矢頭保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢頭 保(やとう たもつ、1925年(?) - 1973年5月20日)は、日本の写真家兵庫県西宮市生まれ。1952年、宝塚歌劇団・男子研究生第4期生として入団。本名・高田実男。芸名は「高田延昇」。日本のメール・ヌード(男性裸体のアート写真)の第一人者と言われている。

来歴[編集]

1925年ごろ西宮で生まれたと言われているが、はっきりした生い立ちはわかっていない。 宝塚歌劇団・男子研究生(宝塚歌劇団・男子部)になり、その風貌と男性的体格から和製ターザンと呼ばれたが、1954年に軽演劇集団宝塚新芸座へ移った。ダンスが得意であった為、その後北野劇場ダンシングチームに移った。

1956年頃東京へ赴いて「日活」に所属し、1958年からは「高田保」、1961年からは「矢頭健男」の芸名を名乗って、アクション場面等に出演した。1959年葉山良二赤木圭一郎出演の「大学の暴れん坊」に、「イタチの勝」役で出演し、赤木圭一郎との格闘シーンを演じた。 このシーンでは、体格・顔立ちをはっきりと確認する事ができる。

1950年代の中ごろ、東京在住の米国人で三島由紀夫の「仮面の告白」の翻訳者であり、出版社ウェザヒル社の経営者であり、元米軍情報関係将校のメレディス・ウェザビー(Meredith Weatherby 別名テックス・ウエザビー)と新宿ゲイ・バーで知り合い、ハーディバラックス(NSA=米国国家安全保障局)に挟まれた麻布竜土町(現在の六本木7丁目)にあったウエザビー邸に同棲し庇護を受ける。英語版WikipediaのMeredith Weatherby 項目には「He was also a long-term patron and romantic partner of the photographer Tamotsu Yato.」と記載がある。 同邸には一時期、映画評論家のドナルド・リチーも居住していた。

写真家として[編集]

ウエザビーを通じて写真やアートの世界を知り、写真撮影を始める。作家や芸術家など文化人とも交流が始まり、三島由紀夫とも知己を得た。三島は、矢頭の日本で初期のゲイ写真集『体道~日本のボディビルダーたち』(1966年)や 『裸祭り』(1969年)に序文を寄せており、自身も姿でモデルを務め、その写真は『体道~日本のボディビルダーたち』に掲載されている。また、彼の「切腹写真」を撮影したのも矢頭保である。これらの写真は、三島由紀夫自身の求めで、撮影されたものと言われている。

1970年公開の20世紀FOX映画『トラ・トラ・トラ!』(TORA!TORA!TORA!)には、スチールカメラマンとして参加している。これにはウエザビーも大使役で出演している[1]

1970~71年ごろ、ウエザビーに新恋人が現れたことから同居を解消され、ウエザビー邸を出て高田馬場で一人暮らしを始めた。親しくしていた三島も同時期に亡くなったことも重なって、精神的に打撃を受け、鬱状態に陥った。失意の中、カラー写真による出版物を計画していたが(それまでの出版物は、モノクロであった)、1973年5月、睡眠中に心臓疾患で急逝。享年48。友人だった高橋睦郎は、当時矢頭は危険なセックスに悩んでいたようで、それも死の遠因でないかと語っている[2]。ウエザビーは矢頭の死後、離日。葬儀は、かつて暮らしていたウエザビー邸近くの法庵寺で親しい友人によって執り行われた。死後、矢頭の親族が現れ、作品の発表や写真集の再版を禁じた。ネガやプリントは親族によってすべて処分されたが、東京とサンディエゴに一部秘匿されているという。

「矢頭保という伝説的カメラマンがいた。OTOKOという写真集が有名なんだけれども(三島由紀夫のヌードも撮ってろ)、彼の好みはゴツくて古風の日本的イモ青年だった。今では絶滅寸前天然記念物状態の胴長、短足、短髮エラのはったイモ兄ちゃんである。この写真集はそんなタイプの男が見られるという意味でも貴重本...」— 長谷川サダオ, Paradise Visions

出版物[編集]

  • 『体道~日本のボディビルダーたち』, ウェザヒル出版社(1966年)
  • 『裸祭り』, 美術出版社(1969年)
  • 『OTOKO: Photo-Studies of the Young Japanese Male』, Los Angeles: Rho-Delta Press, 1972

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Meredith 'Tex' Weatherby Aveleyman
  2. ^ Interview with Takahashi Mutsuo  Gender, History and Culture in the Asian Context

関連項目[編集]

外部リンク[編集]