鮎川弥一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鮎川 弥一(あゆかわ やいち、1923年6月1日 - 1991年11月30日)は、日本の実業家。テクノベンチャー創業者。

略歴[編集]

山口県出身。旧制成蹊高等学校東京帝国大学農芸学科を卒業。日本冷蔵(現・ニチレイ)に入社後、食品化学研究のためフルブライト留学生として渡米。マサチューセッツ工科大学MIT)において大学院博士課程修了。日本人として戦後初の博士の称号を受ける。

帰国後は食品会社クノールの元親会社、多国籍総合食品化学会社CPC(現Ingredion)に入社し、同社極東代表及び同子会社・日本CPC会長に就任。また、父・鮎川義介が設立した中小企業助成会を再編し、1974年にテクノベンチャー株式会社として改称して、代表取締役社長に就任。MITの終身理事をはじめ、各国の企業の取締役を務めるなど、世界に広がる人脈やネットワークを活かしベンチャー企業育成に力をいれた。

スウェーデン王立科学アカデミー外国人メンバー

業績[編集]

  • テクノベンチャーを創業。社長として優れたビジネスセンスを発揮した。
  • 東京青年商工会議所(現、東京青年会議所)の発足に参画。発足当初のチャーター・メンバー48名のひとりとなる。

親族[編集]