好美のぼる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

好美 のぼる(よしみ のぼる、1924年4月30日[1] - 1996年)は日本漫画家兵庫県神戸市出身。本名、尾原 三好[2]

来歴[編集]

1924年兵庫県神戸市に生まれる。日本大学卒業。広告会社勤務を経て、大阪に移り赤本漫画家としてデビュー。その後ふたたび東京に住み、貸本漫画や劇画雑誌等で活躍する。代表作は『あっ!生命線が切れている』、『運命は血みどろの蛇』。

主にホラー漫画を得意としている。原やすみ今津ひさ夫緒方好美河田わたる等、複数のペンネームを使い、貨本漫画やホラー漫画雑誌、少女漫画雑誌に40年以上にわたって三百数十の作品を執筆したといわれる。1989年に漫画家を引退。1996年死去。

漫画作品のほか、おり紙、ペーパークラフトの研究家としての著書も出版している。

脚注[編集]

  1. ^ 唐沢俊一・ソルボンヌK子 『呪いのB級マンガ 〜[好美のぼる]の世界〜』 講談社、2002年、2頁。
  2. ^ 『呪いのB級マンガ』、4頁。

参考文献[編集]

  • 昭和のヤバい漫画 知らせざる貸本漫画のDEEPな世界(2016年、彩図社、キクタヒロシ)

関連人物[編集]