チャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Janggu.jpg
演奏例

チャング장구)は、朝鮮半島の代表的な打楽器太鼓)。別名・チャンゴ(杖鼓 / 長鼓、장고)。

特徴[編集]

を大きくしたような形状で、の木を削った胴になどのを張る。全体の大きさや使用する革は、演奏する曲のジャンルで異なる。左右の皮は音が異なり、左側は先端が丸いものがついているクングルチェというを使うか、平手で叩く。右側はでできた桴のヨルチェをしならせながら叩く。手首は縦ではなく、横に回転させる。左の桴は時に右面も打って往復する。胴体と革を紐で固定しており、紐に挟まっているプジョンでチューニングをする。

チャングは両面太鼓。の原型だという説もある。リズムは3拍子。

韓国の現代音楽である「サムルノリ」で必ず用いられる4つの楽器(ケンガリチン、チャング、プク)ではチャングはを表現している。五穀豊穣を祈る農楽や祖先を祀るプンムル(風物)で親しまれてきた。

「伝統楽器」と表現されることがあるが、伝来や、いつごろから使用されているかは明らかではない。現代はショーとしてアレンジされた打法・演技で華美に披露され、古来からの楽曲が正確に伝承・演奏されることはない。


外部リンク[編集]