愛郷塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛郷塾(あいきょうじゅく)は、橘孝三郎によって1931年茨城県常磐村(現在の水戸市)に設立された私塾。正式名称は自営的農村勤労学校愛郷塾

概要[編集]

橘が1929年11月23日に設立した愛郷会の活動の一環として「新日本建設の闘士」を養成することを目的として設立した私塾で、教師に林正三、後藤圀彦などを招き、「愛郷主義」を唱えた。

塾生は1932年5月に「農民決死隊」を組織して変電所を襲撃し、五・一五事件に参加した。一時的に世間の耳目を集めるも、塾長の橘が無期懲役となり、勢力は衰退していき、1933年1月に事実上解散した。

参考文献[編集]

  • 保阪正康『OD版 五・一五事件 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡』、2000年4月(日本語)。ISBN 978-4794290120

関連項目[編集]