ロンボク島地震 (2018年8月5日)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロンボク島地震
大破したロンボク島北部のモスク、2018年8月6日
ロンボク島地震 (2018年8月5日)の位置(ロンボク島内)
ロンボク島地震 (2018年8月5日)
本震
発生日 2018年8月5日[1]
発生時刻 午後7時46分37秒(現地時間UTC+8[1]
震源の深さ 31.0[1]km
規模    マグニチュード(M)6.9[1]
被害
死傷者数 死者381人、負傷者1033人(2018年8月8日時点)[2]
被害総額 家屋損壊2万2721棟(2018年8月8日時点)[2]
被害地域  インドネシア西ヌサ・トゥンガラ州ロンボク島
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

ロンボク島地震(ロンボクとうじしん、インドネシア語: Gempa bumi Lombok)は、2018年8月5日インドネシアロンボク島北部で発生したマグニチュードMw)6.9の地震である[3]

7月29日に発生したロンボク島地震 (2018年7月) で20人が死亡、1万人以上が避難した7日後であった。

西ヌサ・トゥンガラ州当局のまとめによると、8月8日時点の判明分で死者381人、負傷者1033人、家屋損壊2万2721棟の被害があり、22万168人が避難している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d M 6.9 - 3km SSE of Loloan, Indonesia” (英語). アメリカ地質調査所 (2018年8月5日). 2018年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c Gubernur NTB Terpilih: 381 Orang Tewas Akibat Gempa” (インドネシア語). detiknews (2018年8月8日). 2018年8月9日閲覧。
  3. ^ インドネシア・ロンボク島でM6.9の地震 82人死亡、数百人負傷”. AFPBBニュース. フランス通信社 (2018年8月6日). 2018年8月6日閲覧。