ボリス・アクーニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボリス・アクーニン
Борис Акунин
Boris Akunin 2012.jpg
誕生 グリゴーリイ・チハルチシヴィリ
გრიგოლ შალვას ძე ჩხარტიშვილი
Григорий Шалвович Чхартишвили
(1956-05-20) 1956年5月20日(60歳)
グルジア トビリシ
職業 小説家翻訳家日本文学研究者
言語 ロシア語
主な受賞歴 アンチ・ブッカー賞
野間文芸翻訳賞
デビュー作 『堕ちた天使 ―アザゼル』(1998)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ボリス・アクーニンБорис Акунин, Boris Akunin1956年5月20日 - )は、ロシア小説家日本文学研究者、文芸評論家。本名はグリゴーリイ・チハルチシヴィリ(Григорий Чхартишвили)。ペンネームアクーニンは日本語の悪人無政府主義者バクーニンの名をかけたもの。

来歴・人物[編集]

グルジアトビリシ生まれ。モスクワ大学アジア・アフリカ諸国大学(ISAA)で日本研究を専攻。卒業後、文芸雑誌『外国文学』編集部に勤めるかたわら、三島由紀夫島田雅彦多和田葉子ら現代日本文学のロシア語翻訳を手がける。

1998年からアクーニンの筆名で作家活動を始める。「エラスト・ファンドーリンの冒険」シリーズは“ロシア版シャーロック・ホームズ”とも呼ばれてベストセラーとなった。典雅な文体と手に汗握るストーリー展開で、それまで「低俗なジャンル」と考えられていた探偵小説に新風を吹き込んだ。シリーズ7作目『戴冠式』では2000年度アンチ・ブッカー賞を受賞。文芸誌『ズナーミャ』に発表した論文「ロシア文学における日本人像」(1996年9月号)で同誌の評論賞を受賞。1999年に上梓した研究書『自殺の文学史』は日本をはじめ古今東西の作家の自殺を縦横に論じているが、14歳の時に三島の割腹自殺に衝撃を受けた原体験が動機の一つになっているという。2005年になってからは、すべてのジャンルを網羅する小説シリーズ「ジャンル」構想に意欲的で、SF児童文学などを発表し始めている。また、『墓地の物語』(モスクワ、2004)は、世界6箇所の墓地を題材に、エッセイと小説を組み合わせた特異な作品集である。アクーニンとして人気作家となってからは、日本文学の翻訳・紹介の仕事からは遠ざかっているが、2005年には丸山健二短編集のロシア語訳を訳者チハルチシヴィリ名義で刊行。また国際交流基金による現代日本文学ロシア語訳出版プロジェクトの監修役を沼野充義とともに現在も務めている。2007年、第16回野間文芸翻訳賞受賞。同賞ではソ連時代タブーとされ発行禁止を受けていた三島由紀夫の作品を逆風にかかわらず翻訳した業績が高く評価された。

これまでに何回か来日の経験があり、1999年11月には、東京外国語大学主催の国際シンポジウム「『言語』の21世紀を問う」に報告者として参加。その報告「帝国の市民から世界の市民へ」は、荒このみ・谷川道子編『境界の「言語」』(新曜社、2000)に収められている。2001年11月には、国際シンポジウム「日露作家会議」(東京大学、国際交流基金助成)に、ペレーヴィン、トルスタヤらとともに参加、会議のロシア側の中心的な役割を果たした。『新潮』を初めとする日本の文芸誌にもこれまでたびたび文章を寄稿している。

プーチン政権による強権支配やウクライナへの介入に「怒りがこみ上げるだけ」になり、2014年にロシアを離れてロンドンなど西欧に滞在するようになった。ロシアで繰り返されてきた自由化の試みと挫折についての歴史書も執筆している[1]

著作[編集]

小説[編集]

ファンドーリンの捜査ファイル

  • 『堕ちた天使 ―アザゼル』(沼野恭子作品社, 2001年) - 原題 Aзазель (1998) シリーズ1作目
  • 『リヴァイアサン号殺人事件』(沼野恭子訳 岩波書店, 2007年) - 原題 Левиафан (1998) シリーズ3作目
  • 『アキレス将軍暗殺事件』(沼野恭子・毛利公美訳 岩波書店, 2007年) - 原題 Смерть Ахиллеса (1998) シリーズ4作目
  • "The Diamond Chariot" - 原題 Алмазная колесница (2003) シリーズ11作目

研究書(チハルチシヴィリ名義)[編集]

  • 『自殺の文学史』(望月哲男他訳 作品社, 2001年)-原題 Писатель и самоубийство

評論・エッセイ[編集]

  • 『チハルチシヴィリ読本』(東京大学文学部スラヴ文学研究室編, 1999年 / 増補版2001年)
  • 『境界の「言語」』「帝国の市民から世界の市民へ」(荒このみ・谷川道子編 新曜社, 2000年)

ミステリ小説での受賞・候補歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]