勤皇まことむすび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勤皇まことむすびの機関誌『維新公論』

勤皇まことむすび(きんのうまことむすび)とは、1939年昭和14年)3月20日に結成され、1943年(昭和18年)10月21日まで存在した日本国家主義団体。

概要[編集]

「まことむすび」を軍律とした神兵隊事件参加者内の分裂により[1]東京都芝区愛宕に結成された。五・一五事件に関係した紫山塾頭の本間憲一郎を中心に、鹿子木員信安田銕之助小島茂雄(立教大教授)[2]天野辰夫を世話人とした[3]

「吾は日本人なり」を指導原理とし、政治運動宗教運動・右翼運動を否定した[1]。機関誌『まことむすび』は薄井己亥を主幹とし昭和14年4月1日から発行[3]、このほかにも機関誌『維新公論』があった。戦時刑事特別法の改正時に東條英機を攻撃するなど、毎号激烈な政府批判の内容だったため何度も発禁となった。湯浅倉平内大臣暗殺計画や、1941年(昭和16年)8月の平沼騏一郎狙撃事件などを起こし、1943年(昭和18年)10月21日の一斉検挙によって解散した[1]

関連文献[編集]

  • 片岡駿 『神兵隊の告り直しと其の精神』
  • 司法省刑事局編 「神兵隊の告り直しと其の精神、神兵隊決裂の真相と我等の態度」『思想資料パンプレット』特輯。(神兵隊各派の声明書)
  • 司法省刑事局編 「国家主義団体の理論と政策」『思想研究資料』特輯八四

脚注[編集]

  1. ^ a b c 高橋正衛「勤皇まことむすび」『国史大辞典 第4巻(き〜く)』国史大辞典編集委員会編、吉川弘文館、1984年、688-689頁。
  2. ^ 堀幸雄「まことむすび社」『最新右翼辞典』柏書房、2006年、527頁。
  3. ^ a b 堀幸雄「まことむすび社」『右翼辞典』三嶺書房、1991年、543頁。