柳沼重剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳沼 重剛(やぎぬま しげたけ、1926年12月1日 - 2008年7月29日)は、日本の西洋古典学者、筑波大学名誉教授、プルタルコスの原典訳が著名。

略歴[編集]

東京生まれ、浦和高等学校(旧制)を経て、1949年京都大学文学部卒業、田中美知太郎松平千秋の門下生であった。在学中に(大正15年生まれ)最後の徴兵にあたり初年兵に就いた。広島の原爆投下直後から10日間駐留し、爆心地で救援に当たり、二次被曝した。

1949~56年まで都立九段高校で、英語教師として「英語」と「世界史」を受け持ちつつ、東京大学大学院修了、高津春繁の指導を受けた。立命館大学助教授・教授、東海大学教授を経て筑波大学教授、大妻女子大学教授をつとめた。

2005年秋、瑞宝中綬章受勲。原爆症に起因する急性骨髄性白血病で没した。

著書[編集]

  • 『古代知識人群像』 東海大学出版会、1974年
    • 改訂版『ギリシア ローマ古代知識人群像』 岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1994年
  • 『語学者の散歩道』 研究社出版、1991年/岩波現代文庫、2008年。収録論考は少し変更
  • 『西洋古典こぼればなし』 岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1995年
  • 『地中海世界を彩った人たち 古典に見る人物像』 岩波現代文庫、2007年[1]
  • トゥキュディデスの文体の研究』 岩波書店、2002年。博士論文を増訂

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元版は、2002年9月~2003年3月にNHKラジオでのシリーズ・カルチャーアワー・東西傑物伝 「古代・地中海世界を彩った人たち」日本放送協会出版(上下)、2002年
  2. ^ プルタルコス英雄伝』の原典完訳。全6巻予定、4巻目から城江良和ほか訳(2015年~)。
  3. ^ 文庫判は多数重版。初刊は『世界古典文学全集9 エウリピデス』筑摩書房、1965年、復刊1982年ほか
  4. ^ 夫人は推理作家のヘレン・マッキネス。なお訳書は他に『教え方 その基礎知識と心構え』(大前和雄訳、近代文芸社、1993年)がある。

外部リンク[編集]