本庶佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本庶 佑
(ほんじょ たすく)
文化勲章受章に際して文部科学省より公表された肖像写真
文化勲章受章に際して
文部科学省より公表された肖像写真
生誕 (1942-01-27) 1942年1月27日(78歳)
日本の旗 京都府京都市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 京都大学
東京大学
大阪大学
出身校 京都大学医学部進学課程修了
京都大学医学部専門課程卒業
京都大学大学院医学研究科修了
博士課程
指導教員
西塚泰美
他の指導教員 早石修
博士課程
指導学生
石田靖雅
主な業績
影響を
受けた人物
柴谷篤弘
主な受賞歴 本文「学術賞」節を参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2018年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用

本庶 佑(ほんじょ たすく、1942年昭和17年)1月27日 - )は、日本医師医学者医化学分子免疫学)。学位医学博士京都大学・1975年)。京都大学名誉教授・高等研究院副研究院長特別教授、京都大学がん免疫総合研究センター初代センター長、静岡県公立大学法人顧問、ふじのくに地域医療支援センター理事長、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構理事長お茶の水女子大学学長特別招聘教授。日本学士院会員文化功労者文化勲章受章者。京都市生まれ、山口県宇部市育ち。

京都大学医学部副手、東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学大学院医学研究科研究科長、京都大学医学部学部長内閣府総合科学技術会議議員、静岡県公立大学法人理事長、先端医療振興財団理事長などを歴任した。

免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用により、2018年にノーベル生理学・医学賞ジェームズ・P・アリソンと共同受賞した。

概要[編集]

クラススイッチ組換えと体細胞突然変異によって抗体が造られるメカニズムを解明した。また、世界で初めて活性化誘導シチジンデアミナーゼを発見したことでも知られている。さらに、PD-1を阻害するがん免疫療法を開発したことから、のちに免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブの開発に繋がった。

これらの功績から日本学士院会員文化功労者として顕彰され、2013年には文化勲章が授与されている。2018年にはノーベル生理学・医学賞が授与された。

母校である京都大学をはじめ、東京大学大阪大学にて教鞭を執り、後進の育成に力を注いだ。長年にわたって勤務した京都大学では、医学研究科研究科長医学部学部長など要職を歴任。京都大学に2020年4月1日新設される「がん免疫総合研究センター」のセンター長に就任予定である[1]静岡県立大学などを設置・運営する公立大学法人では理事長に就任した。また、先端医療振興財団とその後身である神戸医療産業都市推進機構においても理事長を務めた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1942年京都府京都市にて生まれた[2]太平洋戦争末期の1945年の実家がある富山市富山大空襲に遭い、自宅が焼ける。避難していた防空壕焼夷弾が命中したが、防空壕の底に水がたまっていたため不発だった。「もし爆発していたら私はこの世にいなかったと思う」と述べている。その後、に抱かれながら富山市から母の実家がある魚津市まで避難した[3]。戦後、医師山口大学医学部教授を務めた父の仕事の都合により[4]山口県宇部市で育つ[2]山口県立宇部高等学校卒業後、1960年京都大学医学部医学科に入学、1966年には京都大学医学部医学科卒業[5]。両親は共に富山県出身、本籍も富山市花園町にある[6]

大学生時代は、同期の中西重忠らと知り合う[2]。また、かつて父の同僚であった柴谷篤弘の著書を読んで感銘を受け、柴谷に会いにいったこともあったという[2]。父や柴谷らのアドバイスを受け、早石修の門下となる[2]1966年、京都大学医学部医学科を卒業し、京都大学医学部附属病院にてインターンに従事する[5]

1967年京都大学大学院医学研究科生理系専攻に進学した[5]博士課程では、早石の下にいた西塚泰美より指導を受けた[2]。また、大学院在籍中に医師国家試験に合格している[5]1971年、京都大学大学院の医学研究科を修了した[5]。なお、1975年に京都大学より医学博士号を取得している[5]

学術的な活動[編集]

2018年10月11日、中央合同庁舎第七号館にて

大学院修了後、京都大学医学部にて副手となる[7]1974年には、東京大学医学部助手を務めた[7]。その間、カーネギー研究所にて発生学部門の客員研究員を兼任したり、アメリカ国立衛生研究所傘下の国立小児保健発達研究所にて分子遺伝学研究室の客員研究員を兼任したりするなど[7]アメリカ合衆国の研究機関の客員としても活動した。

1979年大阪大学の医学部にて教授に就任した[7]。また、1982年より京都大学医学部の教授も併任し、1984年から京都大学医学部教授が本務となる[7]。京都大学では遺伝子実験施設の施設長なども務めた[7]。また、1989年から1998年にかけて、弘前大学の医学部の教授も併任していた[7]1995年より、京都大学大学院の医学研究科教授が本務となり、研究科長学部長などを歴任した[7]2005年より、京都大学大学院の医学研究科にて特任教授に就任し、2006年には同研究科の客員教授となった[7]2017年5月1日からは、京都大学の高等研究院にて特別教授を務めることになった[8]。2020年4月からは、京都大学がん免疫総合研究センターのセンター長に就任[9]

その他の公的な活動[編集]

2011年12月15日、内閣府総合科学技術会議の会合にて内閣総理大臣野田佳彦(左から3人目)、総務大臣川端達夫(左端)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)古川元久(左から2人目)らと。

大学以外の公職も多く務めており、1999年から2004年まで、文部省にて高等教育局の科学官を併任した[7]。また、2004年から日本学術振興会にて学術システム研究センターの所長を併任し、2006年からは内閣府にて総合科学技術会議の議員を併任した[7]

2012年からは、静岡県立大学静岡県立大学短期大学部の設置者である静岡県公立大学法人の理事長を務めている[10][11]。なお、2017年5月より京都大学の高等研究院にて常勤職である特別教授に就任することになったため[8][12]、静岡県公立大学法人の理事長を兼任し続けるのは困難と判断し[12]、同年4月30日に理事長を退任することとなった[8][12][13][14]。なお、理事長退任後は、静岡県公立大学法人の顧問を務めている[15]。また、ふじのくに地域医療支援センター理事長である寺尾俊彦の死去に伴い、2013年1月8日に後任の理事長に就任した[16]。こちらの理事長については、京都大学高等研究院の特別教授就任後も引き続き在任した[14]。そのほか、先端医療振興財団にて副理事長を務めてきたが、井村裕夫の後任として2015年7月1日に理事長に就任、同財団は2018年に公益財団法人神戸医療産業都市推進機構へと発展改組されたが理事長は本庶が務めている。[17][18][19]。 。

業績[編集]

CTLA4やPD-1によるがん免疫療法
2013年11月3日、文化勲章親授式後に高志の国文学館館長中西進(左から2人目)、書家高木聖鶴(左から3人目)、東北工業大学理事長岩崎俊一(右から2人目)、俳優高倉健(右端)と皇居宮殿東庭で記念撮影。

2000年には文化功労者として顕彰されており、2005年には日本学士院会員に選任されている[20]日本学士院は、本庶の主要な業績について「リンパ球抗体遺伝子クラススイッチ組換えと体細胞突然変異という遺伝子改変を導入し、ウイルス細菌などの病原体の認識と排除に最も適した抗体を作る仕組みを解明しました」[21]と説明するとともに、「活性化誘導シチジンデアミナーゼを発見し、そのメカニズムの全貌を明らかにしたことは国際的に高く評価されています」[21]と讃えている。

1984年、T細胞表面のIL-2受容体を単離し、続いて、クラススイッチを制御するサイトカインIL-4IL-5の遺伝子をクローニングし、その塩基配列を解読した[22][23]

また、京都大学本庶研究室のメンバーであった石田靖雅らは1992年、免疫細胞の一種であるT細胞の細胞死が誘導される際、T細胞表面での発現が増強されるPD-1という分子とその遺伝子を同定・命名した(原論文) (PDF) 。その後の研究で、PD-1は抗原提示細胞などの表面にあるPD-L1という分子と結合し、T細胞による免疫反応を抑制する機能を有することが分かった(原論文)。さらに驚くべきことに多くの癌細胞が、その表面にPD-L1を発現していることが発見された。つまり癌細胞は自分の持つPD-L1をPD-1と結合させT細胞の機能を抑えることで、自身を排除しようとする免疫から逃れているという仕組みが明らかにされた(原論文) (PDF)

もしPD-1に対する抗体(抗PD-1抗体)を作製し、癌細胞より先にPD-1に結合させれば、癌細胞のPD-L1は抗体に邪魔されてPD-1に結合できない。すると癌に対するT細胞の免疫が抑制されず、癌細胞が免疫から逃れることができなくなる。その結果癌細胞は、T細胞の免疫反応により排除される(原論文)。その戦略に基づき、ヒト抗PD-1抗体としてニボルマブ(製品名オプジーボ)、ペンブロリズマブ(製品名キイトルーダ)といった免疫チェックポイント阻害剤が製品化された。

免疫チェックポイント阻害剤は従来の癌治療戦略とは異なる画期的な治療として臨床医学に応用されるようになった。具体的には、従来切除不能であると有効な治療がほぼなかった悪性黒色腫の治療で大きな成果を上げた。また、胃癌肺癌などの患者数の多い癌においても、従来の治療法で効果のない患者の一部に対して、ある程度の効果が得られることが分かってきた。免疫チェックポイント阻害剤は理論上あらゆる癌に対し効果が出る可能性があり、現在も様々な癌に対する効果が検証され、治療に使われ始めている。

生体の持つ免疫機能を利用して癌を治療しようとする癌免疫療法は、これまでにも様々な方法が存在していた。しかし、大規模臨床試験などで誰の目にも納得できる有効性が確かめられたことはなく、高額であるにも関わらず効果の不確実な治療であった。免疫チェックポイント阻害剤は免疫療法の中で初めて確固たる効果が確認され、手術、化学療法放射線療法というそれまでの癌治療法に「癌免疫療法」という新たな選択肢を設けることに成功しつつある。

家族・親族[編集]

本庶家

本家は富山県富山市浄土真宗本願寺派本庄山専称寺[24]。ノーベル賞受賞会見で、富山県の寺院がルーツである自身の家系に触れ、「物事を突き詰めて考える人が多い家系。自分はその遺伝子を受け継がせてもらって感謝している」と述べている[25]

略歴[編集]

2010年8月26日、内閣府総合科学技術会議議員相澤益男(左)らと。
2011年11月2日、韓国国家科学技術委員会にて内閣府総合科学技術会議議員相澤益男奥村直樹青木玲子中鉢良治らと。

学術賞[編集]

ノーベル賞受賞に際して文部科学省より公表された肖像写真

栄典・顕彰[編集]

著作[編集]

自著[編集]

編集[編集]

論文[編集]

  • 古川貴久, 小早川義尚, 田村公実子, 木村賢一, 川市正史, 谷村禎一, 本庶佑「RBP-JxのショウジョウバエのホモログであるSuppressor of HairlessはE(spl)m8 neurogenic geneの転写を活性化する」『The Japanese journal of genetics』第70巻第4号、日本遺伝学会、1995年8月、 505-524頁、 ISSN 0021504XNAID 10002507789
  • 本庶佑「分子免疫学の進歩」『日本輸血学会雑誌』第45巻第4号、1999年8月、 476-478頁、 ISSN 05461448NAID 10010139121
  • 本庶佑「T2因子のADP-リボシル化 ジフテリア毒素による蛋白合成の阻害機序 (互変型酵素(特集))」『代謝』第9巻第3号、中山書店、1972年2月、 200-208頁、 ISSN 03721566NAID 40018017463
  • 本庶佑「水平進化 リボゾームRNA遺伝子を中心とする重複遺伝子の進化 (進化(特集))」『代謝』第10巻第12号、中山書店、1973年11月、 1365-1372頁、 ISSN 03721566NAID 40018016956
  • 本庶佑「免疫グロブリンの遺伝子」『蛋白質核酸酵素』第20巻第12号、共立出版、1975年10月、 p1145-1153、 ISSN 00399450NAID 40002329538
  • 本庶佑「真核生物遺伝子研究の近況--免疫グロブリン遺伝子を中心として(トピックス)」『蛋白質核酸酵素』第23巻第12号、共立出版、1978年11月、 p1245-1247、 ISSN 00399450NAID 40002328686
  • 本庶佑「5.免疫グロブリン遺伝子の構造と発現(<シンポジウム>5 リンパ球の活性化機構)」『アレルギー』第28巻第2号、日本アレルギー学会、1979年、 73頁、 doi:10.15036/arerugi.28.73_2ISSN 0021-4884NAID 110002411207
  • 高橋直樹, 本庶佑「免疫グロブリン遺伝子 (遺伝子操作) -- (遺伝子操作の現状)」『蛋白質核酸酵素』第26巻第4号、共立出版、1981年3月、 p298-303、 ISSN 00399450NAID 40002329989
  • 西田育巧, 本庶佑「インフルエンザウイルス (遺伝子操作) -- (遺伝子操作の現状)」『蛋白質核酸酵素』第26巻第4号、共立出版、1981年3月、 p335-339、 ISSN 00399450NAID 40002329994
  • 本庶佑「抗体の遺伝子」『アレルギー』第31巻第8号、日本アレルギー学会、1982年、 517頁、 doi:10.15036/arerugi.31.517ISSN 0021-4884NAID 110002412653
  • 本庶佑「抗体遺伝子の構造と発現:特別講演 抗体遺伝子の構造と発現」『日本腎臓学会誌』第26巻第7号、日本腎臓学会、1984年、 831-833頁、 doi:10.14842/jpnjnephrol1959.26.831ISSN 0385-2385NAID 130004063761
  • 淀井淳司, 本庶佑「成人T細胞白血病--ヒトがんウイルスと増殖因子レセプタ-」『科学』第54巻第5号、岩波書店、1984年5月、 p268-276、 ISSN 00227625NAID 40000394596
  • 本庶佑「生体の多様性発現における選択説-1-」『科学』第54巻第6号、岩波書店、1984年6月、 p324-331、 ISSN 00227625NAID 40000394577
  • 本庶佑「生体の多様性発現における選択説-2-」『科学』第54巻第8号、岩波書店、1984年8月、 p495-502、 ISSN 00227625NAID 40000394601
  • 本庶佑「免疫系の分子遺伝学 : 基礎と臨床」『日本産科婦人科學會雜誌』第38巻、日本産科婦人科学会、1986年、 70-71頁、 NAID 110002221818
  • 本庶佑「免疫系の分子遺伝学 : 基礎と臨床」『日本産科婦人科學會雜誌』第38巻第8号、日本産科婦人科学会、1986年、 1184-1185頁、 NAID 110002231806
  • 内藤隆之, 浜和明, 本庶佑「インタ-ロイキン4--遺伝子クロ-ニングを中心として」『日本臨床』第44巻第8号、日本臨床社、1986年8月、 p1892-1901、 ISSN 00471852NAID 40003060195
  • 本庶佑「リンパ球分化の分子機構」『アレルギー』第37巻第8号、日本アレルギー学会、1988年、 561頁、 doi:10.15036/arerugi.37.561ISSN 0021-4884NAID 110002415536
  • 本庶佑「リンパ球分化の分子機構」『日本臨床免疫学会会誌』第13巻第5号、日本臨床免疫学会、1990年、 417-417頁、 doi:10.2177/jsci.13.417ISSN 0911-4300NAID 130005461836
  • 村上雅朗, 鍔田武志, 本庶佑「2. 自己免疫病発症に関わるLY-1B細胞 (<シンポジウム>2 自己寛容機序と自己免疫)」『アレルギー』第42巻第9号、日本アレルギー学会、1993年、 1111頁、 doi:10.15036/arerugi.42.1111ISSN 0021-4884NAID 110002421707
  • 加藤桂三, 仲野徹, 本庶佑「造血組織の発生に関わる遺伝子のクローニングの試み」『日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集』第19巻、1996年8月、 839頁、 NAID 10002918215
  • 本庶佑「分子免疫学の進歩」『日本輸血学会雑誌』第44巻第2号、日本輸血・細胞治療学会、1998年、 129a-129a、 doi:10.3925/jjtc1958.44.129aISSN 0546-1448NAID 130003706935
  • 本庶佑「免疫系の統御 : 分子から個体へ」『日本内分泌学会雑誌』第76巻第1号、2000年4月、 3頁、 ISSN 00290661NAID 10013819843
  • 本庶佑「クラススイッチの分子制御」『アレルギー』第50巻第9号、日本アレルギー学会、2001年、 823頁、 doi:10.15036/arerugi.50.823ISSN 0021-4884NAID 110002427056
  • 本庶佑「免疫制御レセプターPD-1欠損による自己免疫病の発症」『日本臨床免疫学会会誌』第25巻第1号、日本臨床免疫学会、2002年2月、 3頁、 doi:10.2177/jsci.25.3ISSN 09114300NAID 10008033887
  • 本庶佑, Okazaki Ilmi, Yoshikawa Kiyotsugu, Muramatsu Masamichi, Kinoshita Kazuo「AID Links Class Switching, Somatic Hypermutation」『アレルギー』第52巻第2号、日本アレルギー学会、2003年、 178頁、 doi:10.15036/arerugi.52.178ISSN 0021-4884NAID 110002403524
  • 岩井佳子, 本庶佑「PD-1/PD-L1シグナルを介した癌細胞の免疫逃避機構」『遺伝子医学』第7巻第1号、メディカルドゥ、2003年3月、 109-111頁、 ISSN 13430971NAID 80016032172
  • 谷垣健二, 本庶佑「生化学・分子生物学 RBP-J」『医学のあゆみ』第205巻第4号、医歯薬出版、2003年4月、 275-277頁、 ISSN 00392359NAID 80015889786


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 京大に「がん免疫総合研」、センター長に本庶佑氏読売新聞オンライン(2020年3月16日)および『読売新聞』朝刊2020年3月17日・社会面、2020年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 工藤光子「免疫のしくみに魅せられて――何ごとにも主体的に挑む」『scientist:本庶 佑JT生命誌研究館
  3. ^ 「幼少期、富山大空襲に遭遇 ノーベル賞の本庶教授、神戸で講演」『北日本新聞』2018年10月20日 00:51
  4. ^ “快挙 富山からも喜び 親戚「誇り」「大きな前進」”. 北陸中日新聞. 中日新聞社. (2018年10月2日). オリジナルの2018年10月3日時点におけるアーカイブ。. http://www.freezepage.com/1538562875PEILVVCLGP 2018年10月3日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 履歴書 学歴[リンク切れ]京都大学。
  6. ^ 「本庶教授、名誉市民に 富山市推挙へ」『北日本新聞』2018年10月31日 05:00
  7. ^ a b c d e f g h i j k 履歴書 食歴[リンク切れ]京都大学。
  8. ^ a b c 本庶理事長が退任…県公立大法人 30日付[リンク切れ]]地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)2017年4月28日。
  9. ^ 京大にがん免疫センター 4月発足、本庶氏がトップ日経電子版 2020/3/16
  10. ^ 静岡県公立大学法人の理事長予定者が発表されました[リンク切れ]」静岡県立大学
  11. ^ 理事長あいさつ[リンク切れ]」静岡県立大学
  12. ^ a b c 静岡県公立大学法人の本庶理事長が退任産経ニュース(2017年4月28日)2020年3月18日閲覧
  13. ^ 県立大:本庶理事長退任へ 「ノーベル賞候補」免疫療法に道/静岡毎日新聞』朝刊2017年4月28日(静岡県版)2020年3月18日閲覧
  14. ^ a b 本庶氏、理事長退任を発表 静岡県公立大学法人[リンク切れ]静岡新聞@S(2017年4月28日)
  15. ^ 10年後の静岡を創るスーパーセミナー 開催概要 第7回 静岡県立大学(2020年3月18日閲覧)
  16. ^ ふじのくに地域医療センター 新理事長に本庶氏[リンク切れ]]つなごう医療 中日メディカルサイト(中日新聞社)2012年12月27日
  17. ^ 近藤・村田「(公財)先端医療振興財団理事長に本庶佑氏が選定されました (PDF) 」(2015年6月9日)
  18. ^ 井村裕夫「井村理事長退任コメント (PDF) 」(2015年6月9日)
  19. ^ 本庶佑「本庶新理事長コメント (PDF) 」(2015年6月9日)
  20. ^ 本庶佑教授が日本学士院会員に選ばれる」京都大学(2020年3月18日閲覧)
  21. ^ a b 会員個人情報 本庶佑 (ほんじょ たすく)日本学士院(2020年3月18日閲覧)
  22. ^ 岸本忠三『現代免疫物語』講談社]ブルーバックス 2007年
  23. ^ 「獲得免疫の驚くべき幸運」京都賞
  24. ^ 「ノーベル賞本庶氏、富山の親族が喜びの声」KNBニュース(2018/10/02 11:50)2020年3月18日閲覧
  25. ^ 「生命科学は未来への投資」ノーベル賞の本庶さん会見中日新聞』夕刊2018年10月2日(2020年3月18日閲覧)
  26. ^ 「ノーベル医学生理学賞 本庶さん受賞に県内から喜びの声」チューリップテレビ(2018年10月02日)2020年3月18日閲覧
  27. ^ 教室の歴史 山口大学大学院医学系研究科耳鼻咽喉科学分野(2020年3月18日閲覧)
  28. ^ 本庶さん「優しい兄」 いとこで魚津の医師 大崎さん 大学受験前 勉強教わる北日本新聞webun(2018年10月04日 05:00)2020年3月18日閲覧
  29. ^ 「復興の励みに」 本庶滋子さんに手紙や本紙送る日本海新聞 Net Nihonkai(2018年10月4日)2020年3月18日閲覧
  30. ^ 「ノーベル賞受賞の本庶さん 支えた妻は倉吉出身」日本海新聞 Net Nihonkai(2018年10月3日)2020年3月18日閲覧
  31. ^ ドイツ国立科学アカデミー・レオポルディーナ会員一覧”. ドイツ国立科学アカデミー・レオポルディーナ. 2016年11月15日閲覧。
  32. ^ 野口英世記念医学賞受賞者一覧”. 野口英世記念会. 2016年11月15日閲覧。
  33. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月7日閲覧。
  34. ^ ベルツ賞 第21回~30回の受賞論文”. 日本ベーリンガーインゲルハイム. 2009年10月16日閲覧。[リンク切れ]
  35. ^ 受賞は京都大学教育研究活動データベースによる。
  36. ^ "Robert-Koch-Stiftung e. V. gibt Preisträger 2012 bekannt", Robert-Koch-Stiftung - Presseinformationen 2012, Robert-Koch-Stiftung e.V., 12. Juli, 2012.
  37. ^ "The Robert Koch Foundation announces the 2012 laureates", Robert-Koch-Stiftung - Press releases 2012, Robert-Koch-Stiftung e.V., July 12, 2012.
  38. ^ 「東洋のノーベル賞」バイオ医薬部門に京大の本庶氏[リンク切れ]
  39. ^ Warren Alpert Foundation Honors Pioneers in Cancer Immunology | HMS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
竹内宏
静岡県公立大学法人理事長
第3代:2012年 - 2017年
次代:
尾池和夫
文化
先代:
(新設)
神戸医療産業都市推進機構理事長
初代:2018年 -
次代:
(現職)
先代:
井村裕夫
先端医療振興財団理事長
2015年 - 2018年
次代:
(廃止)
先代:
寺尾俊彦
ふじのくに地域医療支援センター理事長
2013年 -
次代:
(現職)
先代:
谷口克
日本免疫学会会長
第11代:1999年 - 2000年
次代:
濱岡利之