アントワーヌ・ヴァトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワーヌ・ヴァトー
Antoine Watteau
『アントワーヌ・ヴァトーの肖像』(1721年)ロザルバ・カリエラ
生誕 1684年10月10日
ヴァランシエンヌ
死去 1721年7月18日(36歳)
ノジャン=シュル=マルヌ
芸術動向 ロココ
テンプレートを表示
メズタン 1717-19頃 メトロポリタン美術館(ニューヨーク)蔵

アントワーヌ・ヴァトーAntoine Watteau 発音例, 1684年10月10日 - 1721年7月18日)は、ロココ時代のフランス画家

18世紀のヨーロッパはロココの時代であり、前世紀のバロック様式に代わって、曲線的、装飾的で甘美なロココ様式が全盛となった。絵画の主題においても歴史画や宗教画から、男女の愛の駆け引きを主題にした風俗画が目立つようになる。

「雅びな宴」(フェート・ギャラント、fêtes galantes)の画家と呼ばれるヴァトーは、若くして亡くなったが、18世紀フランスのロココ様式を代表する画家と見なされている。

生涯[編集]

1684年、フランス西北部、ベルギー国境に近いヴァランシエンヌに生まれる。この土地は元フランドルに属し、1678年ニメーグ条約でフランス領に編入されたばかりであった。 父親は瓦職人であった。地元で有名だった画家J.-A.ゲランのもとで短期間絵画の勉強をした。 1702年6月7日にゲランが死んでしばらくするとパリに移る。パリではノートル・ダム橋にあった複製絵画の製造業者のもとで、他の徒弟たちとともに宗教画や風俗画のコピーを手がけた。このころヴァトーはレンブラントの弟子ヘリット・ダウの原作にもとづく《読書する女性》の複製画や、《聖ニコラ》を描いたタブローを描いている。 パリではさらにクロード・ジロー、そしてクロード・オードランの下で修業をした。

1717年に完成した代表作『シテール島の巡礼』でアカデミー入会が認められる。1719年の終わりごろ、健康の回復を期してロンドンに渡る。だが1721年、病のため、短い一生を終えた。

ヴァトーの典型的な作品は、『シテール島の巡礼』のような、田園に集い愛を語り合う若い男女の群れを描いたもので、これらは「雅びな宴」の絵と呼ばれた。また彼はイタリア喜劇やオペラに傾倒しており、友人らをモデルにし、喜劇の登場人物として描いた『ジル』(別名をピエロ)、『メズタン』のような作品もある。

代表作[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

共に「シテール島への巡礼(船出)」に基づくピアノ曲として、前者は『喜びの島』、後者は絵と同名の作品を書いている。