四宮正貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

四宮 正貴(しのみや まさき、1947年昭和22年〉3月17日[1] - )は、日本著述家。「四宮政治文化研究所」代表、一水会常任顧問[2]

来歴・人物[編集]

東京都文京区出身。1969年(昭和44年)二松学舎大学文学部国文科[3]。1969年4月から7年間、二松学舎大学付属図書館で司書として勤務し、国文科研究室助手を兼務[3]1972年(昭和47年)5月、鈴木邦男阿部勉、犬塚博英らと新右翼団体「一水会」を創設[4]1976年(昭和51年)から新聞記者フリーライターに転身し、1982年(昭和57年)に「四宮政治文化研究所」を設立、1984年(昭和59年)から月刊誌『政治文化情報』を刊行[3]たちばな出版から雑誌『伝統と革新』を2010年(平成22年)3月から季刊で刊行。

朝まで生テレビ2004年6月25日放送分「徹底討論! 皇室とニッポン!」)で、討論中に田原総一朗から「聖徳太子知ってる?」と質問されたことに逆上し、「当たり前でしょ、そんなこと!!!」「そんな無礼な質問があるか!!」「聖徳太子を知らないのかとは何ということだ!」「じゃあイエス・キリストを知っているかと聞かれたらどうするんだ!」などと語気を強めて反論したが、田原からは「そういうこと言うからあなた人格破綻だと言われるんだよ」と言われ、「人格破綻は君だよ!」と反発した。この放送の翌日以降四宮のウェブサイトには1万を超えるアクセスがあり[5]、四宮によれば「多くの方々から御激励・御賛同・御批判・御忠告などを頂いた」という[5]

万葉集の研究をライフワークとし[3]、自身でも短歌を詠む[6]

著書[編集]

テレビ出演[編集]

朝まで生テレビ!テレビ朝日

  • 2002年11月29日 - 激論! これでいいのか日本! 〜歴史認識・北朝鮮・安全保障〜 [7](十数年ぶり2度目の出演[8]
  • 2004年6月25日 - 徹底討論! 皇室とニッポン![9][5]

脚注[編集]

  1. ^ 四宮正貴 (2015年3月18日). “千駄木庵日乗三月十七日:四宮政治文化研究所”. 2016年9月23日閲覧。
  2. ^ 近代の肖像401-499”. 中外日報. 2016年9月12日閲覧。
  3. ^ a b c d 四宮正貴. “四宮政治文化研究所/プロフィール”. 2012年6月6日閲覧。
  4. ^ 鈴木邦男 『新右翼 : 民族派の歴史と現在』 (改訂増補版) 彩流社、2005年、46頁。ISBN 4882029898
  5. ^ a b c 四宮正貴 (2004年). “四宮政治文化研究所/朝まで生テレビ出演(平成16年6月25日)”. 2012年6月6日閲覧。
  6. ^ 四宮正貴. “四宮政治文化研究所/名歌鑑賞・短歌作品”. 2012年6月7日閲覧。
  7. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2002年)11月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月7日閲覧。
  8. ^ 四宮正貴 (2002年). “四宮政治文化研究所/朝まで生テレビ出演(平成14年11月29日)”. 2012年6月6日閲覧。
  9. ^ テレビ朝日 朝まで生テレビ!. “朝生program(2004年)6月のテーマ・パネリスト”. 2012年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]