ありとあらゆる種類の食材を含んだ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ありとあらゆる種類の食材を含んだ料理(ありとあらゆるしゅるいのしょくざいをふくんだりょうり)[注 1]は、アリストパネス戯曲女の議会』に登場する架空の料理の名前である[1]。ギリシア語で171文字、ラテン語にして182文字[1]になる。世界最長の単語(非実用的単語)として知られており、この語について語られる際はしばしば Lopado...pterygon と略される。「ありとあらゆる種類の食材を含んだ料理」は一般的な同戯曲における日本語意訳である[要出典]

概要[編集]

『女の議会』作中でこの料理は、17種類の具材を煮込んだフリカッセとして描かれる。煮込まれる具材として描かれるものには、以下のようなものがある。

語源[編集]

  • λοπάς lopas(料理)
  • τέμαχος temachos(魚の切り身)
  • σέλαχος selachos(サメ、エイ)
  • γαλεός galeos(小型のサメ)
  • κρανίον cranion(頭)
  • λείψανον leipsanon(残り、あら)
  • δριμύς drimys(すっぱい)
  • ὑπότριμμα hypotrimma(ピクルス)
  • σίλφιον silphion(シルフィウム)
  • κάραβος carabos(カニなどの甲殻類)
  • μέλι meli(ハチミツ)
  • κατακεχυμένος catacechymenos(上からかかった)
  • κίχλη cichle(ベラ、ツグミ)
  • ἐπί epi(その上に)
  • κόσσυφος cossyphos(海水魚、クロウタドリ
  • φάττα phatta(モリバト
  • περιστερός peristephos(ドバト)
  • ἀλεκτρυών alectryon(ニワトリ)
  • ὀπτός optos(焼かれた)
  • κεφάλιον cephalion(小さい頭)
  • κίγκλος cigclos(カイツブリ
  • πέλεια peleia(ハト)
  • λαγῷος lagoios(ノウサギ、アメフラシ
  • σίραιον siraion(ムスト
  • βαφή baphe(焼き入れ、浸漬)
  • τραγανός traganos(バリバリとした、噛みごたえのある)
  • πτέρυξ pterycs(羽、ひれ)

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ラテン語: Lopado­temacho­selacho­galeo­cranio­leipsano­drim­hypotrimmato­silphio­paraomelito­catacechymeno­cichl­epi­cossypho­phatto­perister­alectryon­opte­cephallio­cigclo­peleio­lagoio­siraio­baphe­tragano­pterygon古代ギリシア語: λοπαδο­τεμαχο­σελαχο­γαλεο­κρανιο­λειψανο­δριμ­υπο­τριμματο­σιλφιο­καραβο­μελιτο­κατακεχυ­μενο­κιχλ­επι­κοσσυφο­φαττο­περιστερ­αλεκτρυον­οπτο­κεφαλλιο­κιγκλο­πελειο­λαγῳο­σιραιο­βαφη­τραγανο­πτερύγων、ロパドテマコセラコガレオクラニオレイプサノドリミュポトリマトシルピオカラボメリトカタケクメノキクレピコッシュポパットペリステラレクトリュオノプトケパッリオキグクロペレイオラゴーイオシライオバペートラガノプテリュゴーン

出典[編集]

  1. ^ a b McFarlan, Donald; McWhirter, Norris D.; Boehm, David A. (1989), Guinness book of world records, 1990 (Rev. American ed.), New York: Sterling Pub., p. 129, ISBN 9780806957906 

関連項目[編集]