オットー・ワームビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オットー・ワームビア
生誕 オットー・フレデリック・ワームビア
1994年12月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ
死没 (2017-06-19) 2017年6月19日(22歳没)
 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・オハイオ州シンシナティ
国籍 アメリカ合衆国
教育 ワイオミング高校英語版(2013年)
出身校 バージニア大学
宗教 ユダヤ教
フレッド・ワームビア
シンディ・ワームビア(旧姓ガーバー)

オットー・フレデリック・ワームビア(Otto Frederick Warmbier、1994年12月12日 - 2017年6月19日)は、アメリカ合衆国オハイオ州出身のバージニア大学の学生。2015年末から2016年初めにかけて実施された北朝鮮へのツアーに参加中に北朝鮮当局に拘束され、2017年6月に昏睡状態で帰国しその後死亡した。

経歴[編集]

生い立ち
1994年にオハイオ州シンシナティドイツ北西部からの移民系の父とユダヤ系の母との間の家庭で生まれ育ち[1][2]、2人の弟妹がいるユダヤ系アメリカ人である[3]2013年ワイオミング高校英語版ではサルタトリアン英語版(クラスの次席で卒業式で来賓に祝辞を述べる役割)として卒業した[4]北朝鮮に渡航した時は、バージニア大学で商学と経済を学ぶ学生であった。
政治ポスターを盗んだとして有罪
中国の観光ツアー会社ヤング・パイオニア・ツアーズ英語版が主催した年越しのツアーで北朝鮮を観光中、2016年1月1日に「滞在先の羊角島国際ホテルの政治宣伝ポスターなどを盗もうとした」として[5]、1月2日の帰りの便に乗ろうとしたときに平壌空港で北朝鮮当局に「オハイオ州ワイオミングにあるキリスト教の友情連合メソジスト教会の指示を受けて1万ドルをもらい、政治宣伝のポスターをはがそうとした」という罪で拘束された[3][6]。他に10名のアメリカ人が同行していた[7]。同年2月29日には北朝鮮で記者会見で「兄と妹は私を必要としている」「私は人間であり、人生で最悪の過ちを犯してしまったことをあなたたちが見ていることを願っています。」と述べた[8]。同年3月16日、北朝鮮の最高裁国家転覆陰謀罪にあたるとして、労働教化刑15年を宣告した[9]。ワームビア家は、キリスト教徒ではなく、ユダヤ教徒であることを知らないことが背景にある北朝鮮のでたらめな主張にもかかわらず、北朝鮮を刺激しないためにユダヤ教の信者だという事実を対外的に公表しなかった。イスラエルのメディアなどによると、米国の交渉チームもワームビア家の選択に従い、北朝鮮を驚かせないように交渉でさえこの事実には言及しなかった。朝鮮日報は息子が抑留された状況でも韓国では頻繁な遺族による感情的対応をせず、極めて冷静さを保ったことを驚異であると肯定的に報道した[3]
拷問による昏睡状態
2017年6月6日、アメリカ国務省ジョセフ・ユン政府特別代表(北朝鮮担当)は、ニューヨークで北朝鮮の国連大使と接触。オットー・ワームビアが、昏睡状態であることを把握。トランプ大統領の指示を受けて、急遽、同年6月12日に医療チームとともに訪朝して解放に向けた交渉が行われた[10]。救出にはリチャードソンセンターのNGOで働くミッキー・バーグマン英語版が家族からの依頼を受け、解放交渉に動いたことが明らかにされている[11]
帰国後に死亡
同年6月中にワームビアは解放され、アメリカに帰国するが、6月19日に死亡した[4][12]。昏睡状態になった原因として、労働教化中に受けた拷問と殴打であることが、米国の医師らにより確認されている。北朝鮮側は、ワームビアが2016年3月よりボツリヌス症による昏睡状態となっており、交渉後「人道的見地」から速やかに釈放されることになったと主張したが、これに対し米国の医師らは、ワームビアがボツリヌス症に感染した形跡は無かったと述べた[12]。治療を担当したオハイオ州シンシナティ大学病院の医師によれば、植物状態で目は開くが言葉を発することはできない、ボツリヌス菌の中毒症状は見られない、脳の大部分の細胞が損傷している、心拍停止によって脳に酸素が送られなかったときに生じる典型的な症状であると説明した[13][14][15][16]
ワームビアの両親は、同年9月26日、FOXニュース 情報番組『フォックス・アンド・フレンズ』に出演し、ワームビアの父フレッドは「(ワームビアは)体を動かし、激しく痙攣していて、うなり声を上げ、人間でないような音を出していた。髪の毛は剃ってあり、目が見えず、耳が聞こえない状態で、腕と脚は完全に変形しており、足には大きな傷があり、誰かがペンチを使って彼の下の歯並びを変えたようだった。組織的に拷問され、金正恩とその体制に意図的に危害を加えられた。これは事故じゃない。」と語った。ワームビアの母であるシンディーは「北朝鮮が送還を許したのは、自分たちの国で死なせたくなかったから。米国人は北朝鮮に旅行しないでほしい。訪問すれば政治的宣伝に使おうとする北朝鮮の思う壺だ。」と語った[12]
6月22日、ワームビアの出身高校にて葬儀が営まれ、両親や教職員、元同級生など2500人あまりが参列。北朝鮮担当の特別代表であるジョセフ・ユン大使も出席した。

米朝関係[編集]

北朝鮮外務省の主張[編集]

オハイオ州ワイオミングのキリスト教会から依頼を受けて、政治宣伝のポスターをはがそうとしたとの拘束理由を主張した。しかし、オットーがユダヤ教徒である事実を知らなかったことから主張の虚偽を指摘されている[3]

2017年6月23日、北朝鮮外務省の報道官は、下記のように主張している。

「米国内でワームビアが死亡したのが、労働教化中に拷問と殴打を受けたためという事実無根の噂が流れている」「ワームビアの生命兆候が正常だったのに、米国に帰ってから1週間も経たないうちに急死したのは、我々にとっても謎」「それほどに米国民の安寧に対して関心を持っているなら、どうして米国政府はオバマ政権時代にワームビアの人道主義的釈放問題を一度も私たちに公式に要請しなかったのか。その答えは米国が自らに求めるべきだ」「ワームビアは我々に対する極度の敵対感と抵抗感にとらわれ、対話を拒否してきたオバマの戦略的忍耐政策の犠牲者」「このような事実を全面的に歪曲し、故意的で反共和国非難騒動を起こして、尊厳の高いわが国に対する報復と圧力を語ることこそが、我々に対する挑戦であり、政治的謀略」「明確にしておくが、今回の事件による最大の被害者は我々」「米国で行われている反共和国、非難合戦は我々にとって、敵に対する人道的、寛容性は禁物であり、法の刃をさらに鋭く研いでおかなければならないという決心を固めさせるもの」「米国は、彼らの軽挙妄動がもたらすの禍について熟慮すべきだ」[17]

米国の対応[編集]

アメリカ政府は2016年1月に北朝鮮の判決である労働教化刑15年は北朝鮮の主張する起訴理由の刑罰にしては重すぎると非難した[8]

ワームビアの死亡を受け、2017年に7月21日にトランプ政権は米国民の北朝鮮への観光の禁止と米国務省による渡航許可制を発表した[18][19]。米国務省は北朝鮮への渡航を認可する条件に遺言状の作成と葬儀の手配を挙げた[20]

10月24日にはアメリカ合衆国下院でワームビアに因み、北朝鮮政府と取引する外国政府や北朝鮮労働者を雇用した外国企業に定められた数量以上の石炭、鉱物、繊維、原油、石油製品の輸出入を行った場合に義務的に制裁を科するよう定め、北朝鮮制裁の対象になった個人と取引する海外金融機関に対しては米国内の資産を凍結し、口座の開設を制限するようにした「オットー・ワームビア法案」(HR 3898)が可決された[21]。ワームビア家はこれに感謝を表明した[21]

11月20日、トランプ大統領はワームビアの事件や金正男暗殺事件を例に挙げて「北朝鮮は世界を核で脅してるだけでなく、引き続き国際テロを支援している」「もっと何年も前に再指定されるべきだった」として北朝鮮を9年ぶりにテロ支援国家に再指定することと追加制裁の意向を表明した[22]

2018年1月31日、トランプ大統領は初の一般教書演説でアメリカ合衆国議会にワームビアの両親と脱北者を招いて異例の5分超[23]にわたって北朝鮮を非難したくだりではワームビアの両親を最初に紹介して「妥協してきた歴代政権の失敗は繰り返さず、最大限の圧力をかけ続ける」と述べた[24]

2018年2月4日、2018年平昌オリンピックの開会式に米代表団の団長として出席するペンス副大統領はワームビアの両親を同行させると発表した[25]。開会式直前にはペンスと共に脱北者と面会した[26]。これに北朝鮮は強く反発した[27]

2018年4月、ワームビアの両親は外国主権免責法英語版に基づいて北朝鮮を提訴し、同年12月24日、ワシントン連邦地方裁判所は拷問、人質、裁判なき超法規的な殺人、両親が負った被害について北朝鮮は責任を負うとして、5億100万ドル(約550億円)の支払いを命じる判決を言い渡した[28][29]。朝鮮日報はこれまでワームビア家が行ってきた北朝鮮へのについて、韓国歴代のいかなる政権も出来なかったレベルだと評価し、「ひょっとすると歴史は、「22歳のユダヤ人青年の不幸な死が北朝鮮民主化の呼び水となったと記録するかもしれない」と報道した。

参考文献[編集]

  1. ^ “米国人学生、北朝鮮から解放 「昏睡状態」と”. 英国放送協会. (2017年6月14日). http://www.bbc.com/japanese/40269673 2017年6月21日閲覧。 
  2. ^ Erin Hill (2017年6月14日). “Everything to Know About Otto Warmbier, the U.S. College Student Who Was Imprisoned by North Korea”. ピープル. http://people.com/human-interest/otto-warmbier-the-u-s-college-student-who-was-imprisoned-by-north-korea/ 2017年6月21日閲覧。 
  3. ^ a b c d 【コラム】北朝鮮への復讐、ユダヤ人のやり方” (日本語). ライブドアニュース. 2019年12月28日閲覧。
  4. ^ a b Susan Svrluga; Anna Fifield (2017年6月19日). “Otto Warmbier dies days after release from North Korean detention”. ワシントン・ポスト. 2017年6月20日閲覧。
  5. ^ Associated Press (2016年2月29日). “North Korea puts tearful detained American before cameras”. ロサンゼルス・タイムズ. 2017年6月20日閲覧。
  6. ^ Charlie Campbell (2016年1月25日). “The Detention of a U.S. Student in North Korea Underscores the Risks of Traveling There”. タイム. 2017年6月20日閲覧。
  7. ^ Steve Dawson (2017年1月16日). “What Happened to Otto Warmbier- News & Updates”. Gazette Review. https://gazettereview.com/2017/01/happened-otto-warmbier-news-updates/ 2017年6月16日閲覧。 
  8. ^ a b Tiffany Ap; Brian Todd (2016年1月25日). “North Korea sentences U.S. student to 15 years hard labor”. CNN. 2017年6月21日閲覧。
  9. ^ Nash Jenkins (2017年4月29日). “Otto Warmbier Has Been a Prisoner of North Korea Since the Start of 2016. Has America Forgotten Him?”. CNN. http://time.com/4757085/otto-warmbier-north-korea/ 2017年6月16日閲覧。 
  10. ^ 大木聖馬 (2017年6月14日). “トランプ政権高官が初訪朝…拘束の米人解放時に”. YOMIURI ONLINE. http://www.yomiuri.co.jp/world/20170614-OYT1T50077.html 2017年6月20日閲覧。 
  11. ^ Sarah Wildman (2017年7月3日). “Meet one of the negotiators who helped free Otto Warmbier from North Korea”. Vox. 2017年7月6日閲覧。
  12. ^ a b c “北朝鮮解放後死亡した米学生、両親は「組織的な拷問」だったと” (英語). (2017年9月27日). https://www.bbc.com/japanese/41410847 2019年11月15日閲覧。 
  13. ^ “北朝鮮、米国人学生を解放 1年以上昏睡状態”. CNN. (2017年6月14日). https://www.cnn.co.jp/world/35102690.html 2017年6月14日閲覧。 
  14. ^ Jason Hanna (2017年6月16日). “Doctors: Ex-North Korea detainee Otto Warmbier has severe brain injury”. CNN. 2017年6月16日閲覧。
  15. ^ Staff and agencies in Wyoming (2017年6月15日). “Otto Warmbier has severe brain injury and is unresponsive, doctors say”. ガーディアン. 2017年6月16日閲覧。
  16. ^ Susan Svrluga (2017年6月15日). “Otto Warmbier has extensive loss of brain tissue, no obvious signs of trauma, doctors say”. ワシントン・ポスト. 2017年6月16日閲覧。
  17. ^ “北朝鮮「生命兆候正常だったワームビア氏が急死したのは私たちにとっても謎」”. hankyoreh. (2017年6月24日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27730.html 
  18. ^ 米 北朝鮮渡航を原則禁止へ 大学生の死亡受け”. NHK (2017年7月22日). 2017年7月25日閲覧。
  19. ^ 米、北朝鮮への渡航禁止を発表 逮捕や拘束のリスク”. CNN (2017年7月22日). 2017年7月25日閲覧。
  20. ^ 米国務省「北朝鮮に行くなら遺言状を書いてから行け」”. 朝鮮日報 (2018年1月17日). 2018年1月17日閲覧。
  21. ^ a b North Korea Sanctions Named in Honor of Otto Warmbier Passes House”. majorityleader.gov. 2017年10月26日閲覧。
  22. ^ トランプ政権、北朝鮮をテロ支援国家再指定 9年ぶり”. 日本経済新聞 (2017年11月21日). 2017年11月22日閲覧。
  23. ^ 北非難は異例の5分以上、脱北者らを招待… 金正恩体制は「邪悪」”. 産経新聞 (2018年1月31日). 2018年2月3日閲覧。
  24. ^ トランプはやっぱり北朝鮮に「先制攻撃」を仕掛けるつもりじゃないか”. 現代ビジネス (2018年2月3日). 2018年2月3日閲覧。
  25. ^ 北が拘束後、死亡 米被害者遺族が五輪開会式同行”. 東京新聞 (2018年2月6日). 2018年2月25日閲覧。
  26. ^ “As North Koreans arrive at Olympics, Pence points to defectors to counter regime”. CNN. (2018年2月9日). https://edition.cnn.com/2018/02/09/politics/pence-south-korea-olympics/index.html 
  27. ^ North Korea denounces ‘Trump group’ for bringing up Otto Warmbier during Olympics charm offensive”. ワシントン・ポスト (2018年2月16日). 2018年2月25日閲覧。
  28. ^ “米裁判所、北朝鮮に5.01億ドルの賠償命令 ワームビア氏死亡で”. ロイター. (2018年12月24日). https://jp.reuters.com/article/us-court-north-korea-idJPKCN1ON14S 2018年12月25日閲覧。 
  29. ^ “北朝鮮に550億円支払い命令=拘束学生死亡で-米連邦地裁”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2018年12月25日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122500740&g=int 2018年12月25日閲覧。 

関連項目[編集]