大山定一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1949年時の近影(アサヒグラフより)

大山 定一(おおやま ていいち、1904年4月30日 - 1974年7月1日)は香川県出身のドイツ文学者旧制第六高等学校から京都帝国大学文学部独文科に進み1928年に卒業。旧制第三高等学校講師、京都帝国大学文学部講師、法政大学予科講師などののち、1946年に京都大学文学部助教授、1950年に同教授となり、1968年に京大を定年退官してからは関西学院大学教授を勤めた。

文人気質の外国文学者としてゲーテリルケを初めとする多数の翻訳を著した。

また中国文学者吉川幸次郎と翻訳のあり方をめぐって書簡で論議した『洛中書問』や、追悼文集『大山定一』(吉川幸次郎・富士正晴編、創樹社、1977年)がある。

著書[編集]

  • 作家の歩みについて トオマス・マン覚書 甲文社 1946
  • 洛中書問(吉川幸次郎と共著)秋田屋 1946→筑摩書房〈筑摩叢書〉、1974
  • 文学ノート 秋田屋 1947→筑摩書房〈筑摩叢書〉、1970
  • リルケ雑記 創元社〈百花文庫〉 1947
  • 恋愛学講座 谷友幸共編 世界文学社 1949
  • ファウスト入門 弘文堂〈アテネ文庫〉 1951
  • リルケの薔薇 創元社 1952
  • ドイツをあるく 知道出版 2004 生誕百年記念出版(年譜.著作目録ほか)

翻訳[編集]

  • マルテ・ラウリツ・ブリッゲの手記 リルケ 白水社 1939→新潮文庫 1953、改版2001ほか
  • ドイツ詩抄 養徳社 1944
  • 神について リルケ 養徳社 1946
  • 芸術について ゲーテ 谷友幸共訳 アテナ書院 1948
  • ドイツ愛唱詩集 弘文堂 1951(アテネ文庫)
  • ニイチェ全集 第10巻 教育者としてのショーペンハウェル 創元社 1953
  • セザンヌ 書簡による近代画論 リルケ 人文書院 1954→リルケ全集 弥生書房 1961、新版1974
  • 純白の幸福 リルケ小説集 人文書院 1954
  • リルケ選集.全4巻 共編訳 新潮社 1954
  • 神・自然・芸術・人生 ゲーテのことば 編訳 人文書院 1957
  • おもちゃ屋のクリック シュナック 東京創元社 1961
  • アンドレアス ホーフマンスタール 筑摩書房 1958→〈筑摩世界文学大系63〉筑摩書房、1974
  • ファウスト 「ゲーテ全集2巻」人文書院、1960→〈世界古典文学全集50〉筑摩書房、1964  
  • ゲーテ詩集 世界詩人全集:新潮社、1967→小沢クラシックス:小沢書店、1996
  • リルケ書簡集. 第1.2 共編訳 人文書院、1968