佐野繁次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐野 繁次郎
Sano Shigejiro bijutsu-techo 1960174.jpg
1960年の佐野
生誕 (1900-01-22) 1900年1月22日
大阪府大阪市船場
死没1987年12月2日(1987-12-02)(87歳)
国籍日本の旗 日本
教育信濃橋洋画研究所
著名な実績洋画

佐野 繁次郎(さの しげじろう、1900年1月22日 - 1987年12月2日)は、大阪府大阪市出身の洋画家

経歴[編集]

大阪市船場の筆墨商の家に生まれる。小出楢重に師事し、信濃橋洋画研究所に学び二科展に出品。昭和初期より横光利一の「寝園」の挿画や著作の装幀、挿画をはじめとして多数手掛ける。

1937年(昭和12年)にフランスに渡り、パリアカデミー・ジュリアンに学ぶ。この際にアンリ・マティスに師事[1]ジョアン・ミロとも交流する。戦後は二紀会の創設に参加。パピリオ化粧品の重役としても活躍。パッケージデザインも手掛けた。

文学者との交流も多く、1936年に横光が渡欧した際は、川端康成中山義秀片岡鉄兵らと神戸まで見送りに行った。また1949年には舟橋聖一が佐野とその妻をモデルとする『花の素顔』を連載していたが、小説と同じように実際にも離婚騒ぎを起こしたことで話題となった[2]

佐野繁次郎が装丁を手掛けた書籍も数多くあり、それを蒐集する美術関係者も少なくない。2008年には佐野の装丁本ばかりを纏めた「佐野繁次郎装幀集成」(みずのわ出版)が発行されており、佐野本コレクターとして西村義孝安部朋子などが有名である[3]

著書[編集]

  • 『佐野繁次郎装幀集成 西村コレクションを中心として』西村義孝 編著. みずのわ出版, 2008.11

脚注[編集]

  1. ^ 佐野繁次郎『出身県別 現代人物事典 西日本版』p890 サン・データ・システム 1980年
  2. ^ 雅川滉「花の素顔のモデル問題」『国文学解釈と鑑賞』 1950-07
  3. ^ 『佐野繁次郎装幀集成』