シャルロッテンブルク宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シャルロッテンブルク宮殿
シャルロッテンブルク宮殿の庭園
磁器の間

シャルロッテンブルク宮殿(シャルロッテンブルクきゅうでん、:Schloss Charlottenburg)とは、ドイツベルリンシャルロッテンブルク=ヴィルマースドルフ区にあるプロイセン王国宮殿

プロイセン王・フリードリヒ1世1699年に妃ゾフィー・シャルロッテのために建設[1]。最初は「リーツェンブルク宮殿」(Schloss Lietzenburg)および「夏の館」と呼ばれていたが、ゾフィー・シャルロッテの死後に彼女を偲んで改名された。 1943年空襲で大被害を受けたが、現在は復元されている。世界遺産に登録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年4月1日閲覧。

関連項目[編集]