富士正晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富士 正晴
ふじ まさはる
誕生 1913年10月30日
徳島県三好郡山城谷村(現三好市)
死没 1987年7月15日
大阪府茨木市
墓地 宝積寺
職業 小説家詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 旧制第三高等学校中退
テンプレートを表示

富士 正晴(ふじ まさはる、本名・冨士正明 1913年10月30日 - 1987年7月15日)は小説家詩人。 

来歴・人物[編集]

徳島県三好郡山城谷村(現三好市)出身。 旧制第三高等学校に進み(のち中退)、野間宏(野間の妻は富士の妹なので義弟)らと出会い、竹内勝太郎に師事。詩の同人誌『三人』を創刊。

その後、1944年に31歳にして陸軍に応召、南京桂林広州等を行軍する。戦争にのぞみ、必ず生きて帰ること、戦時強姦をしないこと、大いに飯を食うこと、ビンタを張られても無理な仕事は避けること、という鉄の規則を立てて、結果「自称・三等兵」のその立場を貫くことになる。

復員後、1947年には島尾敏雄林富士馬らと同人誌『VIKING』を創刊し、多くの後輩作家を育てた。

『敗走』『徴用老人列伝』で芥川賞候補に挙げられ、1968年に『桂春団治』で毎日出版文化賞1971年大阪芸術賞1987年関西大賞大詩仙賞をそれぞれ受賞。その他の代表作に『帝国軍隊における学習・序』(直木賞候補)をはじめ、『贋・久坂葉子伝』『往生記』『軽みの死者』があり、数多くの小説、エッセイを残す一方で座談の名手でもあった。

歴史小説である『たんぽぽの歌』は『豪姫』と改題され、1992年には同タイトルで勅使河原宏監督、宮沢りえ主演で映画化された。上方落語界をはじめとする関西芸能の研究でも知られる。また、詩人の伊東静雄、仏文学者の桑原武夫、作家の司馬遼太郎など多くの著名文学者と深い交流があった。

晩年まで大阪府茨木市内の竹林に住していたことから、竹林の隠者と称された。書画もよくし、東京の文春画廊で個展を開いた際、親交のあった鶴見俊輔がこの会場から小田実と連絡をとり、ベ平連運動が始まるきっかけとなったという逸話がある(ベトナム北爆には衝撃を受けるかたわらで、魯迅を読むことで沈鬱さの平衡を保っていた)。

没後1988年岩波書店から『富士正晴作品集』(全5巻)が刊行され、1992年には茨木市に富士正晴記念館が開館した。

著書[編集]

  • 『贋・久坂葉子伝』筑摩書房 1956 のち講談社文庫、ちくま文庫、講談社文芸文庫 
  • 『競輪』三一新書 1956
  • 『游魂』パトリア 新鋭作家叢書 1957
  • 『たんぽぽの歌』河出書房新社 1961、改題「豪姫」新潮文庫 
  • 『帝国軍隊に於ける学習・序』未来社 1964
  • 『あなたはわたし』未来社 1964
  • 『贋・海賊の歌 評論集』未来社 1967
  • 桂春団治』河出書房 1967 のち講談社文庫、文芸文庫 
  • 『八方やぶれ エッセー集』朝日新聞社 1969
  • 『往生記』創樹社 1972
  • 『紙魚の退屈』人文書院 1972
  • 西行 出家が旅 日本の旅人』淡交社 1973
  • 『思想・地理・人理 エッセイ集』PHP研究所 1973
  • 『酒の詩集 おさけにゃふかいあじがある』光文社(カッパ・ブックス) 1973
  • 『中国の隠者 乱世と知識人』岩波新書 1973
  • 『日本の地蔵』毎日新聞社 1974
  • 『パロディの精神』平凡社 1974
  • 『へそ曲り名言集』人文書院 1974
  • 『日本詩人選 一休』筑摩書房 1975
  • 『狸の電話帳』潮出版社 1975
  • 『富士正晴詩集』五月書房 1975
  • 『書中の天地』白川書院 1976
  • 『藪の中の旅』PHP研究所 1976
  • 『日和下駄がやって来た』冬樹社 1976
  • 『どうなとなれ』中央公論社 1977 のち文庫 
  • 『竹内勝太郎の形成 手紙を読む』未来社 1977
  • 『聖者の行進』中央公論社 1978
  • 高浜虚子』角川書店 1978
  • 大河内伝次郎』中央公論社 1978 のち文庫 
  • 『書中のつき合い』六興出版 1979
  • 『極楽人ノート』六興出版 1979
  • 『心せかるる』中央公論社 1979
  • 『不参加ぐらし』六興出版 1980
  • 『駄馬横光号』六興出版 1980
  • 『ビジネスマンのための文学がわかる本』日本実業出版社 1980
  • 『せいてはならん 竹林翁落筆』朝日新聞社 1982
  • 『古典を読む 御伽草子』岩波書店 1983
  • 『乱世人間案内 退屈翁の知的長征』影書房 1984
  • 『狸ばやし』編集工房ノア 1984
  • 『富士正晴画遊録』フィルムアート社 1984
  • 『軽みの死者』編集工房ノア 1985
  • 『恋文』弥生書房 1985
  • 榊原紫峰』朝日新聞社 1985
  • 富士正晴作品集』全5巻 岩波書店 1988
  • 『碧眼の人』編集工房ノア 1992
  • 『ちくま日本文学全集 56 富士正晴』筑摩書房 1993
  • 『風の童子の歌 詩集』編集工房ノア 2006
  • 『富士正晴集 戦後文学エッセイ選』影書房 2006

共著など[編集]

  • 曹雪芹『世界文学全集 紅楼夢』武部利男共訳、河出書房新社 1968、新版1973
  • 『伊東静雄研究』(編)思潮社 1971。新潮文庫判「伊東静雄詩集」を桑原武夫と共編
  • 陶淵明詩集 カラー版中国の詩集2』角川書店 1972(編訳)
  • 『苛烈な夢-伊東静雄の詩の世界と生涯』林富士馬共著 社会思想社(現代教養文庫) 1972
  • 『ある地方民間放送』岡田みゆき共著 出版 1976
  • 大山定一 人と学問』吉川幸次郎共編 創樹社 1977
  • 浅井了意『伽婢子・狗張子』河出書房新社 1977、「江戸怪異草子」河出文庫 2008 (編訳)
  • 『古寺巡礼京都 万福寺』安部禅梁共著 淡交社 1977
  • 『久坂葉子の手紙』 六興出版 1979
  • 桑原武夫集 現代の随想21』弥生書房 1982

関連項目・人物[編集]

参考文献[編集]