柳幸典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳幸典(やなぎ ゆきのり、1959年昭和34年)5月2日-)は、福岡県生まれの現代美術作家。


柳幸典
生誕 1959年5月2日
福岡県
国籍 日本の旗 日本
教育 イエール大学大学院美術学部彫刻学科終了
著名な実績 現代美術犬島アートプロジェクトART BASE 百島広島アートプロジェクト
代表作 犬島精錬所美術館
受賞 第45回ベニス・ビエンナーレ アペルト部門受賞
公式サイト http://www.yanagistudio.net/

概要[編集]

を使った作品、フンコロガシのようにの玉を転がす作品など、美術のシステムの外で〈移動〉を切り口に発表を開始。栃木県立美術館でのアート・ドキュメントでは優秀賞を受賞する。[1]

1990年イエール大学スクール・オブ・アート・アンド・アーキテクチャー大学院彫刻科に奨学金を得て渡米、ビト・アコンチフランク・ゲーリー等に師事する。卒業後、ロサンジェルスのLACE(ロサンゼルス・コンテンポラリー・エキシビジョンズ)、ニューヨークのストアフロント・フォー・アート・アンド・アーキテクチャーにて展示。この際、砂絵の万国旗を蟻が壊して行く作品『アント・ファーム』を発表、後にアート・イン・アメリカの表紙になる。[2]

湾岸戦争直後、ニューヨークのギャラリーでの『Hi-no-maru 1/36』、そしてヒルサイドギャラリーでタミヤのプラモデルの戦車を使った『セルフディフェンス』を発表、日の丸シリーズの始まりとなる。1992年より、Asian Cultural Councilの助成を得てPS1スタジオプログラムに参加。[3]

1993年第45回ベニス・ビエンナーレアペルト部門にて『ザ・ワールドフラッグ・アント・ファーム』が受賞。1996年には、サンフランシスコ湾に浮かぶ元連邦刑務所アルカトラズ島でのアートプロジェクトを実現。2000年のホイットニー・バイアニュアルに選出され、ジャスパー・ジョーンズの『Three Flags』をモチーフとした『スタディー・フォー・アメリカンアート』を発表。[4]

日本帰国後、2005年より広島市立大学芸術学部准教授。広島市内にある遊休施設のアートによる有効利用として広島アートプロジェクトを立ち上げる。

1995年瀬戸内海犬島にある精錬所廃墟を一目見た際、ライフワークとしての犬島アートプロジェクトを思い立つ。島全体が芸術となる計画を発案、その後、建築家三分一博志とコラボレーションする事となり、三島由紀夫が住んだ家と近代化産業遺産が一体となった犬島アートプロジェクト精錬所』を制作、2008年に公開へと至る。

2010年の瀬戸内国際芸術祭に合わせ、犬島『家プロジェクト』にて、柳の作品が犬島集落の三カ所のサイトにて、建築家妹島和世とのコラボレーションで展示されている。

経歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

代表作[編集]

出典[編集]

  1. ^ 柳幸典『犬島ノート』ミヤケファインアート、2010年 ISBN 978-4-9903847-2-2
  2. ^ 柳幸典『犬島ノート』ミヤケファインアート、2010年 ISBN 978-4-9903847-2-2
  3. ^ 柳幸典『犬島ノート』ミヤケファインアート、2010年 ISBN 978-4-9903847-2-2
  4. ^ 柳幸典『犬島ノート』ミヤケファインアート、2010年 ISBN 978-4-9903847-2-2

外部リンク[編集]