2019年の朝鮮民主主義人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2019年の朝鮮民主主義人民共和国(2019ねんのちょうせんみんしゅしゅぎきょうわこく、朝鮮語: 2019년 조선민주주의인민공화국)では、2019年主体108年)の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に関する出来事について記述する。

概要[編集]

2019年の朝鮮民主主義人民共和国の対外政策は、米中露や社会主義諸国との友好関係および反日政策が変わらず引き継がれている一方で、朝鮮半島南部との関係は2月末を境に急速に冷却化した。前年(2018年)に醸成された北南朝鮮間の友好ムードは、2019年2月まで概ね維持されていたが、2月末にベトナムの首都ハノイで開催された2度目の米朝首脳会談において大きな外交成果が得られなかったことを契機に、金正恩委員長は朝鮮半島南部を実効支配する文在寅政権朝鮮語版を見限り、それまでの友好的な対南政策を放棄したのである。

2019年3月以降の共和国は、南部との関係を冷却化させたのと対照的に、金正恩体制の存亡を左右し得る米中露3ヶ国との更なる関係強化を図った。具体的に、金正恩委員長はアメリカ合衆国ドナルド・トランプ大統領、中国習近平党総書記国家主席およびロシアウラジーミル・プーチン大統領と首脳会談をしている。こうして後顧の憂いを絶った上で、共和国は、アメリカ合衆国の領土に届かない射程の短距離弾道ミサイル日本海に向けて相次いで発射し、朝鮮半島南部や日本に軍事的圧力をかけて国威を高揚した。

最高指導者等[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月4日 - 午前9時6分頃、共和国東岸の元山付近から東方沖の日本海へ向けて複数の短距離ミサイル(飛翔体)[12]が発射された。飛行距離は70~200kmであった(いずれも大韓民国合同参謀本部朝鮮語版英語版による発表に基く)[13]
  • 5月5日 - 朝鮮中央通信などの共和国メディアが、前日に発射された短距離ミサイル(飛翔体)[12]発射現場に「防御部隊の火力打撃訓練」の指導を目的として金正恩委員長が立ち合っていたことを発表した[14]
  • 5月9日 - 午後4時29分頃、共和国北西部の中朝国境に近い平安北道亀城市から、東に向かって2発の短距離ミサイルが発射された。飛行距離は一発目が420km、二発目が270kmであった(大韓民国合同参謀本部による発表に基く)[15]
  • 5月10日 - 朝鮮中央通信が、4日および9日のミサイル発射訓練について「防衛部隊の能力の一層の増強」を目指し金正恩委員長が「朝鮮人民軍の防衛部隊の打撃訓練を指導した」ものであることを明らかにした[16]
  • 5月25日 - ロシア連邦政府より、世界食糧計画(WFP)を通じた支援物資として共和国に小麦が到着した(翌26日に朝鮮中央通信が報道)[17]
  • 5月31日 - 2月末の米朝首脳会談で事務レベル交渉を担当した金革哲らが対米スパイ行為を働いた廉により3月某日に美林飛行場英語版で銃殺されたほか、対米交渉を統括していた朝鮮労働党副委員長の金英哲が「革命化教育」と呼ばれる強制労働をさせられており、金正恩の実妹である朝鮮労働党中央委員会第一副部長の金与正が謹慎処分を受けた、と朝鮮日報が報じたが[18]、後日、フェイクニュースであることが判明した[19]。なお、後に金英哲と金与正の健在が確認されたが、金革哲の消息は不明なままである。

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月25日 - 1発目は午前5時34分ごろ、2発目は同5時57分ごろ、北朝鮮東岸の元山(ウォンサン)市付近から短距離の飛翔体が発射され、少なくとも片方は約690キロ飛行して日本海に落下した[26]
  • 7月31日 - 未明、弾道ミサイル2発を東部・元山(ウォンサン)市付近から日本海側に向けて発射した。250キロ飛行し、日本海に落下した。最高高度は30キロに達した[27]

8月[編集]

  • 8月6日 - 午前5時半ごろ、南西部の黄海南道から日本海に向けて短距離弾道ミサイルと推定される2発の飛翔体を発射した。飛行距離は約450キロ、高度は約37キロ。北朝鮮は5日に始まった米韓合同軍事演習に反発している[28]
  • 8月10日 - 朝早く、東部のハムギョン(咸鏡)南道ハムン(咸興)付近から日本海に向けて飛翔体を2回発射した[29]
  • 8月16日 - 午前8時すぎ、南東部の江原道・通川(トンチョン)から日本海に向けて2発の飛翔体を発射したと明らかにした。飛行距離は約230キロメートルで高度は約30キロメートル、最大速度はマッハ6.1だった[30]
  • 8月21日 - 平壌常駐の在朝鮮民主主義人民共和国ベネズエラ大使館が開設された[31]
  • 8月24日 - 朝6時45分ごろと7時2分ごろの2回、東部の咸鏡南道宣徳付近から日本海に向かって弾道ミサイルを発射した。高度は最高97キロメートルで、飛距離は約380キロメートル、最高速度はマッハ6.5以上と探知したという[32]

9月[編集]

  • 9月10日 - 午前、西部の平安南道(ピョンアンナムド)の内陸域から未確認の飛翔体2発を東方向に発射した[33]

10月[編集]

  • 10月2日 - 朝、江原道の元山付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を発射した[34]
  • 10月31日 - 午後、中部の平安南道から日本海方向に向けて飛翔(ひしょう)体を2発発射した。日本政府関係者によると200キロ超飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられる[35]

予定[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

周年[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 北朝鮮大使館に男ら侵入、職員を拘束 スペイン当局が捜査 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
  2. ^ 金正恩国務委員長がトランプ米大統領と対面し、単独歓談と夕食を共にする | ネナラ
  3. ^ 金正恩党委員長がベトナムを公式親善訪問 | ネナラ
  4. ^ 金正恩委員長がベトナム人民会議議長と対面 | ネナラ
  5. ^ 金正恩委員長がベトナム首相と対面 | ネナラ
  6. ^ 焦点:スペインの北朝鮮大使館襲撃、反体制組織「自由朝鮮」とは - ロイター
  7. ^ 東京新聞:北「大使館襲撃はテロ」 2月の事件 スペインに捜査要求:国際(TOKYO Web)
  8. ^ a b 北朝鮮が人事刷新、最高人民会議常任委員長に崔竜海氏=KCNA - ロイター
  9. ^ 新型戦術誘導兵器の試射を指導 | ネナラ
  10. ^ ロシアのウラジオストク市に到着 | ネナラ
  11. ^ 「安全保障で戦術的協同」金正恩氏とプーチン氏が会談 | DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)
  12. ^ a b 当初、大韓民国合同参謀本部は北朝鮮が発射した飛翔体を短距離ミサイルと発表していたが、追加発表では単に「飛翔体」とした。朝鮮半島南部を実効支配する文在寅政権朝鮮語版も、ミサイルではなく「飛翔体」として同事件について言及している。
  13. ^ 北朝鮮が飛翔体を日本海に向け発射、韓国軍合同参謀本部が発表 - Bloomberg
  14. ^ 北朝鮮がミサイル発射場面公開…「金委員長が現場で指導」 | Joongang Ilbo | 中央日報
  15. ^ 北朝鮮のミサイル再発射を許したポンペオ発言の大罪 日米韓を舐め切って再発射、さらに図に乗る北朝鮮(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)
  16. ^ 北朝鮮ミサイル実験への抑制された反応、さらなる行動促す危険も - Bloomberg
  17. ^ Rusia dona trigo a Corea | Korean News (スペイン語)
  18. ^ 北朝鮮が米担当特別代表を処刑、米朝首脳会談物別れで-朝鮮日報 - Bloomberg
  19. ^ トランプ米大統領、北朝鮮の高官が処刑されたとの報道に反論 - Bloomberg
  20. ^ 習近平同志が平壌着 | ネナラ
  21. ^ 金正恩同志が習近平同志と会談 | ネナラ
  22. ^ 金正恩氏が訪中、習国家主席と会談 中国国営メディアが報道 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
  23. ^ 【中朝首脳会談】中国主席、14年ぶりの訪朝 習氏、オープンカーで移動(1/2ページ) - 産経ニュース
  24. ^ 最高指導者金正恩国務委員長にアメリカ合衆国大統領から親書 | ネナラ
  25. ^ トランプ氏、ツイッター外交で世界翻弄 (写真=聯合・共同) :日本経済新聞
  26. ^ 北朝鮮、「新型ミサイル」を日本海に発射 韓国軍が発表(2019年07月25日)
  27. ^ 北朝鮮、弾道ミサイル2発を日本海に発射 韓国軍が発表(2019年07月31日)
  28. ^ 北朝鮮がまた飛翔体発射 米韓演習「高い代償」と警告(2019年8月6日)
  29. ^ 北朝鮮 日本海に向け 飛しょう体2回発射(2019年8月10日)
  30. ^ 北朝鮮、日本海へ飛翔体2発 EEZに飛来確認されず (2019年8月16日)
  31. ^ 駐朝ベネズエラ大使館が開館 | 朝鮮新報
  32. ^ 北朝鮮ミサイル発射 「日韓協定破棄の間隙突かれた」 (2019年8月24日)
  33. ^ 北朝鮮、飛翔体を2発発射 米韓軍が動向監視(2019年9月10日)
  34. ^ 北朝鮮が飛翔体発射か 韓国軍(2019年10月2日)
  35. ^ 北朝鮮が飛翔体発射 日本海に2発、弾道ミサイルか 朝鮮半島(2019年10月31日)
  36. ^ 北朝鮮「国力最高の境地」 金日成主席死去25年で追悼 : 京都新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]