リー・シェンロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リー・シェンロン/李顕竜
Lee Hsien Loong
李显龙
Lee Hsien Loong 2016 (cropped).jpg
生年月日 (1952-02-10) 1952年2月10日(70歳)
出生地 シンガポール
出身校 トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)
所属政党 人民行動党
配偶者 初婚・黄名揚
再婚・ホー・チン
宗教 キリスト教プロテスタント聖公会

内閣 第1次リー・シェンロン内閣
第2次リー・シェンロン内閣
第3次リー・シェンロン内閣
在任期間 2004年8月12日 -
大統領 S・R・ナザン
トニー・タン
ハリマ・ヤコブ

シンガポールの旗 第8代財務大臣
在任期間 2001年 - 2007年12月1日
首相 ゴー・チョクトン

シンガポールの旗 第4代副首相
内閣 第1次ゴー内閣
第2次ゴー内閣
第3次ゴー内閣
在任期間 1990年11月28日 - 2004年8月12日
首相 ゴー・チョクトン

PAP logo variation.svg 人民行動党書記長
在任期間 2004年12月 -

選挙区テック・ギーSMC→)
アン・モ・キオGRC
当選回数 7回
在任期間 1984年12月22日 -
テンプレートを表示
リー・シェンロン
繁体字 李顯龍
簡体字 李显龙
発音記号
標準中国語
漢語拼音Lǐ Xiǎnlóng
ウェード式Li3 Hsien3-lung2
IPA[lì ɕjàn.lʊ̌ŋ]
粤語
イェール粤拼Léih Hín-lùhng
IPA[le̬i hǐːn lȍŋ]
粤拼Lei5 Hin2-lung4
閩南語
閩南語白話字Lí Hián-liông

リー・シェンロン英語: Lee Hsien Loong、漢字表記:李顕竜、読み:りけんりゅう、簡体字: 李显龙繁体字: 李顯龍1952年2月10日 - )は、シンガポール共和国政治家。現在、第3代首相人民行動党書記長。国父リー・クアンユーの息子。客家人。ロシア語マレー語華語(標準中国語)、英語が堪能。2002年リンパ腫を発病後、復帰した。第3代首相就任以降、父と同じく権威主義的政治体制、いわゆる「開発独裁」体制を敷いている。

経歴[編集]

  • 2022年での引退を公言している。

家族[編集]

実弟リー・シェンヤン(李顕楊)は元シンガポール・テレコム総裁。

ホー・チン夫人は、政府系投資会社テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)元社長(タイのタクシン・チナワット首相の証券スキャンダル、退任の間接的な要因となったタクシン首相の子息とテマセク・ホールディングの取引が、社長退任の原因との見方がある)。

日本との関係[編集]

2006年、2015年に北海道に家族旅行で訪れており、2013年には休暇で富士山を訪れたという[1]小泉純一郎靖国神社参拝を、「地域で日本の占領を経験した国に悪い記憶を思い起こさせる」と批判し、「戦犯をあがめる対象にすべきではない」と語っている。

2014年には米ワシントンでの講演で、「日本と近隣諸国は第二次世界大戦から脱却しない限り日中韓の関係は損なわれるばかりだ」と主張。この背景として、日本が従軍慰安婦や侵略の歴史に対して曖昧な立場であることを指摘したうえで、自律的に検証報告する必要性を強調した。同時に、中国韓国に対して「日本に繰り返し謝罪を求める姿勢は辞めるべきだ」と、戦後70年を迎えるにあたり、より建設的な関係修復を望む旨を話している[2]

日本の国連安保理常任理事国入りを支持している。

2022年9月22日、来たる27日に実施予定の故安倍晋三国葬儀にリー・シェンロン首相及びホー・チン夫人がシンガポール代表として参列することが、日本国外務省により発表された[3][4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
ゴー・チョク・トン
シンガポールの旗 シンガポール共和国首相
第3代:2004年 -
次代
(現職)
先代
リチャード・フー・ツ・タウ英語版
シンガポールの旗 シンガポール共和国財務大臣
2001年 - 2007年
次代
ターマン・シャンムガラトナム英語版
先代
ゴー・チョク・トン
シンガポールの旗 シンガポール共和国第一副首相
1990年 - 2004年
次代
トニー・タン・ケン・ヤム
先代
トニー・タン・ケン・ヤム
シンガポールの旗 シンガポール共和国貿易産業大臣
1986年 - 1992年
次代
スピア・ダナバラン英語版
党職
先代
ゴー・チョクトン
PAP logo variation.svg 人民行動党書記長
第3代:2004年 -
次代
(現職)