浅井了意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅井 了意(あさい りょうい、慶長年間 - 元禄4年の元旦)は、江戸時代前期の仮名草子作家、浄土真宗僧侶。号は松雲・瓢水子・羊岐斎。摂州三島江出身。若年の頃は難波浪人生活をしていたとみられている。初期の作品に「堪忍記」(万治2年・1659年)「可笑記評判」(万治3年・1660年)など。寛文6年(1666年)刊行の「伽婢子」は怪奇物の先駆として知られる。博学で記憶力が良かったとの同時代評が残っており、作品も数多い。「江戸名所記」「東海道名所記」「むさしあぶみ」などの作品があることから、江戸にも往来ないし一時居住したことがあったと考えられている。

経歴[編集]

慶長の頃、摂州三嶋江(高槻市)の本照寺(現碧流寺)の住職をしていた西川氏の家に生まれる[1]。誕生と前後して父が寺地を没収されており、若年の頃は難波浪人生活をしていたとみられている[1]

容膝に師事して儒学仏道神道の三教に通じた。

のちに京都・菊本町の正願寺の住職となり、「本性寺」の紙寺号を受けた[1]

晩年に京都二条の本性寺(ほんしょうじ)の住職となり、昭儀坊了意と名乗った[2]

元禄5年(1692年)に刊行された「狗張子」によれば、元禄4年の元旦〈1691年1月29日〉に昭儀坊で亡くなったという。

著書[編集]

  • 2007年8月より『浅井了意全集』(岩田書院、全19巻:予定)の刊行が開始されている。

仮名草子[編集]

仮名草子だけでも30部余りの作品がある。

名所記[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 北条秀雄『新修浅井了意』笠間書院、1974年
  2. ^ a b 知野泰明「近世の災害」/ 北原糸子編著 『日本災害史』 吉川弘文館 2006年 235ページ
  3. ^ a b c 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、12頁。ISBN 978-4-09-626607-6 

参考文献[編集]