の第3坑道と、掘削中の南側第4坑道は未使用の状態。
また、ロイター通信は、ホワイトハウスは、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を公開し、今行うのは不適切と報じた。
共和国側が協議になお前向きだとする融和的な声明を出したことを歓迎し、「どうなるかみてみよう」「12日の可能性さえある。実現させたい」と述べた。

6月[編集]

ホワイトハウスサンダース報道官6月5日、ツイッターで、「トランプ大統領北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長の会談場所は、セントーサ島のホテル『カペラ』だ」と発表した。

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

予定[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

時期未定[編集]

  • 南朝鮮文在寅大統領の今秋の共和国訪問
  • 年度末までには、半島の完全非核化
  • 年度末までには、朝鮮戦争の終戦
  • 朝鮮半島における恒久的な平和の定着
  • 軍事境界線から幅4キロの非武装地帯(DMZ)を、「実質的な平和地帯」とする

周年[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 牧野愛博 「金正恩氏、米本土攻撃可能なICBMの実戦配備を宣言」 朝日新聞 2018年1月1日付、2018年1月3日閲覧.
  2. ^ 牧野愛博 「北朝鮮が軍事パレード ICBMらしき機体も登場」 朝日新聞 2018年2月9日付、2018年2月10日閲覧.
  3. ^ ニューズウィーク日本版「北朝鮮、五輪閉会式に韓国軍哨戒艦攻撃の金英哲・労働党副委員長を派遣」 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9590.php
  4. ^ NHK:米政府 対北朝鮮で「過去最大」の制裁措置を発表 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180224/k10011341191000.html
  5. ^ 우리민족끼리 3월6일 <기록영화>"경애하는 최고령도자 김정은동지께서 남조선대통령의 특사대표단 성원들을 접견하시였다." http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=centertv&no=38355
  6. ^ “속보 靑 “北, 풍계리 핵실험장 폐쇄 때 대외 공개키로 합의””. 동아일보. (2018年4月29日). http://news.donga.com/home/3/all/20180429/89850717/1 2018年4月29日閲覧。 
  7. ^ “속보:靑 “30분 늦은 北 표준시, 서울 표준시로 통일””. 동아일보. (2018年4月29日). http://news.donga.com/home/3/all/20180429/89850807/1 2018年4月29日閲覧。 
  8. ^ “北 최고인민회의 "평양시간 5월 5일부터 고칠 것"(속보)”. 聯合ニュース. (2018年4月30日). http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20180430007700014&site=hl1 2018年4月30日閲覧。 
  9. ^ “경애하는 최고령도자 김정은동지께서 조선민주주의인민공화국 표준시간을 다시 재정활대 대하여 제의하시였다”. 労働新聞. (2018年4月30日). http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_04_01 2018年4月30日閲覧。 
  10. ^ The highly anticipated meeting Donald Trump Twitter 2018-5-10
  11. ^ “米朝首脳会談、シンガポールで開催 6月12日 トランプ氏が発表”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2018年5月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30349510Q8A510C1MM8000/ 2018年5月10日閲覧。 
朝鮮中央テレビ17時・20時「報道」より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]