クロード・ジロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロード・ジロー
Claude Gillot
Portrait de Claude Gillot de Langres (Jean Aubert).jpg
(画)アントワーヌ・ヴァトー、(版画)J・オーベール
生誕1673年4月28日
フランス、ラングル
死没1722年5月4日
フランス、パリ

クロード・ジロー(Claude Gillot、1673年4月28日 - 1722年5月4日)18世紀初めの画家、版画家、舞台芸術家である。イタリア喜劇の舞台を主題にした作品を描いた。ロココ絵画を代表する画家のアントワーヌ・ヴァトーやニコラ・ランクレは、ジローに師事した。、

略歴[編集]

フランス、オート=マルヌ県ラングルの工芸家の息子に生まれた。父親の工房で装飾技術を学んだ後、1691年にパリに出て、画家、版画家のジャン・バティスト・コルネイユ(Jean-Baptiste Corneille)のスタジオに入った[1]。すぐに師を離れて独立し、自らのスタジオを開き、このスタジオで、アントワーヌ・ヴァトーは1708年まで数年間学んだ[1]

1715年に神話を題材とした絵画で王立絵画彫刻アカデミーの会員に選ばれた[1][2]。その後風俗画を得意とし、オペラなどの舞台や衣装デザインを行い、書籍の挿絵も描いた。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Société historique et archéologique de Langres, Bulletin de la Société historique et archéologique de Langres, Langres, Musée Saint-Didier, 25 aout 1933, 266 p
  2. ^ Pierre-Jean Mariette, Philippe de Chennevières et Anatole de Montaiglon, Abecedario de P. J. Mariette et autres notes inédites de cet amateur sur les arts et les artistes : ouvrage publié d'après les manuscrits autographes conservés au cabinet des estampes de la Bibliothèque impériale, et annoté, t. 6, Paris, J. B. Dumoulin, 1860

参考文献[編集]

  • Paulette Choné, Claude Gillot (1673-1722) : comédies, sabbats et autres sujets bizarres, Paris ; Langres, Somogy Éditions d’Art ; Musée de Langres, 1999, 191 p. (ISBN 978-2-85056-357-7).
  • Bernard Populus, Claude Gillot (1673-1722) : catalogue de l’œuvre gravé, Paris, Société pour l’étude de la gravure française, 1930, 293 p., gr. in-4°, illust. 35 pl. (OCLC 23409230).