荻原雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荻原 雄一(おぎはら ゆういち、1951年2月11日 - )は、日本文芸評論家小説家写真家翻訳家名古屋芸術大学教授。専門は日本近代現代文学。

東京都港区芝出身。学習院大学文学部国文学科卒業、埼玉大学教養学部教養学科アメリカ研究コース卒業、1977年学習院大学大学院人文科学研究科国文学専攻修士課程修了。名古屋自由学院短期大学(現名古屋芸術大学短期大学部)助教授、名古屋芸術大学助教授を経て、同大学デザイン学部教授。俳優座特別研究員。[1]

森鴎外舞姫」のエリスのモデルがユダヤ人だったとする説を唱える。

著書[編集]

  • 『バネ仕掛けの夢想』昧爽社 1978 のち教育出版センター 1981
  • 『文学の危機』高文堂出版社 1985
  • 『消えたモーテルジャック』立風書房 1986
  • 『楽園の腐ったリンゴ』立風書房 1988
  • ゴーギャンへの誘惑』高文堂出版社 誘惑双書 1990
  • 『小説鴎外の恋 永遠の今』立風書房 1992
  • 『北京のスカート』高文堂出版社 1995 のちのべる出版企画
  • 『サンタクロース学入門 ひもとけば、愛!』高文堂出版社 1997
  • 『児童文学におけるサンタクロースの研究』高文堂出版社 1998
  • 『もうひとつの憂國』夏目書房 2000
  • 『サンタクロース学』夏目書房 Natsume哲学の学校 2001
  • 『舞姫 エリス、ユダヤ人論』編著 至文堂 2001
  • 『靖国炎上』夏目書房 2006
  • 『サンタ・マニア』のべる出版企画 2008

翻訳[編集]

  • マイク・L.オギーフィールド『ニューヨークは泣かない』夏目書房 2004 のちのべる出版
  • マイク・L.オギーフィールド『マリアナ・バケーション』訳・写真 未知谷 2009

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]