既知の海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
既知の海
既知の海の位置
既知の海の位置
ラテン名 Mare Cognitum
英語名 Sea That Has Become Known
直径 376 km
面積 73,000 km2
月面座標 南緯10度00分 西経23度06分 / 南緯10.0度 西経23.1度 / -10.0; -23.1座標: 南緯10度00分 西経23度06分 / 南緯10.0度 西経23.1度 / -10.0; -23.1
月面緯度 南緯10.0°
月面経度 西経23.1°
テンプレートを表示

既知の海(きちのうみ)は、嵐の大洋に位置する月の海の一つであり、月の表側にある。既知の海は前期インブリウム代に作られた盆地であり、後期インブリウム代の地層が表面を覆っている。表面の地層は黒っぽい洪水玄武岩でできている。既知の海は、嵐の大洋の中で二番目に広い環状盆地であり、北西にはリフェウス山脈がある。

1964年にアメリカの無人月探査機レインジャー7号が衝突したのは既知の海の領域(南緯10.4度、西経20.6度)であった。また、アポロ14号の着陸地点であるフラ・マウロ高地は、既知の海の近くに位置する。