ソナタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソナタイタリア語: sonata、「演奏されるもの」の意)は、クラシック音楽における器楽曲室内楽曲)のひとつ。多く、複数楽章から成る。奏鳴曲(そうめいきょく)と訳されることもある。

概要[編集]

「ソナタ」と言う言葉が使われはじめた当初は、明確な定義はなく、様々な器楽曲が「ソナタ」と命名されていた。中期バロック時代になると形式が確立しはじめ、多楽章制の器楽曲または室内楽曲を指すようになった。これにはソナタ・ダ・カメラ(sonata da camera, 室内ソナタ)、ソナタ・ダ・キエーザ(sonata da chiesa, 教会ソナタ)などがある。

バロック後期のドメニコ・スカルラッティは数多くの単一楽章の「ソナタ」を残しているが、これらは元来が王女のために書かれたチェンバロの練習曲が後になって「ソナタ」と呼ばれたものである。しかしこの様式は次の時代の古典派時代の独奏ソナタの先駆けとなるものであった。

古典派ロマン派のソナタは、1人、または、1人プラス伴奏(普通はピアノ伴奏)で演奏される。古典派時代のソナタは、基本的に次のような構成をもっている。

第1楽章
急速な音楽で、形式はソナタ形式が用いられる。緩やかなテンポの序奏部がつくこともある。
第2楽章
緩徐楽章で叙情的な性格を持ち、二部形式変奏曲形式による。調は第一楽章の近親調となる。
第3楽章
メヌエット。調は主調で、第2楽章と入れ替わることや、省略されることもある。ベートーヴェン以降はスケルツォが主流となった。
第4楽章
フィナーレ。急速な音楽で、ロンド形式をとることが多く、調は主調。主調が短調の場合は同主調となることもある。

なお、時代が進むにつれ、メヌエット・スケルツオ楽章が近親調となる例も増え、ロマン派音楽時代になると中間楽章により遠い関係調が用いられることも多くなった。

小規模のソナタをソナチネ(イタリア語・「小さなソナタ」の意)と呼ぶ。

ソナタの種類[編集]

類似の形式を持つ楽曲[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]