学習院輔仁会雑誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
学習院輔仁会雑誌
愛称・略称 輔仁会雑誌
ジャンル 校友誌、機関誌
刊行頻度 年刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 非売品
編集部名 輔仁会雑誌編集委員会
刊行期間 1890年6月17日 - 現在
ウェブサイト http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~hojin-z/

学習院輔仁会雑誌』(がくしゅういんほじんかいざっし)とは、学習院の学生組織である学習院輔仁会(1889年開設)が発行する校友誌、機関誌[1]である。1890年6月に創刊[2]学習院大学学習院女子大学に在籍する有志により結成された、学習院大学の学生団体「輔仁会雑誌編集委員会」により編集されている[1]

20世紀初頭には、のちに白樺派と呼ばれる、志賀直哉たちの交流の中心となった。1940年代には、作家三島由紀夫となる、平岡公威が作品を寄せていたことで知られている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 学習院輔仁会雑誌 - 学習院に在籍している方へ
  2. ^ 学校法人 学習院 | 学習院データ | 院史小事典 - 『輔仁会雑誌』について