ボルノ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボルノ州
州の愛称: 平和の家
ボルノ州の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
州都 マイドゥグリ
設置日 1976年2月3日
公用語 英語
面積 70,898 km² (2位)
人口
 -1991年 国勢調査
 -2005年 推計
12位
2,596,589 人
4,588,668 人
州知事
一覧
アリ・モドゥ・シェリフ (ANPP)
ISO 3166-2:NG NG-BO

ボルノ州 (Borno State) は、ナイジェリア北東部のである。州都はマイドゥグリ(現地ではイェルワと呼ばれる)。

歴史[編集]

この地域はカヌリ族英語版が支配し、伝統的な統治体制が持続していたアフリカの中でも数少ない地域で、以前のカネム・ボルヌ帝国首長が1000年に渡って統治者であった。21世紀の今日でも首長は存続しており、地域政府の顧問である。

今の支配者層(政府)はイギリスの援助を得て19世紀初期に既存勢力を制圧、1905年に今の州都マイドゥグリに都を置いた。

1960年のナイジェリア独立後も、1967年に12州制になるまで自治を行っていた。 1976年北東部州英語版の分割により設立。1991年に西部がヨベ州に分割された。

2000年代にはいると、イスラム系反政府組織ボコ・ハラムがボルノ州を拠点に勢力を拡大。2013年以降は、ボコ・ハラムが政府に対して宣戦布告を宣言したことにより州内に非常事態宣言が布かれ、政府軍と反政府側で交戦が行われた[1]。ボコ・ハラム側は、集落を襲い多数の住民を殺害したり、学校から生徒を集団で誘拐するなど治安が極端に悪化した[2]。2017年現在においてもボコ・ハラムによって家を追われた人は、数万人規模となっており、世界食糧計画や支援団体の手により食糧支援などが続けられている[3]

ポリオ根絶に向けた動き[編集]

ナイジェリアは、長らくポリオの発生地であったが徐々に発生数が減少。ポリオの根絶が宣言される一歩手前の状態にあったが、2016年にボルノ州にて2名の新規患者が発生。根絶宣言は事実上先送りとなった。ポリオの発生は予防接種が停滞していたことが背景にあり、ボコ・ハラムとの紛争で地域が荒廃したことも原因とされている[4]

その他の都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Aborisade, Oladimeji; Mundt, Robert J. Politics in Nigeria, Longhorn (2002) New York

関連項目[編集]