サラ・ハッカビー・サンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラ・ハッカビー・サンダース
Sarah Huckabee Sanders
SarahHuckabeeSanders.jpg
生年月日 (1982-08-13) 1982年8月13日(39歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Arkansas.svg アーカンソー州ホープ
所属政党 共和党
称号 教養学士
配偶者 ブライアン・サンダース(2010年結婚)
子女 3人
公式サイト [公式Twitter
個人Twitter ]

US-WhiteHouse-Logo.svg ホワイトハウス
第29代報道官
在任期間 2017年7月26日 - 2019年7月1日
副報道官 ラジ・シャー
ホーガン・ギドリー

US-WhiteHouse-Logo.svg ホワイトハウス
副報道官
在任期間 2017年1月20日 - 2017年7月26日
報道官 ショーン・スパイサー
テンプレートを表示

サラ・エリザベス・ハッカビー・サンダースSarah Elizabeth Huckabee Sanders[1]1982年8月13日 - )[2]は、アメリカ合衆国の政治補佐官で、2017年7月から2019年7月までホワイトハウス報道官を務めた。

人物[編集]

1982年8月13日にアーカンソー州ホープに誕生する。彼女は元アーカンソー州知事で大統領候補だったマイク・ハッカビーとその夫人のジャネット・ハッカビー英語版の娘である。

入店拒否[編集]

2018年6月22日バージニア州レキシントン市のレストランを訪れた際、トランプ政権関係者であることを理由に入店を断られた。このことについて「意見が異なる者に対しても私は常に最善を尽くして人々に接しているし、これからもそうする」とコメントして表立った批判は行わなかったが、父親がレストランの姿勢に否定的な意見を述べて話題になると[3]、店側に抗議のデモや嫌がらせが殺到。営業が不可能になり、女性経営者が地元の経済団体の役員を辞任する騒ぎとなった[4]

脚注[編集]

  1. ^ Huckabee daughter weds in Virgin Islands ceremony”. The Arkansas Democrat-Gazette (2010年6月27日). 2017年3月5日閲覧。
  2. ^ Sarah Elizabeth Huckabee - Little Rock, Arkansas”. InstantCheckMate.com. 2017年3月5日閲覧。
  3. ^ 料理店が報道官を入店拒否 「トランプ政権で働いているから」”. CNN (2018年6月24日). 2018年6月28日閲覧。
  4. ^ サンダース報道官の入店拒否したレストランに抗議デモ 休業状態に”. 産経新聞社 (2018年6月28日). 2018年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ショーン・スパイサー
アメリカ合衆国の旗 ホワイトハウス報道官
2017年 - 2019年
次代:
ステファニー・グリシャム