針谷大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

針谷 大輔(はりや だいすけ、1965年[1] - )は、日本の新右翼活動家[2]統一戦線義勇軍議長、「右から考える脱原発ネットワーク」代表呼びかけ人[1]。新右翼を代表する人物[3]

経歴・人物[編集]

東京都生まれ、横浜市出身[4]暴走族「硬派愚連隊魁」総長、「横浜連合」総会長[5]を務め、17歳で暴走族を引退[6]。少年時代は戦史・戦記モノが好きで防衛大生を目指していた[7]。自決した三島由紀夫からの影響と、戦死した特攻隊の若者と会話をするという不思議な体験が民族派運動に入るきっかけとなり、19歳のとき、鈴木邦男木村三浩と出会い、一水会に入会した[8][9][10]池子米軍住宅建設反対運動を行う中で統一戦線義勇軍に加入した[10]

1987年1月、大悲会会長・蜷川正大義友同志会会長代行・中台一雄と共に「YP体制打倒青年同盟」を名乗り、住友不動産の営利至上主義に抗議して安藤太郎会長私邸を襲撃[11][12]。懲役1年6か月執行猶予4年の判決を受けた[13]。また3人は安藤会長が6月16日付の『東京新聞』のインタビュー記事の中で「お金でもやれば済んだんでしょうが……」などと発言したことに対し、事実無根であるとして名誉毀損で訴え、9月24日に安藤会長が謝罪した[14][15][16]

1989年9月、統一戦線義勇軍2代目議長に就任[17]、スローガンに「自衛隊解体・国軍創設」を加える[18]1996年クリントン米国大統領来日反対行動で、武装闘争を計画、短銃所持の容疑で逮捕される[9][19]。3年4か月の刑期を勤め[5]1999年出所[20]

2010年頃から在特会行動する保守を批判しているとされる[21]。在特会に対しては、「日常生活のなかで物理的な衝突も経験していない」者が「ネット言論をそのまま現実社会に移行させただけの運動」との批判をしたとされる[22]

東日本大震災後は被災地で支援活動を行う[23]2011年6月11日開催の、素人の乱主催「6.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!」の集会に脱原発派として登壇することになったが、「ヘイトスピーチに反対する会」有志が主催者に対し登壇取り止めを要求し[24]、また複数の会員が、要求が容れられなければデモ自体を妨害すると発言した[25][26]。またそれ以外のスタッフにも登壇に反対する者がいたことから、針谷はデモ参加辞退を表明し、素人の乱は登壇を取り消した[27][28]。これを契機に脱原発運動を「右翼も左翼も関係のない本当の大衆運動にすること」を目指して「右から考える脱原発ネットワーク」を立ち上げ、2011年7月31日に最初の集会・デモが行われた[29][30]。日章旗や「子供たちの命と麗しき山河を守れ」「友よ山河を滅ぼすなかれ」などの幟が掲げられたという[31][30]。著書『右からの脱原発』には坂本龍一が推薦文「「ああ、日本にも真の愛国者がいたか!」」を寄せ、「デモ参加者の声」として藤波心noiehoieが寄稿している[32]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 別冊宝島編集部編、90-91頁
  2. ^ 針谷、10頁
  3. ^ 右翼主導のデモ「純粋に危機感を感じてるからやっている」”. 日刊SPA! (2011年10月4日). 2016年7月14日閲覧。
  4. ^ 雨宮、118頁
  5. ^ a b 「第2回塀の中で懲りちゃった面々」”. ロフト (2007年4月15日). 2016年7月14日閲覧。
  6. ^ 雨宮、120頁
  7. ^ 雨宮、121頁
  8. ^ 山平、360-364頁
  9. ^ a b 宮崎、220頁
  10. ^ a b 雨宮、121-123頁
  11. ^ 高木正幸『右翼・活動と団体』土曜美術社、1989年、165-166頁
  12. ^ 鈴木、157頁
  13. ^ 雨宮、125頁
  14. ^ 堀幸雄『右翼辞典』三嶺書房、1991年、319頁
  15. ^ 鈴木、294-295頁
  16. ^ 宮崎、213-214頁
  17. ^ 鈴木、298頁
  18. ^ 雨宮、126頁
  19. ^ 別冊宝島編集部編、96頁
  20. ^ 雨宮、127頁
  21. ^ 野間易通 (2016年1月15日). “3.11後の叛乱 反原連・しばき隊・シールズ 第4回 国民なめんな”. 集英社新書WEBコラム. 2016年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月14日閲覧。
  22. ^ 安田浩一ネットと愛国――在特会の「闇」を追いかけて』講談社、2012年、250頁
  23. ^ 『朝日新聞』2011年12月3日付
  24. ^ 「ヘイトスピーチに反対する会」有志 (2011年6月11日). “「6.11新宿・原発やめろデモ」に対する公開質問状”. ヘイトスピーチに反対する会. 2016年7月14日閲覧。
  25. ^ 平野悠 (2011年7月5日). “おじさんの眼 第159回「どうなるんだろうこの国 by 上杉隆」”. ロフト. 2016年7月14日閲覧。
  26. ^ 外山恒一 (2015年7月). “野間易通 徹底批判”. 2016年7月14日閲覧。
  27. ^ 6.11 新宿・原発やめろデモ!!!!! 報告!!!!!!!” (2011年). 2011年8月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月14日閲覧。
  28. ^ 針谷、26-27頁
  29. ^ “脱原発”のみを主張する右翼主導のデモ”. 日刊SPA! (2011年10月4日). 2016年7月14日閲覧。
  30. ^ a b 針谷、30-37頁
  31. ^ 田中龍作 (2011年7月31日). “右からの脱原発デモ “非常時にイデオロギーは要らない””. 田中龍作ジャーナル. 2016年7月14日閲覧。
  32. ^ 針谷、各2-3,44-53,140-145頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]