佐世保エンタープライズ寄港阻止闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐世保エンタープライズ寄港阻止闘争(させぼエンタープライズきこうそしとうそう)は、1968年1月にアメリカ海軍原子力空母エンタープライズの寄港(米軍佐世保基地への入港)に対して発生した革新政党・団体・住民を中心とした反対運動のこと。一部では暴動も起こった[1]エンプラ騒動エンプラ事件ともいわれている。

事件の発端[編集]

1967年9月、アメリカ政府日本政府佐藤栄作首相)に対して「原子力空母エンタープライズの寄港」の申し出を行い、佐藤内閣は11月2日に閣議決定した。

そして、翌年1968年1月19日ミサイル巡洋艦トラクスタンUSS Truxtun, DLGN-35)とハルゼーUSS Halsey, DLG-23)を伴って佐世保港に入港した。

代々木派学生らを中心とした寄港反対派は、この寄港を「佐世保港が、ベトナム戦争の出撃基地になる」と位置づけ、大々的な反対運動を展開した。反戦運動反核運動の両方の性格を持ち、反米運動ともみなされた(詳細後述)。

事件の概要[編集]

  • 1月15日
    民社党系団体約3,500人が反対集会を行う。
    佐世保へ向かうため法政大学に集合していた中核派の学生200人が、ヘルメットや角材で武装したうえで無許可デモを行いながら駅に向かい、午前8時28分ごろ飯田橋駅前で警視庁機動隊と衝突。131人が凶器準備集合罪逮捕され、学生5人が起訴された[2]。なお、この事件の裁判で角材やプラカードが「用法上の凶器」として初めて認められた[3]。(飯田橋事件)
  • 1月16日
    早朝、佐世保へ向かう途中の新左翼全学連の学生らが国鉄博多駅構内で待機していた機動隊と衝突。学生1人が公務執行妨害罪で起訴された[4]
    なお、この裁判では1968年4月に福岡地方裁判所が機動隊の過剰警備を理由に無罪判決を出し、1970年10月に福岡高等裁判所もこれを認めて確定した。日本社会党憲法擁護連合福岡県警察本部長らを特別公務員暴行陵虐罪職権乱用罪告発したが不起訴処分となり、審判請求を行った。このとき福岡地裁が放送4社に事件を撮影した全フィルムの提出を命じ、これに対して各社は取材報道の自由を盾に特別抗告を行ったが、1969年11月26日最高裁判所大法廷棄却の決定がなされた。福岡地裁は1970年11月に社会党の請求を棄却した[4]。(博多駅事件
  • 1月17日
    公明党系団体約4,700人が反対集会を行う。また日本共産党系全学連約2,000人も反対集会を行う。
    前日に九州大学に泊まり込んだ新左翼系全学連約800人は博多駅から急行「西海」に乗り込み、ヘルメット鳥栖駅で積み込んだ角材240本で武装して午前9時45分に佐世保駅で下車。角材を捨てるよう呼びかけた警察の警告を無視して、学生らは線路に降りて米軍基地に向かう引込線を進み、平瀬橋で警察部隊と衝突した。学生らは機動隊に向かって投石や角材を振り回すなどして暴れ、阻止戦の突破を試みた。警察の放水や催涙ガスにより阻止戦の突破に失敗し、27人が公務執行妨害罪と凶器準備集合罪で逮捕された。逮捕を免れた学生は九州大学に引き上げて再び泊まり込んだ。警察官10人・学生18人が負傷[5]
  • 1月18日
    エンタープライズ寄港阻止佐世保大集会を市民グランドにて開催。参加者47000人。
    新左翼約1,000人が佐世保橋突破を図るも、機動隊に阻止される。15人が公務執行妨害罪で逮捕された。
  • 1月21日
    佐世保市民球場で開かれた社・共両党による抗議集会に新左翼(中核派355人、社学同120人、社青同解放派75人)が乱入してこれを占拠、この抗議集会で使われたプラカードや角材などで武装して再度強行突破を図り、佐世保橋では警察に対し投石が行われた。この際に10人が公務執行妨害罪で逮捕された。また、この間隙をついて、中核派]が引き潮で水位の下がった佐世保川を渡り阻止線を突破、米軍基地侵入を決行。基地内部に侵入した2人が刑事特別法違反で逮捕された[5]
  • 期間中、反対集会延べ22回、参集人員延べ5万6000名余、デモ行進17回、(学生9300名、右翼団体700余名、)。佐世保市の損失1000万円、市内商店街の売上減による損金4億円、バス運行収入減500万円。

事件への反応[編集]

新左翼を中心とした運動であったが、アメリカ軍に対して実力で立ち向かったことに対してはそれにとどまらない反応があった。当時学生として参加した島泰三は、佐世保からの帰路、催涙ガスまみれで乗った列車の車掌から「ご苦労様です」と声をかけられたり九州大学へ向かう西鉄福岡市内線の車内で乗客に席を譲られたこと、右翼の学生から「礼を言いたい。エンタープライズの入港は、本心を言えばわれわれも反対だ。三派全学連はよくやったと思っている」と言われたことを記している[6]

保守派の論客である猪木正道は、三島由紀夫らとの対談で、右翼らしい老人から「米軍基地に突入していく学生の姿を見て日本人はまだ死んでいないことを知った」という手紙をもらったことに触れ、「主権独立の精神を発揮してみせたことでも、功績はあるかもしれない」と述べている[7]

三里塚闘争を率いた北原鉱治は、著書で「機動隊と勇ましく衝突して血を流しているのを見て反対同盟はすっかり感激してしまいました。」と振り返っている[8]。翌月の2月26日には、成田市内で反対同盟と合同で開催した集会に参加していた三派全学連の学生らが機動隊と激しく衝突している。(→成田空港問題

参考文献[編集]

  • 長崎県警察史編集委員会編『長崎県警察史 第3巻』1996年

脚注[編集]

  1. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第十三章 (PDF)”. 2007年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月17日閲覧。
  2. ^ 立花書房編『新 警備用語辞典』立花書房、2009年、26頁。
  3. ^ 飯田橋事件”. 佐藤・清水法律事務所 (2016年10月24日). 2017年12月2日閲覧。
  4. ^ a b 立花書房編『新 警備用語辞典』立花書房、2009年、351頁。
  5. ^ a b 立花書房編『新 警備用語辞典』立花書房、2009年、158頁。
  6. ^ 島泰三『安田講堂 1968 - 1969』中央公論新社《中公新書》、2005年、p.10、12
  7. ^ 三島由紀夫『若きサムライのために』日本教文社、1969年(文春文庫、1996年)
  8. ^ 北原鉱治『大地の乱 成田闘争―三里塚反対同盟事務局長の30年』 お茶の水書房、1996年、46頁。

関連項目[編集]