アルコーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルコンから転送)
Jump to navigation Jump to search

アルコーン: ἄρχων, 複数形はἄρχοντεςアルコンテス、: Archon)とは、ギリシア語で「統治者」を意味する語。歴史的には様々な意味を派生した。

古代ギリシアの官職[編集]

古代ギリシアにおいては、最高官職を意味した。アテナイにおいては、民主化の進展と共に、数や役割が変遷していった。

アテナイのアルコーン[編集]

アテナイでは、王政廃止後に、終身職としてこのアルコーンが設置された[1]。やがて、

  • エポニュモス(執政官、最高指導者)
  • バシレウス(神祇官、祭祀担当)
  • ポレマルコス(兵部官、軍事担当)

の3名に分割され、紀元前8世紀中頃には、任期が10年となった。

紀元前683年には任期が1年となり、その後、

  • テスモテタイ(法務官)

の6名が追加され、計9名となった。

それまでは、アルコーン経験者によって形成されるアレオパゴス会議によって、富裕貴族の中から選出されていたが、紀元前594年ソロンの改革によって、財産によって分類される4階級中の上位2階級の中から選出することが規定された。

紀元前462年以降のペリクレスらによる民主改革によって、籤引きで選ばれるようになった。

アテナイの元老院であるアレオパゴス会議は、アルコーン経験者によって構成されたが、紀元前462年以降のペリクレスらの改革によって、その権限の多くを失った。

グノーシス主義の神[編集]

ヘレニズム期のグノーシス主義においては、上記の意味を受け、地上を支配する偽の神を指す言葉になった。

ビザンティン帝国[編集]

ビザンティン帝国東ローマ帝国)では、外国の統治者のことを、アルコーンと呼んだ。

蝶・蛾[編集]

の中の、ウスバアゲハ亜科の中には、アルコーンという属がある。(en:Archon (butterfly)

脚注[編集]