嘉治隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

嘉治 隆一(かじ りゅういち、1896年8月3日 - 1978年5月19日)は、日本の政治評論家。兵庫県生まれ、息子は東大教授・経済学者の嘉治元郎東京帝国大学法学部卒、南満州鉄道東亜経済調査局勤務ののち、東京朝日新聞社に入社、1945年論説主幹、1947年出版局長。その後、獨協大学講師、文部省大学設置審議会委員、東京市政調査会評議員などを歴任。1945年9月より1946年4月まで朝日新聞のコラム、天声人語を担当。

』同人(生成会)委員も務め、柳田國男など文化人との交遊も広かった。中江兆民田口卯吉陸奥宗光などの研究・著作解説も行っている。作家三島由紀夫も、父平岡梓が嘉治の旧友という縁から親しい間柄で、1951年(昭和26年)出帆の初の世界一周旅行(詳細は『アポロの杯』を参照)に関しても世話になっている[1]

著書[編集]

  • マルクスとエンゲルス 後藤信夫共著 弘文堂書房 1925
  • 近代ロシア社会史研究 編著 同人社 1925
  • 東方問題論 東宛書房 1939
  • 東邦研究 オリオン社 1940
  • 建国より現代までソ連の経済 誠文堂新光社 1941
  • 南窓記 昭林社 1942
  • 歴史を創る人々 大八洲出版 1948
  • 五月の旅 慶友社 1953
  • 明治の社会問題 慶友社 1955
  • 中江兆民 国土社「少年伝記文庫」 1956
  • 緒方竹虎 時事通信社 1962
  • 中江兆民 時事通信社「三代言論人集・第4巻」1963
  • 田口卯吉 時事通信社「三代言論人集・第5巻」1963
  • 沖縄あれから二十年 編 時事通信社・新書 1966
  • 人物万華鏡 朝日新聞社 1967
  • 沖縄・台湾日記 時事通信社・新書 1968
  • 人と心と旅 人物万華鏡後篇 朝日新聞社 1973
  • 明治以後の五大記者 兆民・鼎軒・雪嶺・如是閑・竹虎 朝日新聞社 1973

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三島由紀夫私の遍歴時代」(東京新聞夕刊 1963年1月10日 - 5月23日号に掲載)。『私の遍歴時代』(講談社、1964年)。『決定版 三島由紀夫全集第32巻・評論7』(新潮社、2003年)所収。