橘孝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たちばな こうざぶろう
橘 孝三郎
Kozaburo Tachibana.jpg
生誕1893年(明治26年)3月18日
日本の旗 日本 茨城県東茨城郡常磐村(現在の水戸市
死没1974年(昭和49年)3月30日
国籍日本の旗 日本
職業政治運動家
運動・動向愛郷会、愛郷塾
親戚立花隆(従甥)

橘 孝三郎(たちばな こうざぶろう、1893年(明治26年)3月18日1974年(昭和49年)3月30日)は、日本の政治運動家農本主義思想家。農本ファシストであり、超国家主義者でもあった。

生涯・人物[編集]

茨城県東茨城郡常磐村(現水戸市)生。茨城県立水戸中学校(現水戸第一高等学校)を経て第一高等学校に進むが中退。大杉栄石川三四郎の著作を通じてエドワード・カーペンタークロポトキンなどのアナキズムに影響を受けている。アンリ・ベルグソン、特に「エランビタル」に強い影響を受けた他、トルストイ白樺派柳宗悦康有為などからも影響を受ける。

郷里で農業に従事する傍ら、講演活動を行い、1929年(昭和4年)11月に愛郷会を結成。茨城県那珂、久慈、東茨城、鹿島、行方各郡に支部が形成された。農本主義にもとづく青少年教育を目指し、1931年(昭和6年)4月15日、水戸市外に勤労学校愛郷塾を設立。設立に当たり風見章と知己となり、資金援助を受けた。井上日召とも知己となり、1932年(昭和7年)の五・一五事件では塾生7人を率いて東京の変電所を襲撃。爆発物取締罰則違反と殺人及び殺人未遂により無期懲役の判決を受けた。1940年(昭和15年)、恩赦により出獄[1]

第二次世界大戦後は公職追放を経て[2]、郷里で執筆活動に専念。追放解除後の1959年(昭和34年)に全日本愛国者団体会議の顧問に就任した[1]

著書[編集]

  • 『天皇論』天皇論刊行会
  • 『愛国革新本義』1932年5月20日

脚注[編集]

  1. ^ a b 『昭和史事典』毎日新聞社〈別冊1億人の昭和史〉、1980年5月、[要ページ番号]頁。 
  2. ^ 公職追放の該当事項は「愛郷塾塾長、愛郷会本部指導員」。(総理庁官房監査課 編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、09頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 豊島武雄『橘孝三郎 -その生涯と周辺-』 筑波書林<ふるさと文庫>、1982年
  • 菅谷務『橘孝三郎の農本主義と超国家主義 もう一つの近代』 岩田書院、2013年

評伝[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]