伊原宇三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊原 宇三郎(いはら うさぶろう、1894年10月26日 - 1976年1月5日)は、日本の美術家。徳島県徳島市出身。国内外で活躍した洋画家。古典主義風の重量感のある裸婦像など,数多くの人物画を制作した。またパブロ・ピカソに傾倒し、著書を著して日本にピカソブームを巻き起こした。

経歴[編集]

1894年伊原安蔵・カメの三男として生まれる。1916年東京美術学校西洋科に入学する。1917年光風会第5回展覧会、太平洋会第14回展覧会に入選する。同年この頃から2年半にわたり、月刊誌「家庭料理講義録」に当時有名だった榎本小太郎の料理を表紙、口絵、挿絵に描く。1920年満州旅行で取材した「明装」が第2回帝展に初入選する。1921年美術学校を首席で卒業。卒業制作した「よろこびの曲」は文部省買上げとなるなど早くからその資質を認められる。1924年芥川賞受賞作家の由起しげ子と結婚、三男一女を儲けた。

1925年農商務省の海外実習練習生として渡仏。ピカソら同世代の画家たちに共感をよせる一方、ルーヴル美術館に頻繁に通いながら、ドミニク・アングルの「グランドオダリスク」といった古典絵画を模写する。こうしてモニュメンタルで古典の静かな香気が漂う画風が確立される。1927年第20回サロン・ドートンヌに「毛皮の女」が初入選。翌年第21回サロン・ドートンヌにも「横臥裸婦」「赤いソーファの裸婦(白衣を纏う)」が入選する。

1929年経済的な理由で帰国。一時兵庫県芦屋市に居住するが上京して阿佐ヶ谷に居を定める。同年第10回帝展に滞欧作「椅子に寄れる」を出品し、特選となる。翌年第11回帝展にも「二人」が特選となる。1932年東京美術学校講師となる。同年第13回帝展に「榻上二裸婦」を出品し、三度目の特選となる。1934年帝展審査員となる。戦時中は陸軍嘱託画家として台湾香港、ビルマ(現・ミャンマー)、中国タイ等に派遣され「バーモウ・ビルマ国家代表像」、「香港に於ける酒井司令官ヤング総督、の会見」、「島田戦車部隊スリムの敵陣突破」などの戦争記録画の制作にもあたる。

戦後は、日展の審査員を務める。1949年日本美術家連盟の委員長として、作家の立場を守る努力をする。さらに1953年文芸美術国民健康保険組合を設立しその常務理事を務める。1953年フランス美術館(現・国立西洋美術館)設置準備委員会委員として美術館設置に尽力する一方、国際造形芸術連盟(IAA)日本国内委員会委員長として、美術家の国際交流と提携に努める。1956年ヴェネツィア・ビエンナーレの日本代表として渡欧し、イタリアフランス各地で制作する。1957年帰国。フランス滞在が新鮮な刺激となり、多くの公職を辞して画業に専念する。1960年フランス政府より芸術文化勲章を授与される。この頃正力松太郎三木武吉石橋正二郎等のアトリエでの肖像画の制作のほか千葉浜離宮軽井沢日光京都等の写生旅行にも出かける。1966年勲三等瑞宝章を授与される。1971年紺綬褒章を授与される。1972年頃から体調をくずし、静養につとめながら制作。1979年日本美術家連盟総会で名誉会員に推挙されるが、1976年糖尿病肺炎を併発し没する。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小堀桂一郎監修 所功編著 『名画にみる 國史の歩み』 近代出版社、2000年4月19日、p.72、ISBN 978-4-907816-00-1
  2. ^ 飯田市美術博物館編集・発行 『田中芳男没後一〇〇年記念特別展 日本の近代化に挑んだ人々 ―田中芳男と南信州の偉人たち―』 2016年、p.50。
  3. ^ 飯田市美術博物館(2016)p.60。

参考文献[編集]

画集・図録[編集]

  • 「伊原宇三郎展-生誕百年を記念して-」、1994年、目黒区美術館/徳島県立美術館