上野東照宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上野東照宮
Ueno Tōshō-gū DSC02777.JPG
透塀内から見た社殿
所在地 東京都台東区上野公園9-88
位置 北緯35度42分55.3秒 東経139度46分14.1秒 / 北緯35.715361度 東経139.770583度 / 35.715361; 139.770583座標: 北緯35度42分55.3秒 東経139度46分14.1秒 / 北緯35.715361度 東経139.770583度 / 35.715361; 139.770583
主祭神 徳川家康
徳川吉宗
徳川慶喜
社格 府社
創建 寛永4年(1627年)
本殿の様式 権現造
例祭 4月17日
テンプレートを表示

上野東照宮(うえのとうしょうぐう)は、東京都台東区上野恩賜公園内にある神社。旧社格府社。正式名称は東照宮であるが、他の東照宮との区別のために鎮座地名をつけて上野東照宮と呼ばれる。

徳川家康(東照大権現)・徳川吉宗徳川慶喜を祀る。

歴史[編集]

寛永4年(1627年)、藤堂高虎が上野の高虎の敷地内に創建した。社伝によれば、元和2年(1616年)、危篤の家康から自分の魂が末永く鎮まる所を作ってほしいと高虎と天海に遺言されたという。

現在の社殿は慶安4年(1651年)に家康の孫である徳川家光が改築したものである。社殿は平成21年(2009年)1月から平成25年(2013年)まで修復工事が行われ、平成26年(2014年)から公開されている。600円の拝観料で透塀内を見学できる。

施設[編集]

境内にはぼたん苑があり、4月上旬から5月上旬には「ぼたん祭」が開催される。

広島市内に落とされた原子爆弾により家々が炎に包まれた、その種火を上野東照宮境内にて大事に保存している。

文化財[編集]

重要文化財
  • 社殿
    • 本殿・幣殿・拝殿(合1棟) 慶安4年(1651年)
    • 唐門
    • 透塀
    • 石造明神鳥居 寛永10年(1633年)
    • (附指定)銅燈籠 50基
  • 紫地葵紋付桐文散辻が花染胴服

外部リンク[編集]