豊かの海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
豊かの海
豊かの海の位置
豊かの海の位置
ラテン名 Mare Fecunditatis
英語名 Sea of Fertility
直径 909 km
面積 326,000 km2
月面座標 南緯7度48分 東経51度18分 / 南緯7.8度 東経51.3度 / -7.8; 51.3座標: 南緯7度48分 東経51度18分 / 南緯7.8度 東経51.3度 / -7.8; 51.3
月面緯度 南緯7.8°
月面経度 東経51.3°
テンプレートを表示

豊かの海(ゆたかのうみ)は、の東半球に位置する月の海の一つであり、月の表側にある。豊かの海は先ネクタリス代に作られた盆地であり、後期インブリウム代地層が表面を覆っている。表面の地層は危難の海静かの海よりも薄い。豊かの海の周囲は、神酒の海静かの海危難の海と共通のネクタリス代の地層に囲まれている。豊かの海の西側は神酒の海と接しており、境界にはピレネー山脈が走っている。豊かの海の東端にはラングレヌスがある。

三島由紀夫の最晩期[1]の四部作「豊饒の海」は、これが由来である(近年では「豊かの海」という邦訳がもっぱらであるが、当時は「豊饒の海」と訳されることも多く、三島が意図的に文学的に訳したものとは必ずしも言えない)。

  1. ^ 最後の原稿を入稿した直後に、いわゆる「三島事件」を起こした。