2018年平昌オリンピックの開会式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
開会式
第23回オリンピック冬季競技大会開会式
XXIII Olympic Winter Games Opening Ceremony
開催都市 大韓民国の旗 韓国 平昌郡
参加国・地域数 92ヶ国・地域+1団体
参加人数 約2800名
開会式 2018年2月9日8:00pm - 10:15pm 韓国時間(UTC+9)
開会宣言 文在寅大統領
選手宣誓 牟太釩
審判宣誓 金禹植
最終聖火ランナー 金妍兒
主競技場 オリンピックスタジアム
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2018年平昌オリンピックの開会式(2018ねんピョンチャンオリンピックのかいかいしき)は、平昌オリンピックスタジアム2018年2月9日午後8時(現地時間)から約2時間挙行された。

概要[編集]

韓国では1988年ソウルオリンピック以来、30年ぶりに開催される五輪と、アジアでは1998年長野オリンピック以来20年ぶりに開催される冬季五輪の開会式・閉会式用に建設された平昌オリンピックスタジアムは約3万5000人が収容され、開会式は総監督はソン・スンファン、総合演出は梁正雄が、音楽監督は梁邦彦が務めた。

同オリンピックスタジアムは五輪にちなんで五角形であり、中央のフィールドは円形である。客席にはLEDライトの照明が取り付けられており、客席全体が巨大な液晶画面になるように設計されていた。

コンセプト[編集]

開・閉会式のキーワードは「平和と未来」[1]で、開会式では「平和(ピース・イン・モーション)」をテーマとし[2]平和という答えを探し求める5人の子供の冒険を描く[1][注 1]

アトラクション[編集]

[3]

カウントダウン[編集]

「平和の鐘」のモチーフになった上院寺(サンウォンサ)の梵鐘。

カウントダウンに先立って、「ウェルカム・トゥ・平昌」(Welcome to Pyeongchang)という名前の映像で始まった。はじめに仁川国際空港に向かう航空機の客席、そして国際空港のショートフィルムが流された。ショートフィルムの中の搭乗客の持つ雑誌の表紙や、マグカップや紙袋の柄、空港の壁面広告が歴代の冬のオリンピック開催地のロゴマークになっており、それにより歴代開催地の紹介になっている[注 2]。そこから韓国各地の景色[注 3]が紹介され最後に平昌オリンピックスタジアムの眺望で終わった。

ショートフィルムのあと、実際の会場の中央には梵鐘が置かれていた。朝鮮語によるカウントダウンが10秒前から行われ、客席を利用した巨大液晶画面には朝鮮語の数の発音が表示された。8時の定刻になると同じ平昌郡にある上院寺の梵鐘の音が鳴らされた。

5人の少年少女が登場[注 1]し、彼らが洞窟を探検[注 4]すると、そこは古代の陵墓であり、天文図のある天井と四神の壁画が出現した。

檀君神話[編集]

高句麗の陵墓の壁画をモチーフにした天文図と四神が登場した。子供達が壁画に触れると白虎がホログラムに変わって飛び出して、子どもたちと一緒にどこかへ出てくる。スタジアムの白虎の人形が一度大きく覆う白虎の黒のストライプが5本で広がり、水墨画の技法で白頭大幹が形成される。白虎を先頭に子供達に続いて、青龍朱雀玄武の大きな張り子が登場する。その後をついてカマキリ、鹿、イノシシ、蝶、カラス、サルなどの動物たちも登場し、それらは数人によって操作されるものであった。そして、高句麗神話による人面鳥のような不死鳥を中心にフェニックスや檀君を生んだ熊女が登場した[4]。そして、天球儀のプロジェクションマッピングがステージを包んでいった。

太極[編集]

円形の会場中央に円状に房付き藁の帽子と、白の民族衣装を着た女性たちが多数並び太鼓(チャング)を演奏した。それに合わせ、海老茶チマと白のチョゴリを着た多数の女性たちが太鼓を叩きながら周りで踊っていく。周囲に8つの円陣を組んだり八芒星を描いたりしながら最後は横一列になり、そして中央の円陣が韓国の国旗にある赤と青の太極のライトアップされていった。

国旗掲揚・国歌演奏[編集]

国旗掲揚と国歌演奏の軍楽隊の扮装。国旗掲揚は画面左の黒い具軍服の扮装の儀仗兵が、国歌演奏は後方の黄色の具軍服の扮装の軍楽隊がそれぞれ行った(画像は徳寿宮の衛兵交代のもの)。

文在寅大統領とトーマス・バッハIOC会長がボックス席に姿を現し、そのあと韓国の国旗が8人の白の韓服を着て原色で紙の飾りのついたボッコン(撲巾、頭巾)あるいはチョバウィ(防寒用の帽子)のような帽子をかぶった往年の韓国のオリンピック選手[注 5]と元プロゴルファー朴セリによって運ばれた。黄色の戦衣に藍纏帯を締め、木靴を履き、左右にキジの羽飾り配して数珠のような貝纓(ペヨン)を垂らした黄色のチュリプ(朱笠)をかぶった李氏朝鮮時代の衛兵の扮装をした軍楽隊による伝統的な楽器を使用した音楽が演奏される中、国旗は会場をぐるりと回ると、李氏朝鮮の武官の服装である赤色のトンタリに黒の戦服を着て藍纏帯を締めた衣装と木の靴と雀毛の飾りと数珠のような貝纓(ペヨン)を下げた黒の氈笠からなる具軍服の扮装をした韓国軍儀仗兵6人に渡され彼らが旗竿に国旗を掲揚した。国旗掲揚時の国歌の演奏は引き続き伝統楽器で行われた。歌唱は地元の子供たち[注 6]によって行われた。

未来[編集]

ソバの花畑。

大韓民国の四季を示すタイムラプス映像で始まり、春夏秋冬の朝鮮半島の風景を描いた後にそばの花畑を最後に映す。韓服に笠をかぶった老人が「アリラン」を歌うと円形のフィールドには蕎麦畑が映し出された。そして、真ん中から再び民衆の中に喜びと悲しみの叫びが溶けて、明るいホタルに変わり空中に上がり、スタジアム前面に光の筋が繰り広げていく。グラウンドの真ん中には漢江の奇跡を成し遂げた都市の姿が周囲を成し繰り広げられる。これシナンと高霊ゴリョンの大韓民国の歴史の中でもカキしなかった韓国民の姿を象徴したいと述べた。蕎麦畑の海を5人の子どもたちが筏で移動すると、子どもたちは降ってきた雪のつららで氷へ夢絵を描いて、絵の中に明るく輝く四角い「未来の扉」が表示され5人それぞれが大人になった時の姿が現れた[注 1]。あるものは医師に、あるものはロボット工学の学者、あるものは建築家、あるものは書芸の芸術家、あるものはミュージシャンになる将来の姿である。それとともに近未来に都市の映像が映し出される[注 7]

フィールドには長方形の窓のようなものが登場し、それは未来を映す窓であった。技術と人が共存する4次産業革命を成し遂げた遠い未来の光化門広場の風景が過ぎ去り、ソウル路7017英語版朝鮮語版[5]の未来扉に贅沢が住んでいる家の将来のドアの中には、再び川の上の子供に示された将来のドアにつながる。120個の「未来の扉」が舞台の上に一列になって、壁を成し遂げた中で白い月の光がフルヌンデ「未来は自然に近づいてくる」という意味である。韓国のわらべ歌トゥコバトゥコバが流れ、ダンサーが現代舞踊を踊り始めていった。一方で、現代人の生活を象徴した「漢江賛歌」をアレンジした曲が流れ始めた。方形の窓のような枠に車輪を付けて可動式したものが多数登場してそれによるマスゲームが繰り広げられた。フィールドにはプロジェクションマッピングで「コミュニケーションと接続の世界」というサブタイトルで幾何学的な模様が映し出され世界のすべての言語が中央に集まっているように打ち上げられた[6]

オリンピック旗掲揚とオリンピック賛歌[編集]

オリンピック旗が白のチョバウィ(防寒用の帽子)とパステルカラーの韓服を着用した競技指導者と、未来の選手ら[7]によって運ばれ、会場をぐるりと回り儀仗兵に渡される。儀仗兵は旗竿にこれを掲揚した。李氏朝鮮時代の王后の衣装のような絢爛な衣装を着たソプラノ歌手の黄澄英語版朝鮮語版オリンピック賛歌を歌唱。その間、聖火台の前にあるスロープにはプロジェクションマッピングによって五輪の5色の帯が上昇する映像が映し出されていた。

平和の象徴「鳩」と「イマジン」[編集]

5人の子供がキャンドルサービスを行い、ろうそく灯を持った人々によってフィールドに二羽の鳩が向かい合う姿が描かれ、それは一羽の鳩になっていった。その間、映像での世界中の人々の伴奏と一緒に歌手のチョン・イングォン英語版朝鮮語版Bolbbalgan4アン・ジヨン、ロックバンド「GUCKKASTEN」のハ・ヒョヌ、歌手のイ・ウンミ英語版朝鮮語版が一節ずつ分けて[8][9]ジョン・レノンの『イマジン』が歌唱演奏された。歌った後に子供たちが放った鳩風船が空に飛んで行き、客席からも鳩風船が飛んで行った。

ドローンによる五輪マーク[編集]

鳩風船は、平昌オリンピックスタジアムを越えてアルペンシアクロスカントリーセンターに集まった。フィールドから蛍のような発光する小さなドローン1218台が飛翔をはじめ、やがておびただしい数のドローンの群は会場外のゲレンデに向かうとそこで、編隊を変えながらスノーボードをする人など姿を立体的に表す。それ合わせて、ゲレンデででは多数のスキーヤーが滑走し最後に彼らは五輪マークの形に並んだ。すると、上空にはドローン群による五輪マークが浮揚していた。 このドローンは後述のシステム障害の影響で当日実施できなかったため、あらかじめ録画したものを放映された。しかし開会式当日は、強風が吹いていたためドローンを飛ばすことができなかったという事実もありサイバー攻撃の記事は信憑性があまりない[10]。 ドローンはインテルによるものである[11]

選手・審判・コーチ宣誓[編集]

今大会から選手、審判、コーチが個別に行われていたオリンピック宣誓をIOC総会の決定に基づき包括的に行うことになった。オリンピック旗掲揚後にはスピードスケート選手の牟太釩と金禹植審判、バク・ギホコーチが五輪宣誓を行い、牟が宣言をすべて読んだ。

選手入場[編集]

アメリカ選手団の入場の様子。座席にLEDライトをつけた巨大画面に星条旗が表示されている。
朝鮮統一旗

選手の入場は、オリンピック発祥国ギリシャ選手団を先頭に朝鮮語ハングルの字母カナダラ順で行進し、最後に韓国選手団北朝鮮選手団の合同選手団(南北合同チーム選手団)がアリランのロックアレンジをBGMに入場した。

なお、イスラエル選手団はイランとの敵対関係を考慮して元々の順序でもあるイラン選手団の次ではなく、イタリア選手団の次に入場した。 マケドニア共和国選手団は、隣国であるギリシャとのマケドニア名称論争を考慮して「マケドニア・旧ユーゴスラビア共和国」という名でフランス選手団の次に入場した。 マケドニア共和国選手団の順序は、「マケドニア・旧ユーゴスラビア共和国」の英頭文字である「FYROM」から取った。日本選手団は、インド選手団に次いで62番目に入場した。

入場曲に関しては、序盤がパンソリ農楽雅楽といった朝鮮の伝統音楽、中盤から後半にかけてが K-POPメドレーでPSYの「江南スタイル」にK-POPメドレーが始まり、日本選手団の入場前後はTWICEの「LIKEY」、さらにBIGBANGの「Fantastic Baby」、防弾少年団(BTS)のDNA、Red Velvetの「Red Flavor」が順に流れた[12]

国/地域 ハングル 旗持者 出場競技
1 ギリシャ ギリシャ (GRE) 그리스 ソフィア・ラリ英語版ポーランド語版 アルペンスキー
2 ガーナ ガーナ (GHA) 가나 クウェーシー・フリンポン英語版オランダ語版 スケルトン
3 ナイジェリア ナイジェリア (NGR) 나이지리아 ヌゴジ・オンウメア英語版ノルウェー語版ロシア語版 ボブスレー
4 南アフリカ 南アフリカ (RSA) 남아프리카 공화국 コナー・ウィルソン英語版フランス語版 アルペンスキー
5 オランダ オランダ (NED) 네덜란드 ヤン・スメーケンス英語版フランス語版[13] スピードスケート
6 ノルウェー ノルウェー (NOR) 노르웨이 エミル・ヘグル・スベンセン バイアスロン
7 ニュージーランド ニュージーランド (NZL) 뉴질랜드 ボー=ジェームズ・ウェルズ[14] フリースタイルスキー
8 デンマーク デンマーク (DEN) 덴마크 エレナ・メラー・リガス英語版ノルウェー語版[15] スピードスケート
9 ドイツ ドイツ (GER) 독일 エリック・フレンツェル[16] ノルディック複合
10 東ティモール 東ティモール (TLS) 동티모르 ヨハン・ゴウト英語版フランス語版 アルペンスキー
11 ラトビア ラトビア (LAT) 라트비아 ダウマンツ・ドレイシュケンス英語版ポーランド語版[17] ボブスレー
12 レバノン レバノン (LBN) 레바논 サメル・タウク英語版アゼルバイジャン語版 クロスカントリースキー
13 ルーマニア ルーマニア (ROU) 루마니아 マリウス・ウングレアーヌ英語版[18] バイアスロン
14 ルクセンブルク ルクセンブルク (LUX) 룩셈부르크 マシュー・オシュ英語版キルギス語版 アルペンスキー
15 リトアニア リトアニア (LTU) 리투아니아 トマーシュ・カウケナス英語版ポーランド語版[19] バイアスロン
16 リヒテンシュタイン リヒテンシュタイン (LIE) 리히텐슈타인 マルコ・プフィッフナー英語版ロシア語版 アルペンスキー
17 マダガスカル マダガスカル (MAD) 마다가스카르 ミアリティアナ・クレール アルペンスキー
18 マレーシア マレーシア (MAS) 말레이시아 ジュリアン志傑乙[20] フィギュアスケート
19 メキシコ メキシコ (MEX) 멕시코 ヘルマン・マドラソ英語版フランス語版[21] クロスカントリースキー
20 モナコ モナコ (MON) 모나코 ルディ・リナルディ英語版[22] ボブスレー
21 モロッコ モロッコ (MAR) 모로코 サミール・アジマーニー英語版ポーランド語版 クロスカントリースキー
22 モンテネグロ モンテネグロ (MNE) 몬테네그로 エレナ・ヴイチッチ[23] アルペンスキー
23 モルドバ モルドバ (MDA) 몰도바 ニコラエ・ガイドゥク英語版ドイツ語版 クロスカントリースキー
24 マルタ マルタ (MLT) 몰타 エリーズ・ペレグリン英語版フランス語版ロシア語版[24] アルペンスキー
25 モンゴル モンゴル (MGL) 몽골 アチバドラフ・バトムンフ英語版[25] クロスカントリースキー
26 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 미국 エリン・ハムリン英語版ロシア語版[26] リュージュ
27 バミューダ バミューダ (BER) 버뮤다 トゥッカー・マーフィー英語版ロシア語版 クロスカントリースキー
28 ベルギー ベルギー (BEL) 벨기에 セップ・スミッツ英語版ロシア語版[27] スノーボード
29 ベラルーシ ベラルーシ (BLR) 벨라루스 アラ・ツーペル英語版ロシア語版[28] フリースタイルスキー
30 ボスニア・ヘルツェゴビナ ボスニア・ヘルツェゴビナ (BIH) 보스니아 헤르체고비나 エルヴェディナ・ムザフェリヤ英語版中国語版[29] アルペンスキー
31 ボリビア ボリビア (BOL) 볼리비아 シモン・ブライトフス・カマランダー英語版ロシア語版[30] アルペンスキー
32 ブルガリア ブルガリア (BUL) 불가리아 ラドスラフ・ヤンコフ英語版ロシア語版[31] スノーボード
33 ブラジル ブラジル (BRA) 브라질 エジソン・ビンジラッチ英語版ポーランド語版[32] ボブスレー
34 サンマリノ サンマリノ (SMR) 산마리노 アレッサンドロ・マリオッティ英語版ウクライナ語版[33] アルペンスキー
35 セルビア セルビア (SRB) 세르비아 ネヴェナ・イグニャトヴィッチ英語版ロシア語版[34] アルペンスキー
36 スウェーデン スウェーデン (SWE) 스웨덴 ニクラス・エディン英語版スウェーデン語版[35] カーリング
37 スイス スイス (SUI) 스위스 ダリオ・コロニャ[36] クロスカントリースキー
38 スペイン スペイン (ESP) 스페인 ルーカス・エギバル スノーボード
39 スロバキア スロバキア (SVK) 슬로바키아 ヴェロニカ・ヴェレズ=ズズロヴァー英語版ロシア語版 アルペンスキー
40 スロベニア スロベニア (SLO) 슬로베니아 ヴェスナ・ファブヤン英語版ロシア語版[37] クロスカントリースキー
41 シンガポール シンガポール (SGP) 싱가포르 シャイアン・ゴー ショートトラックスピードスケート
42 アルメニア アルメニア (ARM) 아르메니아 ミカエル・ミカエリャン英語版アゼルバイジャン語版 クロスカントリースキー
43 アルゼンチン アルゼンチン (ARG) 아르헨티나 セバスティアノ・ガスタルディ英語版スペイン語版[24] アルペンスキー
44 アイスランド アイスランド (ISL) 아이슬란드 フレイディス・ハトラ・エイナルスドッティル英語版ノルウェー語版 アルペンスキー
45 アイルランド アイルランド (IRL) 아일랜드 シェイマス・オコナー英語版ロシア語版 スノーボード
46 アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 아제르바이잔 パトリック・ブラシュナー英語版ロシア語版[38] アルペンスキー
47 アンドラ アンドラ (AND) 안도라 イリネウ・アルティミラス英語版フランス語版[39] クロスカントリースキー
48 アルバニア アルバニア (ALB) 알바니아 スエラ・メヒリ英語版フランス語版[40] アルペンスキー
49 エリトリア エリトリア (ERI) 에리트레아 シャノン=オグバニ・アベダ英語版朝鮮語版[41] アルペンスキー
50 エストニア エストニア (EST) 에스토니아 サスキア・アルサル英語版ロシア語版[42] スピードスケート
51 エクアドル エクアドル (ECU) 에콰도르 クラウス・フンクブルート・ロドリゲス英語版ロシア語版[43] クロスカントリースキー
52 イギリス イギリス (GBR) 영국 リジー・ヤーノルド[44] スケルトン
53 オーストラリア オーストラリア (AUS) 오스트레일리아 スコッティ・ジェイムズ スノーボード
54 オーストリア オーストリア (AUT) 오스트리아 アンナ・ファイト英語版ロシア語版[45] アルペンスキー
55 ロシアからのオリンピック選手 ロシアからのオリンピック選手 (OAR) 러시아 출신 올림픽 선수 (ボランティア) KOC
56 ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 우즈베키스탄 コミルジョン・トゥフタエフ英語版 アルペンスキー
57 ウクライナ ウクライナ (UKR) 우크라이나 オレーナ・ピドルシュナー英語版ウクライナ語版[46] バイアスロン
58 イラン イラン (IRI) 이란 サマネ・バヘール英語版ロシア語版 クロスカントリースキー
59 イタリア イタリア (ITA) 이탈리아 アリアナ・フォンタナ[47] ショートトラックスピードスケート
60 イスラエル イスラエル (ISR) 이스라엘 オレクシイ・ビチェンコ[48] フィギュアスケート
61 インド インド (IND) 인도 シヴァ・ケシャバン英語版ロシア語版 リュージュ
62 日本 日本 (JPN) 일본 葛西紀明[49][50] スキージャンプ
63 ジャマイカ ジャマイカ (JAM) 자메이카 ジャズミン・フェンレイター=ヴィクトリアン英語版ポーランド語版 ボブスレー
64 ジョージア ジョージア (GEO) 조지아 モリス・クヴィテラシヴィリ フィギュアスケート
65 中国 中国 (CHN) 중국 周洋 ショートトラックスピードスケート
66 チェコ チェコ (CZE) 체코 エヴァ・サムコヴァ英語版ポーランド語版[51] スノーボード
67 チリ チリ (CHI) 칠레 ヘンリク・フォン・アッペン英語版ポーランド語版[52] アルペンスキー
68 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 카자흐스탄 アブザル・アジガリエフ英語版[53] ショートトラックスピードスケート
69 カナダ カナダ (CAN) 캐나다 テッサ・ヴァーチュスコット・モイア[54] フィギュアスケート
70 ケニア ケニア (KEN) 케냐 サブリナ・シマダー英語版 アルペンスキー
71 コソボ コソボ (KOS) 코소보 アルビン・タヒリ[55] アルペンスキー
72 コロンビア コロンビア (COL) 콜롬비아 ペドロ・カウシル英語版 スピードスケート
73 クロアチア クロアチア (CRO) 크로아티아 ナトゥコ・ズルンチッチ=ディム英語版[56] アルペンスキー
74 キルギス キルギス (KGZ) 키르기스스탄 タリエル・ジャルカムバエフ英語版 クロスカントリースキー
75 キプロス キプロス (CYP) 키프로스 ディノス・レフカリティス英語版 アルペンスキー
76 チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ (TPE) 차이니스 타이베이 連徳安英語版中国語版[57] リュージュ
77 タイ タイ (THA) 태국 マーク・チャンルン英語版タイ語版 クロスカントリースキー[58]
78 トルコ トルコ (TUR) 터키 ファティ・アルダ・イプチオール英語版ポーランド語版 スキージャンプ
79 トーゴ トーゴ (TOG) 토고 マチルデ=アミヴィ・プティジャン英語版ポーランド語版 クロスカントリースキー
80 トンガ トンガ (TGA) 통가 ピタ・タウファトファ[24] クロスカントリースキー
81 パキスタン パキスタン (PAK) 파키스탄 ムハンマド・カリームアゼルバイジャン語版英語版ウルドゥー語版 アルペンスキー
82 ポルトガル ポルトガル (POR) 포르투갈 ケークェン・ラム英語版フランス語版ポルトガル語版 クロスカントリースキー[59]
83 ポーランド ポーランド (POL) 폴란드 ズビギニェフ・ブロドカ英語版朝鮮語版ポーランド語版[60] スピードスケート
84 プエルトリコ プエルトリコ (PUR) 푸에르토리코 チャールズ・フラハティ英語版朝鮮語版[24] アルペンスキー
85 フランス フランス (FRA) 프랑스 マルタン・フールカデ[61] バイアスロン
86 北マケドニア 北マケドニア (MKD) 구유고슬라비아 마케도니아 공화국 スタヴレ・ヤダ英語版ポーランド語版[62] クロスカントリースキー
87 フィンランド フィンランド (FIN) 핀란드 ヤンネ・アホネン[63] スキージャンプ
88 フィリピン フィリピン (PHI) 필리핀 アサ・ミラー[64] アルペンスキー
89 ハンガリー ハンガリー (HUN) 헝가리 コンラート・ナジ英語版フランス語版[65] スピードスケート
90 香港 香港 (HKG) 홍콩 차이나 呉一里英語版中国語版 アルペンスキー
91 南北合同チーム 南北合同チーム (COR) 코리아 ウォン・ユンジョン英語版朝鮮語版[66] (KOR) ボブスレー
ハン・チュングム英語版スウェーデン語版[66] (PRK) アイスホッケー

開会宣言[編集]

開会宣言を行う文在寅大統領。

文在寅大統領は「第23回冬季オリンピック大会である平昌冬季オリンピック大会の開会を宣言します。」と述べ、開会宣言を行った。

聖火台[編集]

聖火台朝鮮白磁をモチーフにしたもので高さは25メートル[67]。白磁月壷を5つの指が支える様子でイノデザイン代表のキム・ヨンセがデザイン[68]。 宣誓後平昌五輪聖火リレーのハイライトシーンと公式聖火リレー主題歌<Let Everyone Sunshine>が流れた。

リレー映像後、聖火トーチを持った冬季オリンピックショートトラック4冠王の全利卿がスタジアムに現れ、オリンピックゴルフ金メダリストの朴仁妃に渡され、2002年FIFAワールドカップ大韓民国代表の安貞桓がスロープの前でアイスホッケー女子の朝鮮統一チームのバク・ジュンアやジョン・スヨンの両者にトーチを渡すと聖火台への光の道が現れ、両者は一緒に聖火台へのスロープ状の階段を上がった。聖火台の下のアイスリンクには、二人と同時に舞台袖から最終聖火ランナーのキム・ヨナが登場して二人から聖火をもらい、アイスリンクを滑走して氷に火をつけると、アイスリンクの中から鉄製の30個の火の輪が縦に伸びて聖火台に届けた。韓国で開催された1988年のソウルオリンピックから30年が経過し、平昌大会にバトンを繋げるという意味合いをもっていたため30個用意された[69]

聖火点火後は、鬼火と呼ばれる韓国人の祭をテーマにした公演がバンサンシ脱をBGMにBボーイダンスグループ「ジャストジョルク」[70]がトッケビのお面と赤衣装で扮して聖火台のすぐ下から始まった。舞台中央には、大きな物体のソッテが分かった。その間を通るトッケビ役のジャストジョルクはジュウィブル遊び(正月十五日の前の日に缶に火を入れて回す韓国の伝統遊び)をしたり、テコンドーも振り付けに入れたダンスも踊りながら楽しむ姿を演出した[71]

以降フィナーレは花火で終わった。

寒さ対策[編集]

ポンチョ、ひざ掛け毛布、温熱座布団、ニット帽、手用カイロ、足下カイロの防寒6点セットを配布予定で[72]、移動の動線上では暖かい飲み物を提供するフードトラックも運営する予定である[68]。また、仮設の開会式場であったため建物外観に厚い壁を何層にも設けたり、座席の斜め後ろに備え付けられていたLEDライトからヒーターが流れるよう設計し屋根がない分万全な寒さ対策を心掛けた。なお、入場を待つ選手にはヒーター付きのテントが用意されていた[73]

出席者[編集]

文在寅金正淑大統領夫妻(画面左の白の上着の男女)、マイク・ペンスカレン・ペンス
アメリカ合衆国副大統領夫妻、画面右、金永南
北朝鮮最高人民会議常任委員会委員長、金与正
金正恩朝鮮民主主義人民共和国最高指導者の実妹。(画面上の黒い上着で拍手をする男女。)

国家元首・首脳クラス、政府・国際機関要人は以下のとおりである。

その他、日本の公職者

その他
  • 北朝鮮で拘束され、意識不明で帰国しその後に死亡したアメリカ人学生のオットー・ワームビアの父親がマイク・ペンス副大統領に招待されて開会式に同行しながらペンス副大統領夫妻と共に出席し[94]、開会式直前にペンス副大統領と共に脱北者と面会した[95]
[96]
[97]

日本での放送[編集]

NHK総合テレビジョン(キャスター:冨坂和男アナウンサー・桑子真帆アナウンサー[98][99][100])とNHKラジオ第一放送(実況:船岡久嗣アナウンサー、解説:三浦豪太)で生中継[101]。また、開会式翌朝8時から10時にかけてはテレビ朝日(実況:清水俊輔、ゲスト:松岡修造織田信成)で録画放送。

各国の反応[編集]

肯定的であった。1980年レークプラシッドオリンピック金メダリストのロビン・カズンズスが、「すべての公演が細かくて洗練された。精神なくもない非常にすばらしかった。本当に楽しかった」と賞賛し、ロイター通信は「生き生きと華やかな火と氷の開幕式」であったと伝えた。イギリスのBBCは、キム・ヨナのオリンピックの聖火点火シーンを「非常に素晴らしい」開会行事の仕上げと表現した。また、韓国と北朝鮮の選手の共同立場をハイライトとして紹介した。イギリスのガーディアン紙も、やはり南北の選手たちが韓半島旗の下、共同の立場というニュースをトップニュースで伝えた。中国のCCTVは、この日の開幕式3時間前から平昌オリンピック特集放送を放映して記者を現場接続した。日本のNHKも、開会式生中継の後に「韓国と北朝鮮の選手2人が一緒に韓半島旗を持って入場しようと競技場に大きな歓声が上がりました。」とし「選手団は、民謡アリランが流れ出るのような服を着て行進しました。」と伝えた。

一方で、開幕式に参加した金正恩労働党書記の妹・金与正氏にも注目された。アメリカのCNNは、「マイク・ペンス米国副大統領とキム・ジョンウン北朝鮮労働党書記の妹金与正がゲストに含まれたし南北の選手が韓半島旗の下で入場した」とし「劇的なオリンピックが始まった」と伝えた。フランスのルモンド紙は、文在寅大統領と金与正氏が開会式で挨拶を交わしたというニュースを報道し、AP通信は「怒りと疑い、流血に割れた韓半島で冬季オリンピックが開会した」と、予期せぬ統合の様子で南北が平和の炎の下に並んで座っていたと評した[102][103]

サイバー攻撃[編集]

開会式直前に組織委員会内部のインターネットやWi-Fiのシステムがワイパー「Olympic Destroyer」によってダウンし、開会式に使用する予定だったドローンが飛ばせないなど、進行にも影響した[10]。これらについて、サイバー攻撃による影響として、調査が進められていたが、アメリカ合衆国司法省イギリス政府は2020年10月にロシア連邦軍参謀本部情報総局によるものであると発表した[10][104]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d ヤッカ(火/チェスン、12歳)、アラ(水/ついで、すでに11歳)、プリ(木/金正哲、10歳)、ビチェ(黒/キム・ジウ、10歳)、ヌリ(土/ヘア・ユンナ、8歳)
  2. ^ 機内パンフレット:1924年シャモニーモンブラン・オリンピック 機内広告: 空港の広告掲示板:アルベールビル、リレハンメル 空港の壁:長野 キャリアバック:トリノ マグカップ:バンクーバー五輪 フラップ下の広告:ソチ
  3. ^ 漢江の橋とその上を通るボブスレーそり、地面が凍った光化門広場では市民がスケートで滑り、崇礼門と瑞草のサムスン本社屋をクロスカントリーをする人物が登り、漢江の上のフィギュアスケーターが体を回転する。そして雪岳山の風景に続き、スキー場のスキーヤー、江原道 寧越郡の凍りついた川(中州が韓半島の地形)のアイスホッケープレイヤーを過ぎ、江原道五台山 月精寺の「平和の鐘」に到達する。
  4. ^ 古い天球儀に大字、天上列車分野地図の天文図が天井に繰り広げられて亀甲と百済金銅大香炉、新羅金冠、訓民正音、慶州瞻星台、日時計など韓国のきらびやかな文化遺産がホログラムに表れている。
  5. ^ カン・クァンベ、陳善有李承燁黄永祚、ソヒャン・スン、イム・オギョン、河亨柱
  6. ^ 多国籍児童合唱団「レインボー合唱団」
  7. ^ 黄:未来の扉をくぐったプリは、医師の姿になって手術室に入り、ホログラムを通じた脳の手術をする 黒:続いて入った享受する自分とそっくりのアンドロイドを調べる人工知能ロボット研究がされており、 青:アラはポップスターになってホログラムで世界と出会う。 緑:非債子供たちに最先端の技術でハングルを教える書家となった。 赤:イクカはホログラムと物事のデータを使用した都市設計がされた[注 1]

出典[編集]

  1. ^ a b 平昌五輪開・閉会式のコンセプト公開”. 2018年平昌オリンピック. 2018年2月7日閲覧。
  2. ^ “メッセージは「平和」=平昌五輪開会式”. 時事通信. (2018年1月23日). https://web.archive.org/web/20180207182850/https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018012301099 
  3. ^ 全体的出典 開会式 速報!ピョンチャン五輪開会式キム・ヨナさん点火に沸いた/平昌五輪開会式詳細 - 五輪 : 日刊スポーツ 開会式 韓国文化の独自性にこだわり 毎日新聞
  4. ^ 平昌五輪開会式 “人面鳥”にネット話題沸騰「絶対夢に出てくる」
  5. ^ ソウル路7017
  6. ^ 東京組織委、平昌五輪開会式から刺激「LEDとテクノロジーを駆使した演出が印象的」
  7. ^ ガンチャン・ヨン、ユ・ヨン、シン・ヘスク、イジュンソ、ギムユンマン、ジャン・ユジン、キム・グィジン、チョン・スンギ
  8. ^ [1]
  9. ^ EXO&CL、平昌(ピョンチャン)五輪閉会式に出演へ 開会式出演アーティストは?
  10. ^ a b c 【平昌五輪】サイバー攻撃か?! 開会式のさなかにネットがダウン 国防省も巻き込んで原因調査中”. 産経新聞 (2018年2月10日). 2020年10月20日閲覧。
  11. ^ Intel®Shooting Star™、最大規模1,218機のドローンがオリンピック開会式を飾る
  12. ^ 平昌五輪開会式、入場曲にPSY・TWICE・BIGBANG・BTS・Red Velvetを使用
  13. ^ [2]
  14. ^ “Beau-James Wells named New Zealand flag bearer for Winter Olympics opening ceremony”. Stuff. (2018年2月9日). https://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/101314141/beaujames-wells-named-new-zealand-flag-bearer-for-winter-olympics-opening-ceremony 
  15. ^ Wenande, Christain (2018年1月10日). “Sports News in Brief: Danes a smash hit with UK footy fans”. The Copenhagen Post (Copenhagen, Denmark). http://cphpost.dk/news/sports-news-in-brief-danes-a-smash-hit-with-uk-footy-fans.html 2018年1月10日閲覧。 
  16. ^ “Winter Olympics: Eric Frenzel to be Germany's flag bearer in opening ceremony”. dw.com (Deutsche Welle). (2018年2月7日). http://www.dw.com/en/winter-olympics-eric-frenzel-to-be-germanys-flag-bearer-in-opening-ceremony/a-42488690 2018年2月7日閲覧。 
  17. ^ Bobsleigh powerhourse Dreiškens will carry Latvia's flag at Winter Olympics”. lsm.lv. Latvian Public Broadcaster. 2018年2月1日閲覧。
  18. ^ Olympic Preview”. rri.ro. Radio România Internaţional. 2018年2月1日閲覧。
  19. ^ Pjongčango olimpines žiemos žaidynes vyks 9 Lietuvos sportininkai” [9 Lithuanian athletes will be in Pyeongchang Olympic Winter Games] (Lithuanian). www.delfi.lt. Delfi (2018年1月19日). 2018年1月22日閲覧。
  20. ^ Olympic Council of Malaysia” (英語). www.facebook.com. 2018年2月5日閲覧。
  21. ^ Freud, Chris (2018年1月21日). “Vail’s Sarah Schleper gears up for fifth Olympics”. https://www.msn.com/es-xl/deportes/other/germ%c3%a1n-madrazo-sin-pretextos-alcanz%c3%b3-su-sue%c3%b1o-ol%c3%admpico/vp-BBIyVFe 
  22. ^ PyeongChang 2018 Olympic Games: presentation of Monaco’s athletes”. www.monacolife.net/. MonacoLife (2018年1月24日). 2018年1月24日閲覧。
  23. ^ Crna Gora sa troje sportista u Pjongčangu”. cok.me. Olympic Committee of Montenegro (2018年2月2日). 2018年2月8日閲覧。
  24. ^ a b c d Numerous FIS athletes among Flag Bearers for Opening Ceremony”. fis-ski.com. 2018年2月8日閲覧。
  25. ^ "Пёнчан-2018" - Баг тамирчдыг үдэн гаргах ёслол болов”. Olympic Committee of Mongolia. 2018年2月2日閲覧。
  26. ^ “Erin Hamlin named Team USA flag bearer for PyeongChang Opening Ceremony”. en:NBC Olympics. (2018年2月8日). https://www.nbcolympics.com/news/erin-hamlin-named-team-usa-flag-bearer-pyeongchang-opening-cermony 2018年2月9日閲覧。 https://www.cnn.co.jp/showbiz/35114569.html https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/02/10/kiji/20180210s00048000132000c.html https://www.afpbb.com/articles/-/3161862?cx_position=14
  27. ^ Seppe Smits draagt Belgische vlag tijdens openingsceremonie” [Seppe Smits to carry Belgian flag during opening ceremony] (Dutch). sporza.be. sporza.be (2018年1月24日). 2018年1月25日閲覧。
  28. ^ “Alla Tsuper named flag-bearer for Team Belarus in PyeongChang”. belta.by (Belarusian Telegraph Agency). (2018年2月7日). http://eng.belta.by/sport/view/alla-tsuper-named-flag-bearer-for-team-belarus-in-pyeongchang-109116-2018/ 2018年2月9日閲覧。 
  29. ^ Elvedina Muzaferija nosi zastavu BiH na otvaranju ZOI”. 2018年2月2日閲覧。
  30. ^ Bolivia asistirá a Juegos Olímpicos de Invierno” [Bolivia will attend the Winter Olympic Games] (Spanish). www.elpaisonline.com/. Boquerón Multimedia (2018年1月18日). 2018年1月20日閲覧。
  31. ^ “БОК утвърди делегацията за Олимпиадата в Пьончан (видео) [Bulgarian Olympic Committee confirmed the delegation for Pyeonchang Olympics]” (Bulgarian). Bulgarian National Television. (2018年1月23日). http://sport.bnt.bg/%D0%B7%D0%B8%D0%BC%D0%BD%D0%B8/%D0%BF%D1%8C%D0%BE%D0%BD%D1%87%D0%B0%D0%BD-2018/%D0%B1%D0%BE%D0%BA-%D1%83%D1%82%D0%B2%D1%8A%D1%80%D0%B4%D0%B8-%D0%B4%D0%B5%D0%BB%D0%B5%D0%B3%D0%B0%D1%86%D0%B8%D1%8F%D1%82%D0%B0-%D0%B7%D0%B0-%D0%BE%D0%BB%D0%B8%D0%BC%D0%BF%D0%B8%D0%B0%D0%B4%D0%B0%D1%82%D0%B0-%D0%B2-%D0%BF%D1%8C%D0%BE%D0%BD%D1%87%D0%B0%D0%BD-%D0%B2%D0%B8%D0%B4%D0%B5%D0%BE 2018年1月28日閲覧。 
  32. ^ Piloto do bobsled será o porta-bandeira do Brasil em PyeongChang”. 2018年2月5日閲覧。
  33. ^ Alessandro Mariotti pronto per le olimpiadi invernali: “È il sogno di ogni sportivo””. Sorpresa News. 2018年2月2日閲覧。
  34. ^ “Nevena Ignjatović nosi srpsku zastavu u Pjongčangu”. Radio Television of Serbia. (2018年1月22日). http://www.rts.rs/page/sport/sr/story/129/ostali-sportovi/3014646/nevena-ignjatovic-nosi-srpsku-zastavu-u-pjongcangu.html 2018年1月25日閲覧。 
  35. ^ Niklas Edin svensk fanbärare vid OS-invigningen”. svt.se. 2018年2月7日閲覧。
  36. ^ Cologna wird die Schweizer Fahne tragen”. srf.ch. 2018年2月8日閲覧。
  37. ^ 71 Slovenian athletes head to Pyeongchang”. rtvslo.si. 2018年2月2日閲覧。
  38. ^ “Azerbaijan’s flag-bearer in Winter Olympics named”. Report Information Agency (Baku, Azerbaijan). (2018年1月22日). https://report.az/en/individual/azerbaijan-s-flag-bearer-in-winter-olympics-named/ 2018年1月22日閲覧。 
  39. ^ Irineu Esteve serà el banderer als Jocs Olímpics de PyeongChang”. Diari d'Andorra. 2018年2月2日閲覧。
  40. ^ Shqipëria me 2 sportistë në Olimpiadën dimërore “Pyeongchang 2018””. telesport.al. 2018年2月2日閲覧。
  41. ^ Phillips, Curtis J. (2018年1月3日). “McMurray-born skiier first to represent Eritrea at Winter Olympics”. Fort McMurray Today (Fort McMurray, Alberta, Canada). http://www.fortmcmurraytoday.com/2018/01/03/mcmurray-born-skiier-first-to-represent-eritrea-at-winter-olympics 2018年1月5日閲覧。 
  42. ^ Eesti lipukandja PyeongChangi olümpia avatseremoonial on Saskia Alusalu”. ERR. 2018年2月7日閲覧。
  43. ^ Rodriguez, Ana (2018年1月19日). “Klaus Jungbluth será el abanderado en los Juegos Olímpicos de Invierno 2018” [Klaus Jungbluth will be the flag bearer at the 2018 Winter Olympics] (Spanish). www.pichinchauniversal.com.ec/. Pichincha Universal. 2018年1月19日閲覧。
  44. ^ Hope, Nick (2018年2月8日). “Winter Olympics 2018: Lizzy Yarnold named Team GB flagbearer”. BBC. Pyeongchang, South Korea. https://www.bbc.com/sport/winter-olympics/42973092 2018年2月8日閲覧。 
  45. ^ “Austria to send 105 athletes to Pyeongchang Olympics”. Associated Press (New York City, New York, United States). (2018年1月22日). https://in.news.yahoo.com/austria-send-105-athletes-pyeongchang-olympics-140348348.html 2018年1月22日閲覧。 
  46. ^ http://noc-ukr.org/news/16042/
  47. ^ Olympics: Fontana to be flag carrier”. www.ansa.it/. Agenzia Nazionale Stampa Associata (ANSA) (2017年10月20日). 2017年10月22日閲覧。
  48. ^ ישראל ספורט - אלכסיי ביצ'נקו יישא את דגל ישראל בטקס הפתיחה” (ヘブライ語). ישראל ספורט. 2018年2月5日閲覧。
  49. ^ “JOC selects speedskater Nao Kodaira as team captain for Pyeongchang Olympics”. ジャパンタイムズ (Tokyo and Osaka, Japan). (2018年1月16日). https://www.japantimes.co.jp/sports/2018/01/16/olympics/winter-olympics/joc-selects-speedskater-nao-kodaira-team-captain-pyeongchang-olympics/#.Wl5m4q6nHIV 2018年1月16日閲覧。 
  50. ^ “Olympics: Athletes gather for Winter Olympics inauguration ceremony”. 毎日新聞 (Tokyo, Japan). (2018年1月24日). https://mainichi.jp/english/articles/20180124/p2g/00m/0sp/084000c 2018年2月4日閲覧。 
  51. ^ Pocta pro Samkovou! Obhájkyně zlata ponese českou vlajku na zahájení ZOH”. 2018年2月6日閲覧。
  52. ^ Henrik von Appen será el abanderado chileno en los Juegos Olímpicos de Invierno”. coooperativa.cl. 2018年2月2日閲覧。
  53. ^ “Abzal Azhgaliyev to be Kazakhstan flag bearer at PyeongChang 2018 Olympics”. Kazinform (Astana, Kazakhstan). (2018年1月9日). http://www.inform.kz/en/kazakhstan-flag-bearer-at-pyeongchang-2018-olympics-announced_a3117883 2018年1月10日閲覧。 
  54. ^ Nichols, Paula (2018年1月16日). “Virtue & Moir to lead Team Canada as PyeongChang 2018 flag bearers”. www.olympic.ca/. Canadian Olympic Committee. 2018年1月16日閲覧。
  55. ^ Ja me sa garues do të përfaqësohet Kosova në Olimpiadën Dimërore”. portalionline.com. 2018年2月2日閲覧。
  56. ^ Winter Olympics 2018: Croatia Selects Flag Bearer for 20-Strong Team”. croatiaweek.com. 2018年2月2日閲覧。
  57. ^ Taiwanese Olympic athletes headed to Pyeongchang, South Korea”. taiwannews.com.tw. 2018年2月2日閲覧。
  58. ^ https://www.khaosod.co.th/sports/news_746840
  59. ^ http://www.record.pt/modalidades/jogos-olimpicos/detalhe/pyeongchang2018-kequyen-lam-e-o-porta-estandarte-portugues-na-cerimonia-de-abertura.html
  60. ^ Media, Wirtualna Polska (2018年1月23日). “Zbigniew Bródka chorążym reprezentacji Polski na igrzyskach olimpijskich - WP SportoweFakty” (ポーランド語). sportowefakty.wp.pl. https://sportowefakty.wp.pl/zimowe/733702/zbigniew-brodka-chorazym-reprezentacji-polski-na-igrzyskach-olimpijskich 2018年2月3日閲覧。 
  61. ^ Winters, Max (2017年9月28日). “Double Olympic champion named as France's Pyeongchang 2018 flag bearer”. Insidethegames.biz. Dunsar Media. 2017年9月28日閲覧。
  62. ^ МОК ги испрати олимпијците кон Пјонгчанг”. 2018年2月5日閲覧。
  63. ^ Janne Ahonen kantaa Suomen lippua avajaisissa” (Finnish). Iltalehti. 2018年2月7日閲覧。
  64. ^ Athlete Profile: Asa Miller”. Pyeongchang 2018 Olympic Winter Games. 2018年2月9日閲覧。
  65. ^ Nagy Konrád a magyar zászlóvivő a phjongcshangi megnyitón”. 2018年2月7日閲覧。
  66. ^ a b Olympics' most powerful moment”. NewsComAu (2018年2月10日). 2018年2月9日閲覧。
  67. ^ 平昌五輪の聖火台”. 2018年平昌オリンピック. 2018年2月7日閲覧。
  68. ^ a b “平昌五輪開会式のテーマは平和…AI・5Gで「冬の物語」を描く”. 中央日報. (2018年1月24日). http://japanese.joins.com/article/871/237871.html 
  69. ^ 南北融和の願い込め=聖火最終点火の演出-平昌五輪開会式
  70. ^ ジャストジョルク (@justjerkcrew) - X(旧Twitter)ジャストジョルク (@justjerkcrew) - Instagram
  71. ^ 韓国の鬼(トケビ)③]韓国の鬼の力はどれくらいで、何ができますか。
  72. ^ “盛り上がらなすぎる極寒の平昌五輪「見に行く方がバカ」 開会式は氷点下20度で観客も“命がけ””. ZAKZAK. (2018年2月6日). https://www.zakzak.co.jp/article/20180206-6567VEF73ZI5LERQGAFZ62SGLY/ 
  73. ^ “寒すぎ平昌五輪、開会式へ選手にヒーター付きテント”. 日刊スポーツ. (2018年2月7日). https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/general/news/201802070000238.html 
  74. ^ 美펜스, 올림픽대표단 끌고 평창行..이방카 참석은 '미정'” (2018年1月10日). 2018年2月8日閲覧。
  75. ^ Daniela Cotto (2018年2月9日). “Il ministro Lotti a Casa Italia, l’incontro con Lindsey Vonn” (italian). La Stampa. http://www.lastampa.it/2018/02/09/sport/speciali/olimpiadi-pyeongchang-2018/il-ministro-lotti-a-casa-italia-lincontro-con-lindsey-vonn-AqQhOx28jG9DmCvFllo2zL/pagina.html 2018年2月10日閲覧。 
  76. ^ “Korea-Estonia summit to help launch peace through Olympics”. Korea.net. (2018年2月7日). http://www.korea.net/NewsFocus/policies/view?articleId=153762 2018年2月10日閲覧. "President Moon Jae-in held a meeting with President Kersti Kaljulaid of Estonia who is on a visit to Korea to attend the PyeongChang 2018 Olympic and Paralympic Winter Games." 
  77. ^ Koningspaar en premier Rutte bij openingsceremonie Pyeongchang”. 2018年2月14日閲覧。
  78. ^ Gov. Gen. Julie Payette to attend opening of winter Olympics”. 2018年2月14日閲覧。
  79. ^ a b Winter Olympics opening ceremony: Koreans enter under unified flag – as it happened”. The Guardian. 2018年2月11日閲覧。
  80. ^ Alan Crosby (2018年2月10日). “Winter Olympics Debut A 10th-Anniversary Gift For Kosovo”. Radio Free Europe/Radio Liverty. https://www.rferl.org/a/kosovo-winter-olympics-debut-10th-anniversary-independence-gift/29032362.html 2018年2月10日閲覧. "Hashim Thaci, president of Kosovo, said on February 5 during a ceremony presenting the official Kosovar flag to Tahiri." 
  81. ^ “JO 2018: Alain Berset à Pyeongchang pour affirmer la présence de la Suisse” (french). La Côte. (2018年2月10日). https://www.lacote.ch/dossiers/jeux-olympiques-d-hiver-de-pyeongchang-2018/articles/jo-2018-alain-berset-a-pyeongchang-pour-affirmer-la-presence-de-la-suisse-735478 2018年2月10日閲覧。 
  82. ^ 33개국 정상급 45명 참석 밝혀… 靑 경호처가 근접 보호”. 2018年2月8日閲覧。
  83. ^ Зимске олимпијске игре свечано отворене у Пјончангу - СПОРТСКИ ЖУРНАЛ”. 2018年2月14日閲覧。
  84. ^ SOUTH KOREA-CHINA-HAN ZHENG-WINTER OLYMPICS-OPENING CEREMONY” (2018年2月9日). 2018年2月10日閲覧。
  85. ^ “Presidente de Alemania apoya diálogo entre Coreas” (spanish). Deutsche Welle. http://www.dw.com/es/presidente-de-alemania-apoya-di%C3%A1logo-entre-coreas/a-42531385 2018年2月10日閲覧。 
  86. ^ 평창 오는 외국정상 벌써 15명…‘올림픽 외교’ 꽃피운다” (2017年12月26日). 2018年2月8日閲覧。
  87. ^ Szczerski o rozmowie Dudy z wiceprezydentem USA: od razu wiadomo, że się odbędzie”. 2018年2月8日閲覧。
  88. ^ Prince Albert II of Monaco (C) reacts as he visits the House of Switzerland during the PyeongChang 2018 Olympic Games, South Korea”. european pressphoto agency. 2018年2月10日閲覧。
  89. ^ “The President attends the opening ceremony of Winter Olympics”. President of the Republic of Lithuania. (2018年2月9日). https://www.lrp.lt/en/press-centre/press-releases/the-president-attends-the-opening-ceremony-of-winter-olympics/29355 2018年2月10日閲覧。 
  90. ^ “Grand Duke Henri to Attend Winter Olympics”. Chronicle.lu. http://www.chronicle.lu/category/luxembourg/grand-duke-henri-to-attend-winter-olympics 2018年2月10日閲覧。 
  91. ^ “Guterres se reunió con el líder norcoreano Kim Yong-nam” (spanish). Deutsche Welle. (2018年2月10日). http://www.dw.com/es/guterres-se-reuni%C3%B3-con-el-l%C3%ADder-norcoreano-kim-yong-nam/a-42526700 2018年2月10日閲覧. "El secretario general de la ONU, Antonio Guterres, se encontró con el presidente nominal de Corea del Norte, Kim Yong-nam, en el marco de la inauguración de los Juegos Olímpicos de invierno en Pyeongchang." 
  92. ^ Winter Olympics 2018 opening ceremony – live!”. Guardian (2018年2月9日). 2018年2月9日閲覧。
  93. ^ a b しんぶん赤旗(2018年2月10日)
  94. ^ “北朝鮮で拘束され死亡の大学生の父親、米副大統領と五輪開会式に出席”. Bloomberg. (2018年2月6日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-06/P3PU5U6S972B01 
  95. ^ “As North Koreans arrive at Olympics, Pence points to defectors to counter regime”. CNN. (2018年2月9日). https://edition.cnn.com/2018/02/09/politics/pence-south-korea-olympics/index.html 
  96. ^ 五輪開会式、米朝首脳のそっくりさん登場で場内混乱
  97. ^ 平昌五輪開会式に侵入者、パフォーマーに近づくも警備員に取り押さえ
  98. ^ ピョンチャンオリンピック ◇開会式(中継) - NHKクロニクル
  99. ^ ピョンチャンオリンピック ◇開会式(中継) - NHKクロニクル
  100. ^ 桑子真帆アナ 平昌五輪開会式を「閉会式」再放送は言い間違いカット
  101. ^ ピョンチャンオリンピック - NHKクロニクル
  102. ^ 各国の反応
  103. ^ 「ひとつになる」メッセージ伝わってきた開会式
  104. ^ ロシアがサイバー攻撃、東京五輪など標的 米で6人訴追”. AFP通信 (2020年10月20日). 2020年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]